ニュージーランドの教育制度 (Primary and Secondary schools)について

ニュージーランドの学校教育は、就学前教育(ECE)、初等教育及び中等教育そして高等教育(義務教育後の進学)の大きく3つに分けて見ることができます。
就学前教育(ECE)は、0~5歳を対象とし、教育省のカリキュラムに沿った政府援助による幼稚園と保育園そして保護者主導のPlay Centre等で行われ、対象年齢の乳幼児のほとんどが通園しています。
義務教育は6歳から16歳の誕生日を過ぎるまでとなっています。初等教育は、5歳の誕生日の翌日から小学校に入学ができます。よって、5歳の誕生日を迎えてから入学する生徒もあれば、義務教育が始まる6歳になるまで入学しない生徒もあり、各生徒の入学時期がバラバラなため、日本のような「入学式」はありません。 Year1から Year13の表記で学年を表すようになっています。
ここでは、初等教育・中等教育を主にご紹介したいと思います。

初等教育

初等教育課程は、Primary Schoolと呼ばれ、5歳~10歳が対象となり、Year1・2(5~6歳)、Year3~6(7歳~10歳)と表されます。Primary School には6年制のところと8年制のところがあり、6年制の学校を終えると日本の中学校に相当する Intermediate School に2年間通います。ほとんどの学校は公立で、授業料は無料です。
初等教育では国語(英語)の話し方・書き方を含め,算数,社会,美術,体育,音楽などを教えています。

中等教育

日本の中学・高校に当たる5年間の中等教育の場です。11歳~18歳、Year7~13が対象になります。
Intermediate School(2年制の中学校、Year 7~8、11歳~13歳)を終えるとSecondary School(Year 9-13、13歳~17歳)へ進学します。Secondary Schoolは、カレッジ(College)もしくは、ハイスクール(High School)とも呼ばれています。
カリキュラムは、教育省が学習指導要領を作成し、基礎科目は,国語(英語)、算数、科学、技術、社会、美術、保健体育。授業は英語、一部マオリ語で行われます。

16歳の誕生日を過ぎると義務教育は終了なので、実質Year 11までが義務教育になります。

Year 11の学年の最後に国が定める資格試験制度NCEA(全国統一資格試験 National Certificate of Education Achievement)を受けます。Year 11終了後は自分の意志で退校して、就職やポリテクニック(高等専門学校、あるいは短大に相当)へ進学することもできます。
大学に進学したい場合は Year12、Year13に進みます。Year13の学年末に大学入学資格試験を受験し、その結果で志望大学に入学できるかどうかが決まります。

学校年間スケジュール

ニュージーランドの学校は新年と同時に新学年となるシステムです。(年度:1月1日~12月31日)ただし、クリスマス・年末年始を含む夏休みが長くとられているため、実際に1学期が始まるのは2月(1月下旬)からです。
下記は、2016年のスケジュールです。
【4学期制】
●TERM 1 2月1日(月)~ 4月15日(金)11週間
――秋休み  2週間――
●TERM 2 5月2日(月)~ 7月8日(金)10週間
――冬休み  2週間――
●TERM 3 7月25日(月)~ 9月23日(金)9週間
――春休み  2週間――
●TERM 4 10月10日(月)~ 12月16日(金)or 20日(火)11週間
――夏休み  5 or 6週間――

各学期は約10週間からなり、それぞれの学期の間に2週間(夏休み除く)の休みがあります。各学期の長さがほぼ同じで、1年を約4等分しています。

高等教育

義務教育終了後:16歳~、Year11~以降
高等教育は高等技術専門学校(Polytechnics),教員養成大学及び総合大学に進学することを意味します。これらはすべて国立の教育機関です。
セカンダリースクールYear11(16歳)の誕生日を過ぎると義務教育期間は終了します。自分の意志で学校をやめることができます。その後、就職やポリテクニック(高等専門学校、あるいは短大に相当)へ進学することもできます。ただ、Polytechnic(ポリテクニック)といわれる高等専門学校に進学する場合はYear12を終了しなければなりません。

セカンダリースクールYear13まですべて終えた後の進学先としては、大学、ポリテクニック(国立専門高等教育機関)、就職に分かれます。大学やポリテクニックへの進学は、NCEAの評価により決定されます。
flowchart

ニュージーランドには国立大学が8つあります。

日本の大学は4年制ですが、ニュージーランドの大学では、ほとんどの専攻科目において、通常3年間で学士号が取得できるようになっています。これは、日本の大学1回生で学ぶ、一般教養がなく、大学入学後すぐに専門課程を履修するからです。よって、日本の大学生が1回生で学ぶ一般教養をセカンダリースクールのYear12やYear13で学んでいます。

国内8つの大学

どの大学も国際的に認められており、計医学、工学、法学、農業などの分野ごとに、各大学が得意とするものがあります。大学の数が少ない分、大学に進学する学生は本気で勉強したい人に限られています。

・オークランド大学(オークランド)
・オークランド工科大学(オークランド)
・ワイカト大学(ハミルトン)
・マッセ―大学(パームストンノース)
・ビクトリア大学(ウェリントン)
・カンタベリー大学(クライストチャーチ)
・リンカーン大学(クライストチャーチ)
・オタゴ大学(ダニーデン)

ポリテック(国立の高等専門学校)

国公立の専門学校や、多くの私立専門学校があります。職業訓練を学ぶコースが多く、半年から3年程度のコースなど様々です。幅広い内容の教育と、職業訓練の機会を提供しています。

▼参考
Ministry of Education(教育省)http://www.education.govt.nz/
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/world_school/02pacific/infoC20800.html

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

円で入金!海外専用プリペイドカード!


海外で使う現金って、どうしてますか?答えは 「MoneyT Global」入会費・年会費・口座管理手数料、カード発行手数料無料。クレジットカードではないので、入会審査いらずで誰でもカードを作ることが出来ます。

ピックアップ記事

ニュージーランドを国内長距離バス (インターシティ バス)で1人旅に出かけよう!

ニュージーランドは、長距離バスの交通網が発達しているので全国主な観光地へは、長距離バスでアクセスができ大変便利です。特に気ままにひとり旅をし…

おすすめ記事

こんな記事も読まれています

海外旅行・ワーホリ保険

海外では、医療費の常識が日本と大きく異なります。留学・ワーホリ保険ならAIU保険がおすすめです。AIUの海外旅行保険は、各種保険プランからしっかり比較検討できます。歯科治療費用を保証するタイプもあります。
ページ上部へ戻る