ネイピア(Napier)の観光情報について

ネイピア(Napier)は、ニュージーランド北島東岸のホークス・ベイ地方に位置する都市で、港町です。ウェリントンからは車で4時間くらいのところにあります。アールデコの町並みで有名です。また、ニュージーランドでマールボロ地方(Marlborough)に次いで2番目に大きいワイン生産地で、ワイナリーツアーが充実しています。

アールデコの街並みのわけには・・・、

1931年2月3日のホークスベイ(Hawkes Bay)に地震がおき、それによりネイピアが壊滅的被害を受けたことから始まります。

fire-at-the-Masonic-Hotel
masonic-art-deco-builiding

地震直後に火災も発生し、街の中心部の建物はほぼ消失してしまいました。左の写真は、Masonic Hotelが地震の後に発生した火災にあっている様子。のちにマソニックホテルはアールデコスタイルの建物(右)として再建されます。image from:http://www.teara.govt.nz/en/photograph/4561/napier-in-flames

この地震で地盤が上昇し、沼地が耕作地や住宅地として利用可能となり、埋め立てを進めて、市街地の復興が行われました。現在の海沿いの住宅地のほとんどはかつて、海だったわけです。
また、アールデコは、当時の建築の流行であったため、アールデコで統一建築が行われました。現在世界で有数の「最もアールデコ様式の建築物がまとまって残っている街」となっているそうです。

市内のみどころについて

アールデコ建築の見物

ネイピアの市内中心部は、アールデコ様式の建築物が多くあり、街の観光のメインとなっています。
アールデコ建築を見て回るツアーがいくつかあります。毎年2月には、アールデコウィークフェスティバルが開催され、当時の仮装をした市民や多くの観光客でにぎわいます。クラシックカーのパレードも行われ、参加台数が100台を越すことも。他にもクラシック エアクラフトがアクロバティックに空を飛行するのを見ることができます。

art-deco-center
artdeco-photo

i-siteの斜め向かいにある、アールデコセンターでは、アールデコに関するグッズはもちろん、書籍も販売しています。親切なスタッフがいますので、ツアーの詳細など聞いてみるといろいろ教えてくれます。(写真左)
ホークスベイで活躍するフォトグラファーのKevin Bridle氏にアールデコの衣装を着て写真を撮ってもらうのも記念になりますよね。写真館はアールデコセンターのすぐそばです。http://www.kevinbridle.co.nz/(写真右)

アールデコ衣装レンタル

毎年2月に開催されるアールデコフェスティバルでは、アールデコのファッションで身を包んだ人がたくさん訪れます。ぜひ、アールデコファッションをまとってフェスティバルに参加しましょう!

場所:Taradale Costume Hire, 5 Devonshire Pl, Taradale, Napier
WEBサイト:https://www.lookthepart.co.nz/c/Rentals-Art-Deco/7/
artdeco
ブラフ・ヒル(Bluff Hill)
bluff
kidnappersケープ・キッドナッパーズを遠目にみることができます。

ネイピア市街地を見下ろすことができる展望地があります。展望地からは、ネイピア港とホークス・ベイの海岸、ケープ・キドナッパーズを見ることができます。頂上にある展望台では、時々バーベキューをする人もいて、地元の人もよく訪れる場所です。
行き方は、マリン・パレードをネイピア港に向かっているとBluff Hill Look outのサインがありますのでそれに従って道なりに行きます。展望地までは曲がりくねった道や坂道になっているため、体力や時間があまりない方は、自転車や徒歩よりも車でいくことをおすすめします。

ケープ・キッドナッパーズ(Cape Kidnappers)
Gannet_colony_cape_kidnappers
ケープ・キッドナッパーズはネイピアから約30km南に離れたところにある岬です。カツオドリ(Gannet)の営巣地(コロニー)があり、およそ2万羽が生息しているといわれています。9月~4月の間には、カツドリ観察のためにケープ・キッドナッパーズへ行くツアーがあります。

場所:396 Clifton Road, Te Awanga, Hawke’s Bay, New Zealand
WEBサイト:Gannet Safaris http://gannetsafaris.co.nz/

