ニュージーランドを旅客列車で旅しよう

ニュージーランドには、KiwiRail Scenic Journeys(キウイレイル・シーニック・ジャーニー)といって、長距離鉄道の車両の一部を展望車両にしたり、車内の快適さやサービスをグレードアップさせるなど観光客向けに展開している旅客列車があります。
バスや車とは違う、この列車からしか見ることのできない美しい景色やゆったりとした座席で風景を楽しむ旅はいかがでしょうか。きっとニュージーランド旅行を格別なものにしてくれます。ここでは、KiwiRail Scenic Journeysを代表する3つの路線についてご紹介をしたいと思います。

Northern Explorer(ノーザン・エクスプローラー) Auckland~Wellington

ノーザン・エクスプローラーの旅では、緑豊かなの牧草地、原生林を超え、田舎の街並みや岩がちの沿岸部を通ります。この旅のハイライトは、トンガリロ国立公園で、3つの有名な火山(ルアペフ山、ナウルホウイ山、トンガリロ山)の壮大な姿を眺めることができます。国立公園のすぐ北側では、有名な螺旋状の高架橋、ラウリム・スパイラルを通ります。

タイムテーブル (Auckland~Wellington)
Auckland Strand出発 7:45AM~ 

Wellington到着6:25PM
※Auckland → Wellington (月、木、土のみ)
Wellington出発 7:55AM~ 

Auckland Strand到着6:50PM
※Wellington→Auckland (火、金、日のみ)

by-johnragla / Hapuawhenua viaduct

Photo by johnragla / Hapuawhenua Viaduct

by-johnraglanorthern_explorer_near_waiouru

Photo by johnragla / Waiouru

Coastal Pacific(コースタル・パシフィック) Picton~Chiristchurch

コースタル・パシフィックはニュージーランドの夏期(10月~4月)のみの運行です。カイコウラの山脈と太平洋沿岸に挟まれた路線を走り、時には荒い海でもありますが、美しい太平洋とカイコウラ山脈を一度に楽しむことができます。また、ワインの名産地のマールボロ地方やカンタベリー平野も望むことができます。

タイムテーブル Picton~Chiristchurch
Christchurch出発 7:00AM~ 

Picton到着 12:22PM
Picton出発 1:25PM~ 

Christchurch到着 6:45PM

by-alex-burgesscoastal_pacific_on_kaikoura_coast

Photo by Alex Burgesscoastal


 

TranzAlpine(トランツ・アルパイン) Christchurch~Arthur’sPass~Greymouth

クライストチャーチからカンタベリー平野のファーム地帯を横切り、山などの緑色の景色が両サイドに広がります。そしてワイマカリリ川沿いを通り、深い渓谷を超えて雄大なサザンアルプスを縦走します。アーサーズ・パス国立公園、原生林で覆われた深い森を通り、ウェストコーストのグレイマウスへ向かいます。グレイマウスは、氷河見学の拠点の場所でもあり、ワイルドな川、プナカイキのパンケーキロックがあるなどたくさんの自然に恵まれた場所です。

タイムテーブルはこちら http://www.kiwirailscenic.co.nz/tranzalpine/tranzalpine-timetable-2016-17/

by-maxim75-locomotive_and_open_viewing_platform_of_tranzalpine_train

Photo by Maxim75

by-johannes-vogel-kiwirail_tranzalpine

Photo by Johannes Vogel

各列車の利用の仕方

・事前予約は必須です。観光案内所(i-site)で申し込んだり、KiwiRail Scenic Journeys WEBサイトから予約もできます。
-【Coastal Pacific ページ
-【TranzAlpine ページ
-【Northern Explorer ページ

・チェックインは出発の20分前までに済ませましょう。出発日当日には、余裕をもって遅くとも20分前には駅についておくようにしましょう。チェックインをして、荷物の預け入れも済ませて、電車に乗りましょう。

Scenic Rail Passes(シーニック・レイル・パス)このパスを使えば、そのパスの有効期間の間中、どの列車も乗り降りが自由にできます。

パスは以下の2種類あります。

Fixed Pass(フィックスド・パス)は、7、14、21日間から選ぶことができます。文字の通り、その日数の間自由に列車を利用できます。

Freedom Pass(フリーダム・パス)は、最低3日以上、自分の必要な日数分を指定してチケットを購入することができます。このパスは、3つの電車がそろって運行している、ニュージーランドの夏期にだけ利用ができます。

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

円で入金!海外専用プリペイドカード!


海外で使う現金って、どうしてますか?答えは 「MoneyT Global」入会費・年会費・口座管理手数料、カード発行手数料無料。クレジットカードではないので、入会審査いらずで誰でもカードを作ることが出来ます。

ピックアップ記事

ニュージーランドのマヌカハニーについて

マヌカハニーについていろいろ調べていたのですが、そもそもはちみつとは?というところから気になったのでご紹介しています。それにより、マヌカハニ…

おすすめ記事

こんな記事も読まれています

海外旅行・ワーホリ保険

海外では、医療費の常識が日本と大きく異なります。留学・ワーホリ保険ならAIU保険がおすすめです。AIUの海外旅行保険は、各種保険プランからしっかり比較検討できます。歯科治療費用を保証するタイプもあります。
ページ上部へ戻る