ネルソン(Nelson)シティ中心部の観光情報について

ネルソンといえば、周辺に3つの国立公園(アベル・タスマン国立公園、ネルソン・レイクス国立公園、カフランギ国立公園)があり、アウトドア観光の拠点にもなり、人気のある街で有名ですが、それだけではありません。アーティストのギャラリーやアトリエ、歴史的建造物、斬新なカフェなどが集まっています。今回は、ネルソンシティ中心部にあるみどころをご紹介したいと思います。

クライストチャーチ大聖堂(Christ Church Cathedral)

Christ Church Cathedral
Christ Church Cathedral

ネルソンの中心部のトラファルガー・スクエア(Trafalger Square)にあるクライストチャーチ大聖堂は必見です。Trafalgerストリートを歩けば、自ずと大聖堂が見えているのですぐにわかると思います。
現在の大聖堂は、1972年に完成した比較的新しい大聖堂ですが、完成に至るまでには、地震の影響や外観をめぐる議論、資金問題など紆余曲折あったようです。大聖堂の中は、一般の人も入ることができます。ステンドグラスの美しさは圧巻です。

スーター・アートギャラリー(The Suter Art Gallery)

The Suter Art Gallery
The Suter Art Gallery

ニュージーランド国内、海外の作品も収蔵している美術館で地元の非営利団体によって運営されています。19世紀ごろのニュージーランド人の水彩画家ジョン・グリーJohn Gully (1819-1888) の作品を多数所蔵していることで有名です。また、ニュージーランドの現代アートの礎を築いた人でもあるトスウィル・ウーラストン卿(Sir Mountford Tosswill Woollaston KB) (1919-1998)のコレクションも代表的なものです。
その他、国内の陶芸作家や地元のアーティストによるコレクションも多数あります。カフェも併設しているのでゆっくりとした時間を過ごしたい方におすすめです。
WEBサイト:www.thesuter.org.nz
場所:28 Halifax Street, PO Box 751, Nelson, New Zealand

ワールド・オブ・ウェアラブルアート博物館 (World Wearable Art and Classic Cars)

この博物館は、2つの異なるジャンルの展示が楽しめるネルソンのユニークな名所です。ウェアラブルアートとは、直訳すると“着ることができる芸術”のような意味ですが、まさにそういうことです。着用できるアート作品を展示しており、また年に一度、ショーが開催されます。様々な素材や加工を施し、アーティストたちによる素晴らしい(奇想天外な)技術による“ウェアラブルアート”が生み出されていますす。
隣接するクラシック・カーの展示では、オセアニア・カーのコレクションを見ることができます。数々の名車を目にすることができクラシックカーが好きな方、そうでない方にとっても興味深い展示になっています。

WEBサイト:www.wowcars.co.nz
場所:Cadillac Way off Quarantine Road, Annesbrook,PO Box 9037, Nelson, New Zealand

ニュージーランドの中心点

ニュージーランドの中心地点がネルソンにあります。森林公園(Botanical Reserve)を歩いていき、小高い丘を少し上る必要がありますが、上り始めてだいだい30分もあれば、中心地点を表しているモニュメントにたどり着くことができると思います。ここからは、タスマン海も見渡せますので晴れた日にはぜひおすすめです。

ホグランド・アート・グラス(Hoglund Art Glass)

ホグランド・アート・グラス-国際ガラス・センターは、スウェーデンの有名ガラス・メーカーで修行を積んだというホグランド夫婦により経営されています。現在ギャラリーは、ネルソン以外にオークランド、ウェリントン、オーストラリアではシドニー、メルボルン、その他デュバイとシンガポールに計7軒オープンしています。
ギャラリーでは彼らの創るガラス製品の数々、博物館では、歴史的なガラス器などが展示されています。また、ガラス器の製作行程を見学したり、ガラス吹きやビーズ作りの体験もできます。
WEBサイト:www.hoglundartglass.com
場所:52 Lansdowne Road, Richmond 7081

ファウンダーズ・ヘリテージ・パーク(Founders Heritage Park)

ファウンダーズ・ヘリテージ・パーク
ファウンダーズ・ヘリテージ・パークは、1986年にオープンした19世紀後半の町並みを再現した歴史公園です。公園内にある家や建造物は実際に使用されていた所有者からの寄贈品とレプリカで構成されています。
また、Nelson Railway Societyが今は使われていない古い鉄道路線を復活させて公園内で電車を運行しています。ファウンダーズ・ブリュワリー(Founders Brewery)が運営するバー、カフェもあります。ネルソンで家族経営されているファウンダーズ・ブリュワリーは、6世代にも及ぶ老舗のブリュワリーです。ビールのテイスティングもできます。
WEBサイト:www.founderspark.co.nz 場所:87 Atawhai Dr, The Wood, Nelson 7010

サイクリング

サイクリング
サイクリング

ネルソンの街の中心地を歩いてみて回った後は、自転車をレンタルして潮風を受けながら、海沿いをサイクリングをしてはいかがでしょうか。シティ中心地から海沿いを目指すと国道6号線にでます。6号線は、タスマン海沿いですので、海を眺めながらのサイクリングは格別です。
沖合の方には、ボルダー・バンク(Boulder Bank)と言われる砂洲が伸びているのを見ることができます。それから西に向かっていくとタフナヌイ・ビーチがあります。夏には子供連れの家族やビーチで遊ぶ若者でにぎわいます。砂浜の色もゴールドで美しく砂浜でゆっくり休んでリラックスするのもよいでしょう。

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

円で入金!海外専用プリペイドカード!


海外で使う現金って、どうしてますか?答えは 「MoneyT Global」入会費・年会費・口座管理手数料、カード発行手数料無料。クレジットカードではないので、入会審査いらずで誰でもカードを作ることが出来ます。

ピックアップ記事

ニュージーランドのマヌカハニーについて

マヌカハニーについていろいろ調べていたのですが、そもそもはちみつとは?というところから気になったのでご紹介しています。それにより、マヌカハニ…

おすすめ記事

こんな記事も読まれています

海外旅行・ワーホリ保険

海外では、医療費の常識が日本と大きく異なります。留学・ワーホリ保険ならAIU保険がおすすめです。AIUの海外旅行保険は、各種保険プランからしっかり比較検討できます。歯科治療費用を保証するタイプもあります。
ページ上部へ戻る