また、ケープキドナッパーズにある、国際的に評価の高いケープキドナッパーズ ゴルフコース(Cape Kidnappers Golf Course)があります。ゴルフコースの設計は、世界的に有名なゴルフ建設家のトム・ドークによるものです。コースは難関で、岬に広がるコースは尾根と谷を巧みに利用して作られています。なんといっても、太平洋に面した絶壁の上にあるゴルフコース、その景色は格別です。
場所:446 Clifton Road,Te Awanga,Hawke’s Bay 4180,New Zealand
WEBサイト:http://www.capekidnappers.com/
ニュージーランドのゴルフ場について詳しくはこちらへ。

THE SIX SISTERS COFFEE HOUSE
sixsisters-coffee
six-sisters

マリンパレードの通りにあるネイピアのアイコニックな建物として知られているSix Sisters。似た形の建物が6つ並んでいます。これらをTHE SIX SISTERSと呼んでいます。
そのうちの一つがこのTHE SIX SISTERS COFFEE HOUSEです。マリンパレードを散歩の際、緑色のかわいいコーヒーショップを見つけたら寄り道してはいかがでしょうか。
場所:201Marine Parade、Napier

ミニゴルフ
mini-golf
mini-golf

ネイピアのi-siteのすぐとなりにミニゴルフのコースがあります。大人も子供も楽しめます。コースの向かいがすぐに海だなんて贅沢なロケーションですよね。

サンデーマーケット
market
beach

日曜日にはマーケットがあります。地元の人による歌が披露されていたり、アジア系のストリートフードのお店や新鮮な野菜、はちみつ、手作りの雑貨やアンティーク類など様々です。あまり大きなマーケットではないですが、地元の人で賑わうマーケットですので、マリンパレードの散歩ついで寄ってみてはいかがでしょうか。

中心部を見て回ったら、自転車をレンタルしてAhuririという小さなヴィレッジまで足を延ばしてみましょう。

ネイピアのi-siteのすぐ向かいの通りに、レンタサイクルのお店がありますので、サイクリングでネイピアの街を見て回ることもおすすめです。一年を通して暖かい気候ですので冬でもまぶしい太陽を浴びながら海沿いをサイクリングするのはとても気持ちがいいものです。
料金は、2時間で1台20ドル~程度でレンタルできます。ネイピア港に向かってHardinge RDをサイクリング。Ahuririというかわいらしいこじんまりとしたヴィレッジ目指しつつ、サイクリングで自然の風を受けながらネイピアを楽しめます。おしゃれなカフェやビーチでゆっくりしたり、小さな映画館で過ごすもよし、アンティークのお店を回れば掘り出し物を発見できるかもしれません。

The Boardwalk
The Boardwalk
The Boardwalk

地元の人が良く訪れる人気のお店です。ビーチのすぐそばにお店があり、晴れた日にはテラスに出て、子供連れの家族や犬の散歩でにぎわうビーチを眺めながらゆっくりリラックスできるおすすめのレストラン兼カフェ・バーです。
場所:8 Hardinge Road Ahuriri
http://www.boardwalknapier.co.nz/

The Globe Theatrette
The Globe Theatrette
小さな映画館で単館系の映画を扱っており、館内はモダンで洗練された雰囲気です。ポップコーンの代わりにピザを片手に映画を見ることができます。(ピザは、映画の始まる30分前にオーダーが必要です。)
場所:15 Hardinge Rd; Ahuriri; Napier
http://www.globenapier.co.nz/
The Milk & Honey
milk-and-honey
レストラン&カフェです。店内の内装のおしゃれさもそうですが、味もばっちりの素敵なお店です。スタッフも気さくでゆっくり過ごせます。
場所:10 Hardinge Road, Ahuriri, Napier
http://themilkandhoney.co.nz/
WHALES TALE アンティークショップ

ネイピアには、アンティークショップのトレイルができるほど、多彩なアンティークのお店があります。アールデコ全盛期のものを探すなら、ネイピアに来ればほしいものは見つかる!と言える・・・くらいです。きっと。

市内にももちろん、たくさんあるのですが、とにかく、Auririでひときわ目立っていたアンティークのお店です。
場所:Port Ahuriri, Napier, New Zealand
http://wtale.tripod.com/
ちなみに・・・
simplysqueezed
☆ニュージーランドのスーパーマーケットには必ずと言っていいほどある、simplysqueezedは、ホークスベイで作られています。☆

http://www.simplysqueezed.com/

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

ピックアップ記事

Miramer

ニュージーランドの映画史と代表作品ピックアップ

1990年代以降、急速にニュージーランドの映画産業は、注目を浴びるようになってきました。その火付け役となったのは、ご存知のとおり、ピーター・…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る