ニュージーランドは日本よりも紫外線が強い!

ニュージーランドやオーストラリアなどオセアニア地域は、南極上空にあらわれるオゾンホールの発生の影響をダイレクトに受けているため、日本に比べるとその紫外線は多く、強烈だとされています。

そんなニュージーランドでは、国際的にも有害な紫外線からの予防のために、広く知られるようになった、Slip, Slop, Slap(and Wrap)というものがあります。

Slip, Slop, Slap(and Wrap)

Slipは長袖の上着を着ること、Slopは外出時、日焼け止めローションを塗ること、Slapはつばの広い帽子をかぶること、そしてWrapはサングラスをかけることです。

有害な紫外線を長期間にわたって浴びることは、健康に対して悪影響ですので、キウイの子供達は、Slip, Slop, Slap(and Wrap)は、徹底的に親にいい聞かされています。

市販の日焼け止めに驚く

ニュージーランドと日本で同じ用途目的の商品でもパッケージの素材の違いやその容器の大きさに驚くということはよくありますが、筆者にとって、日焼け止めクリームはその一つでした。
日焼け止めといえば、こんな感じのコンパクトな容量なものだと思っていたのですが、ニュージーランドのスーパーをみて驚きました。
1Lや2.5Lという大容量の日焼け止めが普通に販売されていたからです。こんな感じのです。
sunscreen
https://wellington.cancernz.org.nz/en/products/industrial/
野外で働く人やロードワーク従事者など向けのサイズということですが。ニュージーランドと日本では、日焼け止めの消費量が断然違うんですよね。そして、やはり、紫外線に対しての危機感も日本人のそれとはまた違っているからこそなのだと思います。ちなみに我が家には、1Lのものがあります。パートナーは外に出るときは、たっぷり塗りたくっております。
筆者は、日焼け止めを体に塗るのが嫌いなのですが、ニュージーランドでは塗らないわけにもいかず、ひりひりと太陽の痛みを感じるので、外出の際は塗るようにしております。

紫外線なんぞ恐れない?!

紫外線が強いからさんざん気を付けるようにSlip, Slop, Slap(and Wrap)などのキャンペーンが叫ばれつつも、太陽が大好きなキウイたちは、大胆に肌を露出する服を着ていますし、少しでも日が出ていればカフェやレストランの野外の席に出て日光浴を楽しんでいます。
先日、行った、カフェバーでは、そんなキウイたちのために日焼け止めクリームがバーカウンターに置かれているのを目にしました。


写真のビールタップの近くにある青いボトルが、その日焼け止めクリームで、お客さんが自由に使っていいものです。

無駄に太陽の紫外線を恐れることなく、対策をしたうえで、太陽の下で思う存分楽しんでいる姿をみるたびに、キウイたちのおおらかさを感じます。

みなさんも、ニュージーランド、オーストラリアなどへ旅行の際は、有害紫外線対策を怠ることないように気を付けてくださいね。でも、日焼けを気にしすぎてしまうのも精神的に参ってしまうので、ほどほどに。きちんと対策しながら、その太陽の光も楽しめるといいですよね。

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

ピックアップ記事

レンタカーの利用について

ニュージーランドで車のレンタルの仕方についてご紹介したいと思います。 海外で車の運転をするには、海外運転免許証はもちろん、日本の運転免許証…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る