Kakapo/フクロウオウムの個体数が回復してきています。

世界で唯一飛べないオウムであるカカポ。Anchor Island(南島のDusky Sound、南西フィヨドランドに位置する)では、絶滅危惧種とされるカカポが2005年に移され、保護されてきました。

カカポのヒナたちは、保護区では、野生に帰すまでの間、飼育委員により飼育されるわけですが、クマラ(スイートポテト)やナッツなどを手渡しで餌を与えられるなど、あたかもセレブのような扱いです。(笑)

そういった飼育員たちの努力のかいもあって、今年、カカポの数は、25パーセントも増えたそうです。約20年ほど前は、50羽しか残っていなかったのが、今では、150羽が野生に帰っているのだとか。

このまま順調に数を増やして、保護区だけでなく、その他の森などでも普通にカカポを見られるようになるといいですよね。

ニュージーランドは、2050年には、自生種の鳥を保護するために、それらの外敵となる外来種を駆除するという計画をたてているので、飛べない鳥が安全にニュージーランドで生きていくためにも早くそれが達成されればいいなと思います。

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

円で入金!海外専用プリペイドカード!


海外で使う現金って、どうしてますか?答えは 「MoneyT Global」入会費・年会費・口座管理手数料、カード発行手数料無料。クレジットカードではないので、入会審査いらずで誰でもカードを作ることが出来ます。

ピックアップ記事

Miramer

ニュージーランドの映画史と代表作品ピックアップ

1990年代以降、急速にニュージーランドの映画産業は、注目を浴びるようになってきました。その火付け役となったのは、ご存知のとおり、ピーター・…

おすすめ記事

こんな記事も読まれています

海外旅行・ワーホリ保険

海外では、医療費の常識が日本と大きく異なります。留学・ワーホリ保険ならAIU保険がおすすめです。AIUの海外旅行保険は、各種保険プランからしっかり比較検討できます。歯科治療費用を保証するタイプもあります。
ページ上部へ戻る