Justice of Peaceってなに?

ニュージーランドで各種ビザの申請などを行う時にJPというものに出くわすことがあります。今回は、このJPについてご紹介したいと思います。

Justice of Peace、略してJP(ジェイ・ピー)

JPは、ニュージーランドの各地域において、人格者とされる人が下院議会で選出され、総督により任命された人たちを指してます。JPとしての資格を与えられた人は、各種書類の内容を保証したりや供述書および宣誓供述書の内容を証明することそして、それらにサインをする権限を与えられた人たちです。

JPの役割として一般的に知られているのが、ニュージーランドの各地の図書館などでCertified Copy(JPが原本と見比べて一致していることを確認した写し)であることを証明するサインとスタンプを押してくれるというものです。JPにより、サインとスタンプをしてもらった書類は原本と同等の効力があるとされています。

つまり、JPのサインをもらうことでJPの認証している正式な書類だよ、という証明になるわけです。これはビザ申請時の移民局向けの書類以外にも、賃貸契約などの書類の時にも要求されたりします。

ニュージーランドではROYAL FEDERATION OF NEW ZEALAND JUSTICES’ ASSOCIATIONS INCという慈善団体がJPを取りまとめています。 ウェリントン在住者の方は、Central Libralyの Citizens Advice Bureauに行けば、JPに会うことができます。受付の方にJPに会いたい旨を伝えると手続きをしてくれるでしょう。ちなみにJPのサインは無料です。

JPの探し方

JPは電話帳(イエローページ)などで検索すると見つかりますがウェブサイトからもあなたの在住地近くのJPを探せます。以下からどうぞ。
http://justiceofthepeace.org.nz/Find+a+JP.html

ちなみに筆者は、家から3分もかからないところにJPが住んでいたので、そのお宅にお邪魔してサインとスタンプをもらった経験があります。

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

ピックアップ記事

ニュージーランドで使えるWIFIレンタル会社

海外でインターネットをする方が増えると同時に設定ミスなどにより旅行から帰ってきて契約携帯会社から莫大な請求がくる、いわゆる"パケ死"問題が後…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る