ワイタンギ条約について

1年を通して温暖な気候で人気のリゾート地、Bay of Islands(ベイ・オブ・アイランズ)地方には、ワイタンギ条約が交わされた歴史的に重要な地があります。
ワイタンギ条約とは、1840年2月6日、英国ビクトリア女王代理のHobson(ホブソン)大佐とマオリの族長との間で締結されたものです。これにより、ニュージーランドは、イギリスの植民地となり、近代ニュージーランドがスタートしたと考えられています。

このワイタンギ条約を簡単に記すと、

第一条 マオリの主権の譲渡。
第二条 マオリの土地、森林、水産資源などに対する権利の保障、およびマオリ族が土地を売却する場合のイギリス国王の先買権。
第三条 マオリに英国民としての特権を与えること

という内容でした。

しかし、この条約を英語からマオリ語に訳した際に英語とマオリ語では解釈のことなる条文が出来上がってしまいました。
特に第一条の主権の譲渡部分です。英語版には君主にすべての権力を譲ると記載されているのに対し、マオリ語版では権力を共有すると示されています。
というのも、「主権」(sovereignty) を表すマオリ語が存在しなかったため、マオリ語の「カワナタンガ」(kawanatanga) という、「監督・統制すること」という意味合いで使われていた単語があてられていました。
つまり、マオリ族は、自分たちのことは自分たちで治めるという伝統的なやり方を英国政府側が「保護・監督する」ことを認めたにすぎない、という認識だったからです。
そうして、だんだんと条文の解釈の違いが引き金となり、1843年から30年間ほど続くマオリ族の反乱が起こりました。

反乱は鎮圧されたもののその後100年もの間この問題は先送りされました。1975年にワイタンギ審判所が創立され、ワイタンギ条約で認められた権利について、再度審議が開始され、その結果、一部強奪された土地を返還し、英語だけだった公用語にマオリ語を加えることになりました。

ワイタンギデー

今では、このワイタンギ条約が結ばれた日を記念して、ワイタンギデーという祝日に定めています。そして、ワイタンギ条約締結の舞台となった、パイヒアのワイタンギ条約・グラウンズ(Waitangi Treaty Grounds)では、平和式典などが行われています。
世界で最も大きな「ナトキマタファオルア」と呼ばれるマオリの戦闘用カヌーが、毎年ワイタンギ・デーに海に出ます。ナトキマタファオルアは、長さ35.7メートル、幅2メートル、重さ12トンと大変大きく、80名の漕ぎ手と55名の乗船が可能とされています。

かつては、この平和式典において、抗議活動を行うマオリも見られました。いまだに少なからず政府の扱いに不満を募らせているマオリの部族がいるものの、最近では平穏に記念式典が行われるようになっています。

ワイタンギ条約・グラウンズ(Waitangi Treaty Grounds)

条約が結ばれた地は、国家の文化財とされ、ニュージーランド生誕の地として広く知られています。このグラウンドは、ニュージーランドで最も古くまた一番訪問者の多い史跡でもあり、国内外問わず多くの旅行者が訪れる場所です。

ワイタンギ条約・グラウンズ(Waitangi Treaty Grounds)では、テ・ファレ・ルナンガ(マオリの集会所)やワカ・タウア(戦闘に使われたカヌー)、イギリス総督の邸宅などが再現されています。条約記念館には貴重な資料も残されています。ただ、条約の原本は、ウェリントンの国立古文書館に展示されています。ガイドツアーに参加するとそれぞれの詳しい説明を聞くことができます。
また、ワイタンギ・ビジター・センターにおいても、当時の歴史を知ることのできる資料やビデオを視聴することができます。

ワイタンギ条約・グラウンズ(Waitangi Treaty Grounds)へは

ワイタンギ条約・グラウンズ(Waitangi Treaty Grounds)へは、パイヒアからは、約2km離れたところにあります。歩いて、25分程度、車なら2分程度と近くです。

WEBサイト:
www.waitangi.org.nz

【開館日】クリスマスデー以外は開館
【時間】
 12月26日~2月29日: 9am ~ 6pm
 3月1日~12月24日 : 9am ~ 5pm
【電話】 +64 9 402 7437 / 0800 9248 2644 (Free phone within NZ)

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

円で入金!海外専用プリペイドカード!


海外で使う現金って、どうしてますか?答えは 「MoneyT Global」入会費・年会費・口座管理手数料、カード発行手数料無料。クレジットカードではないので、入会審査いらずで誰でもカードを作ることが出来ます。

ピックアップ記事

レンタカーの利用について

ニュージーランドで車のレンタルの仕方についてご紹介したいと思います。 海外で車の運転をするには、海外運転免許証はもちろん、日本の運転免許証…

おすすめ記事

こんな記事も読まれています

海外旅行・ワーホリ保険

海外では、医療費の常識が日本と大きく異なります。留学・ワーホリ保険ならAIU保険がおすすめです。AIUの海外旅行保険は、各種保険プランからしっかり比較検討できます。歯科治療費用を保証するタイプもあります。
ページ上部へ戻る