”Beached Az”ビーチに打ち上げられたクジラが海に戻るまでの会話集?!

“Beached Az”は、オーストラリアの放送局Australian Broadcasting Corporation (ABC)で放映されたショートアニメです。
ストーリーは、一匹のニュージーランドのビーチに打ち上げられてしまったクジラが海に戻ろうとするもので、そのクジラがビーチでいる間(海に戻るまでの間)に海辺の生物たちに出会って、そこでおこるいろんな出来事について語っているものです。

次々登場する生き物とクジラの会話が面白い!

ここで話される動物たちの会話は、すべてネイティブのアンフォーマルな言い回しでニュージーランド訛りやオーストラリア訛り英語が使われています。ちなみに、クジラがNZ訛りでカモメがオーストラリア訛りの英語を話しています。

このBeached AZは、もともとは、2008年に作られたBeached Whaleというショートフィルムの続編シリーズです。Beached Whaleがyoutubeに登場してからニュージーランドとオーストラリアでソーシャルメディアを通して一気に人気が広がりました。そして、2009年にABCテレビ局でシリーズ続編が展開されました。

展開されているシリーズのそのすべてにおいて会話の当事者たちの社会的特徴などを反映しており、コメディタッチでまとめられています。クジラをメインキャラクターとして他の動物たちとの会話集のようなものになっています。

Beaced AZの意味

Beached AZは、”Sweet as”をもじったものです。
ニュージーランド人は、会話の中で”Sweet as”という言葉をよく使います。意味としては、”いいね”、”すごい”、”すばらしい”といったものです。
Beached WhaleのBeachedの音の響きとsweetが似ている点、asは、発音するとazと聞こえる点から”Beached az”というタイトルになっているのではないかと思います。(音だけのことば遊びのような感じで、意味としては特にないと思います。)
ちなみに、2008年のショートフィルムBeached Whaleは、”ビーチに打ち上げられたクジラ”という意味ですが、他にもダイエットをしなきゃ、というシチュエーションでも使うことができます。
こんな感じで↓使います。

I look like a beached whale! I have to go on a diet!
(浜に打ち上げられたクジラみたい!(に太ってる)ダイエットしなきゃ!)

最初のエピソードは、カモメが登場します。

カモメがクジラに寄ってきて、クジラにチップスを勧めるところから会話が始まります。オーストラリアとニュージーランドでは、チップス(chips)の発音が違うのでその点を頭に入れておくとクジラとカモメの会話をより面白く見ることができます。結局クジラは”噛めない”のでプランクトンしか食べないと話し、カモメがプランクトンを探しに行くところで動画は終わります。他にもいろんな生物が出てきて面白いのでぜひ全エピソード見てみてはいかがでしょうか。

Beached Az: The Seagull. Ep 1, Series 1

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

円で入金!海外専用プリペイドカード!


海外で使う現金って、どうしてますか?答えは 「MoneyT Global」入会費・年会費・口座管理手数料、カード発行手数料無料。クレジットカードではないので、入会審査いらずで誰でもカードを作ることが出来ます。

ピックアップ記事

ニュージーランドを国内長距離バス (インターシティ バス)で1人旅に出かけよう!

ニュージーランドは、長距離バスの交通網が発達しているので全国主な観光地へは、長距離バスでアクセスができ大変便利です。特に気ままにひとり旅をし…

おすすめ記事

こんな記事も読まれています

海外旅行・ワーホリ保険

海外では、医療費の常識が日本と大きく異なります。留学・ワーホリ保険ならAIU保険がおすすめです。AIUの海外旅行保険は、各種保険プランからしっかり比較検討できます。歯科治療費用を保証するタイプもあります。
ページ上部へ戻る