ニュージーランドダイアリー

ニュージーランドの現地ニュースや旅行やビザに関する情報まで色々発信しています。

スポンサーリンク

ニュージーランドでの銀行口座開設について

お金情報

ニュージーランドでの生活資金などのまとまったお金を日本から送金したり、生活費を日本から送ってもらうためには、銀行口座が必要になります。
また、ニュージーランドでの生活は、ほぼキャッシュレスで現金での支払いよりもエフトポスでの支払いがメインです。このエフトポスは、デビット・カードのようなもので、銀行口座からすぐに引き落とされる仕組みです。

このエフトポスは現金で支払うよりも簡単で素早く済むので大変便利です。
このエフトポスを利用するためにも現地の銀行口座を開設し、カードの発行をしてもらうことが必要です。エフトポスの利用は、ニュージーランド国内で発行した銀行カードならどれでも利用ができます。

ここでは、ANZ銀行での口座開設についてご紹介します。

口座開設に必要なもの

身分証明2種類

・パスポート原本
・ビザのコピー(ワーク/学生/ワーキングホリデー)

現住所の確認できる公的書類1通

現住所とは、ニュージーランドでの住所、そして、ご自身の名前が記載されていることが必須です。
・IRDなどのニュージーランドの政府機関からの手紙
・公共料金(電話/電気代)の請求書
・語学学校からの郵便書類もしくは、語学学校による口座開設書類
以上のような公共機関が発行した3カ月以内のものが1通必要

口座に預ける現金

現金は特に多くなくても大丈夫です。50ドルくらいあれば十分だと思います。

開設までの流れ

銀行に出向く/開設日の予約

書類一式用意ができたら、銀行に出向いて新しく口座を開きたい旨(I want to open a bank account. )を伝えます。
すぐに口座開設の手続きをしてもらえる場合と都合の良い日を予約して、後日改めて銀行に出向く場合もあります。

銀行アカウント開設作業

必要書類を提出し、開設する口座を決めます。
口座は、ゴー・アカウント(Go account)オンライン・アカウント(Online account)を選んでおけばよいと思います。ゴー・アカウントは、日本でいう普通口座でオンライン・アカウントは、ネットバンキングです。

書類は銀行員さんが記入してくれます。預金額を求められるので用意した現金を預けます。時々、質問されるかもしれないので気を抜くことないようにしましょう。会話中分からない単語が出てくるかもしれませんので、念のため、電子辞書を持参しておくといいかもしれませんね。

また、この時、キャッシュカードの作成の手続きもしてくれます。PIN Numberという、暗証番号の設定をします。このPIN Number/暗証番号は、ATMの引き落としやエフトポスで支払いの際に利用する番号です。下の写真のような機会に通してPinを設定します。
PIN
キャッシュカードは、その場ですぐに発行してくれる場合と後日、登録した住所に郵送されてくる場合があります。
後日、郵送された場合は、届いたカードを持って窓口に行き、PIN Numberの設定をする、という手続きになります。

カードが手元に届き、暗証番号の設定が済むとATMでお金の引き落としとエフトポスの利用ができるようになります。通帳の発行はありません。インターネットで自分のアカウントを作ってオンラインで確認をするか、毎月明細を郵送してもらうこともできます。

メモ

筆者はこれまで、ANZ銀行、ASB銀行、Kiwi bankの口座を開設しましたが、一番ANZ銀行の開設が簡単だった印象があります。

銀行によって口座開設にあたって色々と話を聞かれる場合があります。日本での銀行口座開設よりもずっと個人的な内容を聞かれたりするので当初はその違いに驚きました。

ANZ銀行は書類と預金分を提出して、PINを設定して終わり、というかなり短時間だった記憶があるのですが、Kiwi Bankで口座開設した時は、身分証明書の他にもIRDナンバーを聞かれたり、納税額がいくらぐらいかを聞かれたりしました。偶然IRDナンバー情報を持っていたし、納税額もだいたいを把握していたのでぱぱっと確認が済んでよかったのですが、持ってなければまた、再度提出しにこないといけなかったのだろうか・・・と考えると面倒なことが一回で済んでラッキーだったなーという思いです。

それから、口座開設は何のためだとか、そういったことも聞かれたりもしました。というのも、すでにASB銀行とANZ銀行を持っていたからかな、と今では思っているのですが。
ホリデー用の資金を貯めるための口座を作りたい、と言っておきました。そうしたらどれくらいの頻度でどれくらいの金額の預金を考えている?とかもさらに聞かれたりしました。とにかく、Kiwi Bankは、質問攻めだったなーという記憶があります。

まぁ、銀行員さんとのやりとりは、開設する口座の種類にもよるんだろうな、と思います。
各種銀行いろんなタイプの口座があるので、友人知人や語学学校からおすすめを聞いたりして、自分に合う銀行、口座の種類を選べばよいと思います。