ワーキングホリデー健康診断受診について

ワーホリの健康診断受診について

ワーキングホリデー健康診断受診について

ニュージーランドワーキングホリデービザを取得する際には、NZ移民局が指定した病院に予約を取り、胸部レントゲン検査などの健康診断を受ける必要があります。以下は、診断までの大まかな流れになります。

NZ移民局からメールがきます

ビザの申請が完了した後に、移民局からメールがきます。そのメールには、移民局に提出しないといけないものが記載されています。
そのメールに「Chest X-Ray Certificate」を指定されているのであればレントゲン検査のみの肺結核検診、「General Medical Certificate 」を指定されているのであれば血液検査等を含む総合健康診断を受診する事になります。

病院を予約します

検査は、移民局により指定された病院のみが行うことができます。最新情報はNZ移民局のサイトから確認できますので、ご自身の在住地に近い医院を選択するとよいでしょう。
以下のNZ移民局のサイトへ行き、searchの部分に”Japan”と入力して検索すると日本の該当医院が表示されます。どの病院も事前に予約が必要です。病院によって料金や健診結果を受け取れる日時が異なりますので、予約時にご自身でご確認ください。

NZ移民局のサイトで医院を探す

健康診断書/レントゲンの提出

2015年1月30日から、eMedicalと呼ばれる新しい健康診断システムが適用されます。

診断結果は、指定医師から移民局に直接オンラインで移民局に提出することになっています。
よって、旧式であった紙媒体の健康診断で、申請者へ健康診断書類が返却されるようなことはございません。
移民局では、念のために診断を受けた際に病院から診断結果をもらうことをお勧めしています。

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

ピックアップ記事

ニュージーランドのマヌカハニーについて

マヌカハニーについていろいろ調べていたのですが、そもそもはちみつとは?というところから気になったのでご紹介しています。それにより、マヌカハニ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る