レンタカーの利用について

ニュージーランドで車のレンタルの仕方についてご紹介したいと思います。
海外で車の運転をするには、海外運転免許証はもちろん、日本の運転免許証の携帯も忘れないでください。

レンタカー会社の選び方

ニュージーランドにある大手レンタカー会社は、Hertz(ハーツ)、Avis(エイビス)、Budget(バジェット)、ACE(エース)、Omega (オメガ)などがあります。大手のレンタカー会社の多くは空港やフェリーターミナル、街中にオフィスがありますのでとても便利です。
レンタカーを借りる際には、まず旅行プランに合わせてどの場所でレンタカーを借りるのか、そしてどこで返却するのか明確にしてから、レンタカー会社を決めるとよいでしょう。それぞれの会社でインターネット予約サイトがありますので、オンラインで比較検討して、予約をするのがお勧めです。



こちらのサイトでレンタカーブランドを一括検索・比較できます。日本で支払うか現地で支払うかを選べる上に、無料で変更や取り消しができます。初めてのレンタカー選びは、複数レンタル会社を比較してご自分のプランに合うものをしっかり検討しましょう。詳しくはこちらから

料金について

ほとんどのレンタカー会社は走行距離に関係なく料金は一定です。料金は一日(24時間)制です。例えば8月1日朝10時に借り出して、8月4日朝10時までに返却すればレンタル日数は3日間です。

レンタカーを予約する

予約の際までに明確にしておかないといけないことは以下の点になります。

レンタル開始・終了の日にちと時間

(予定返却時間を過ぎてしまうと追加料金が発生します。割高な場合がほとんどですので気を付けるようにしましょう。)

借りる場所と返却場所

レンタカーの会社のプランによっては、“乗り捨て(One way Rental)”が可能なこともあります。乗り捨てが可能かどうか、また営業所や車種により制限があり、乗り捨て料金がかかることもありますので確認をするようにしてください。

車のクラス・車種

ほとんどの場合、車や色、オーディオの指定はできず、車種(サイズ・クラス)によって指定をします。ニュージーランドのレンタル車は、ほとんどが日本車のToyotaやNissanですので、車の操作等に関しては特に問題はないでしょう。ただ、『全車種カーナビ搭載』とはかぎらないので、カーナビが必要な方は、『GPS』のある車をレンタルしましょう。またオートマティック車かマニュアル車かも忘れずに確認しておくようにしてください。

※日本での予約も可能です。
Hertz(ハーツ)、Avis(エイビス)、Budget(バジェット)の3社は日本語の予約WEBサイトもありますのでニュージーランドへ渡航の前に予約しておくことも可能です。料金がお得になるプランなど用意されていたり、プラン詳細も日本語なので安心して利用できるでしょう。利用する各社の指示に従うようにしてください。

保険

保証金額に制限のあるもの、もしくは、全額保障の保険があります。旅行中何があるか分かりませんし、外国の土地での運転ですので、全額保障の保険(Fully covered Insurance)をお勧めします。

予約の後にレンタカーを借りる

レンタカー会社の受付で手続きをします。以下のID、カードを用意しておくようにしましょう。

・運転者名義の日本の運転免許証と国際免許証
・海外で使用可能な運転者名義のクレジットカード
・パスポート

任意保険(対人・対物)、追加オプション、アップグレード等の確認がありますので必要であれば選択をします。契約者以外にも運転者を追加することができますので、受付で申し出るとよいでしょう。ただ、登録の際、追加運転者もクレジットカード、運転免許証等が必要になり、登録料が別途かかるところがほとんどです。
それぞれの意思確認が済めば、書類の各所に名前や確認のための署名をして契約書類を完成させます。事前に予約をしておけば、受付で行う手続きは以上です。
カウンターでの手続きが終了すると、車のカギを渡され、指定された駐車場番号の車に乗るように指示されます。出発できるように整えられた車が用意されているので運転操作や車の状態を確認してから出発しましょう。

レンタカーの返却

契約した期間内の利用を終えると指定の返却オフィスに車と車のカギを返却します。ガソリンはあらかじめ満タンにして返却するのが一般的です(給油後に走っても目盛りがFullの線を完全に下回っていなければ大丈夫です。)もし給油できなかった場合は、割高になりますが、支払うべきガソリン代が加算されて、請求されます。

レンタカー利用で気を付けること

年齢制限

会社によっては、25歳または、21歳以上でなければレンタルできないといった年齢制限を設けているところもあります。また、車種、料金プラン等にも年齢制限による制限がありますので、予約の際は、必ず確認するようにしてください。

北島と南島間の移動について

ニュージーランド全土を車でドライブしたい場合は、北島と南島でレンタカーを乗り換えなければなりません。基本的に北島と南島間を繋ぐフェリーにレンタカーを乗船させることはできません。
よって、オークランドからクイーンズタウンまでドライブしたい場合は、オークランドで借りた車をウェリントン付近のレンタカー会社で、一度返却し、フェリーに乗船し、南島のピクトンで下船後、違う車をレンタルし直して、クイーンズタウンへ向かうことになります。ご自身の旅行内容に合わせて、各レンタル会社のプランをしっかり確認するようにしてください。

借りだし時の確認

傷、へこみ、計器類、ガソリン残量、汚れ等を確認しましょう。「事前」に報告がないと運転者の落ち度になりかねないので、気になる点は、遠慮せず必ず係りの人に伝えるようにしましょう。

事故を起こした場合

もし、事故にあってしまったら、まず警察に連絡し保険請求に必要な事故証明書(Police Report)の番号を必ずもらうようにしてください。(※証明書は後日発行)また、レンタカー会社にも連絡をして指示に従ってください。事故報告書を書く必要が出てくるので、できるだけの状況確認をしておく必要があります。

レンタカーを探す



世界最大級のレンティングカーズ(Rentingcarz)は、海外レンタカー一括検索&予約サイトです。検索から予約までとても簡単です。レンタカーを利用開始をしたい場所、日時を入力し、保険をつけるか、どうかのプランを選択するだけです。
料金は、日本で支払うか現地で支払うかを選べる上に、無料で変更や取り消しができます。初めてのレンタカー選びは、複数レンタル会社を比較してご自分のプランに合うものをしっかり検討しましょう。詳しくはこちらから
ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

円で入金!海外専用プリペイドカード!


海外で使う現金って、どうしてますか?答えは 「MoneyT Global」入会費・年会費・口座管理手数料、カード発行手数料無料。クレジットカードではないので、入会審査いらずで誰でもカードを作ることが出来ます。

ピックアップ記事

ニュージーランドのマヌカハニーについて

マヌカハニーについていろいろ調べていたのですが、そもそもはちみつとは?というところから気になったのでご紹介しています。それにより、マヌカハニ…

おすすめ記事

こんな記事も読まれています

海外旅行・ワーホリ保険

海外では、医療費の常識が日本と大きく異なります。留学・ワーホリ保険ならAIU保険がおすすめです。AIUの海外旅行保険は、各種保険プランからしっかり比較検討できます。歯科治療費用を保証するタイプもあります。
ページ上部へ戻る