ニュージーランドの鳥について

太古のニュージーランドの地には、鳥にとって脅威となる動物がいなかったため、警戒心が薄かったり、本来、陸生の哺乳類が果たすべき役割を行っていたため、次第に飛ぶ機能が退化するなど独特の進化をとげてきました。飛べない鳥が多いのもこのためとされています。ところが、人間が町を作ったり、牧草地を作るために多くの森や木々を伐採して鳥たちの住処を奪ってしまったことや人間が連れ込んだ猫や犬、ポッサムなどに捕食され、いくつかの種の鳥たちが絶滅へと追い込まれてしまうことになりました。ニュージーランドに人間がやってきて以来、少なくとも40種類の固有種が絶滅してしまったそうです。

しかしながら、まだ多くの固有の鳥が残っていることも確かです。ニュージーランドに生息する鳥類のうち水鳥の60パーセント、海鳥の30パーセントは、ニュージーランドでしか見ることができない固有種だといわれています。

近年では、保護区で絶滅に瀕している鳥たちを保護したり、脅威となるポッサムをはじめとした害虫の駆除など国を挙げて対策を行っています。ここでは、ニュージーランドで見られる鳥たちをいくつかご紹介したいと思います。
※ここで使っている”ネイティブ”が意味するのは、人の手助けなくニュージーランドで発見されている動植物であったり、ニュージーランドの野生で育ったものを指しています。

Forest Birds(森に生息する鳥たち)

Rifleman/ミドリイワサザイ

英語名:Rifleman マオリ語名:Titipounamu 和名:ミドリイワサザイ
Rifleman

Photo By digitaltrails – Lake Sylvan – Rifleman

ニュージーランドでのみ見られる固有の鳥で、体重6~7グラム、体長8センチとスズメよりも小さくニュージーランドで一番小さな鳥です。
ニュージーランドの北島、南島両方で見ることができます。
DOCサイトを確認
rifleman-male-female
Fantail/ハイイロオウギビタキ

英語名:Fantail マオリ語名:piwakawaka  和名:ハイイロオウギビタキ
Fantail

Photo By I, Tony Wills

ニュージーランドで最も知られているネイティブの鳥ではないでしょうか。体重8グラム、体長8センチ。鳥の尾がfan(うちわ)みたいな形状であることからFantailと呼ばれています。ニュージーランド全土で見られます。マオリの伝説によるとファンテイルは、死を呼び込む、もしくは、神からの死の知らせを人間に伝えるメッセンジャーなんだとか。
ニュージーランドでもっとも長く生きたファンテイルは3年でした。ちなみにオーストラリアでは、10年生きるものがいるとか。
DOCサイトを確認
fantail

Illustration By J. G. Keulemans, in W.L. Buller’s A History of the Birds of New Zealand.

Tomtit/ニュージーランドヒタキ

英語名:Tomtit マオリ語名:Miromiro  和名:ニュージーランドヒタキ
Tomtit

ニュージーランドでのみ見られる固有の鳥で、体重11グラム、体長13センチ。フレンドリーな鳥でしばしば餌を捕まえるために地上まで飛んできて、人の肩に乘ってきたりすることもあるそうです。10年くらい生きるそうです。
DOCサイトを確認
Tomtit
Silvereye/ハイムネメジロ

英語名:Silvereye マオリ語名:Tauhou  和名:ハイムネメジロ
Silvereye

ニュージーランドの固有の鳥で、体重13グラム、体長12センチ。目の周りにある白い輪が特徴です。オーストラリアからやってきたこの鳥は、マオリからは、”Tauhou”と呼ばれています。意味は、”stranger”です。
DOCサイトを確認
Silvereye
New Zealand Robin/ニュージーランドコマヒタキ

英語名:New Zealand Robin マオリ語名:Toutouwai  和名:ニュージーランドコマヒタキ
South Island robin

ニュージーランドの固有の鳥で、体重35グラム、体長18センチ。フレンドリーな鳥で低木や木の幹を昆虫やワームを捕まえるために飛び回っています。北島では、ロトルア湖やタウポ、Kapti Islandのあたり、南島では、アーサーズ・パスやEglinton Valleyなどで見られるようです。16年ほど生きるそうです。
DOCサイトを確認

Bellbird/ニュージーランドミツスイ

英語名:Bellbird マオリ語名:Korimako  和名:ニュージーランドミツスイ
Bellbird

Photo By Sid Mosdell from New Zealand – Bellbird

ニュージーランドだけで見られる固有の鳥で、体重26~34グラム、体長20センチ。オリーブグリーンの色の鳥で長い尾を持っているのが特徴。1896年頃から保護されるようになりましたが、一時は、ネズミのせいで絶滅したとされていました。現在では再び見られるようになりました。花粉や種を運ぶ鳥として重要な役割を果たしており、花の蜜を食べるのに適したカーブしたくちばしを持っています。
DOCサイトを確認

Shining cuckoo/ヨコジマテリカッコウ

英語名:Shining cuckoo マオリ語名:pipiwharauroa   和名:ヨコジマテリカッコウ
Shining_Bronze-Cuckoo
ニュージーランドで見られる固有の鳥で、体重25グラム、体長16センチ。見かけることよりもその鳴き声を聞くことの方が多い鳥。”tuwee tuwee tuwee tuwee tiwoo”といった鳴き声(歌声)をきかせてくれるそう。冬の間はパプアニューギニアで過ごし、11月から2月(春と夏)のあいだにニュージーランドにやってきます。

Long-tailed cuckoo/カッコウ科

英語名:Long-tailed cuckoo マオリ語名:koekoe?  和名、他:カッコウ科
"koekoe?/ ニュージーランドだけで見られる固有の鳥で、体重125グラム、体長40センチ。とても長い尾を持っているのが特徴的です。背の高い木々のある森でみることができます。たいてい木の一番高いところにいるそう。巣は作らずに他の鳥の巣に卵を置きます。ニュージーランドだけで繁殖するのですが、冬は、Fijiなどの熱帯太平洋で過ごし、10月の初めころに全く同じ場所に戻ってきます。

Yellowhead/キイロモフアムシクイ

英語名:Yellowhead マオリ語名:Mohua  和名:キイロモフアムシクイ
Yellowhead

Photo By Thomas Mattern – Department of Zoolog

ニュージーランドの南島だけで見られるとても珍しい固有の鳥で、体重25~30グラム、体長15センチ。Eglinton Valleyの道路沿いの森やLake Gunn 、Haast Passなどで見ることができるとされています。100ドル札紙幣に描かれている鳥です。
DOCサイトを確認

Blackbird/クロウタドリ

英語名:Blackbird マオリ語名:Manu Pango 和名:クロウタドリ
Blackbird
ヨーロッパからの移住者により持ち込まれた鳥で、体重90グラム、体長25センチ。おそらく、ニュージーランドで一番よく目にする鳥ではないでしょうか。家の庭などを歩くというよりもぴょんぴょん跳ねているのをよく見ます。庭や公園、果樹園、牧草地、低木地森の中にも生息しています。約20年くらい生きるそうです。

ページ:

1

2 3 4 5
ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

ピックアップ記事

レンタカーの利用について

ニュージーランドで車のレンタルの仕方についてご紹介したいと思います。 海外で車の運転をするには、海外運転免許証はもちろん、日本の運転免許証…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る