ニュージーランド パウア貝

Paua(パウア貝)は、ニュージーランドの先住民族のマオリによって名付けられた、3種類のアワビ(英語名:NZ abalone sea snails )のことです。
その身を食べることもできますし、貝殻を研磨し、加工することでアクセサリーなどにも利用されています。

パウア貝の特徴

パウア貝は、一般的なアワビと同様に浅い沿岸域の岩場に生息しています。夏になると、パウア貝を採りに海に来ているキウイをみかけます。
参考までに3種類のパウア貝をご紹介します。

ヘリトリアワビ(Haliotis iris)

Paua、 Blackfoot Paua、 Rainbow abalone等とも呼ばれます。もっとも一般的なパウア貝です。

photo:By H. Zell

サザナミトコブシ(Haliotis australis)

Queen paua、 Silver Paua、Yellow Foot Paua、 Hihiwa & Karariwha、 Austral abaloneなどとも呼ばれます。

photo:By Doooook

キムスメアワビ(Haliotis virginea)

Virgin paua、 Virgin abaloneとも呼ばれます。

お土産として人気

パウア貝は、ニュージーランドの代表的なお土産として人気があります。また、マオリの伝統工芸やアクセサリーなどに利用されているのをよく見かけると思います。

photo:By JShook(Maori_Wood_Carving_paua)

パウア貝の身は、刺身で食べることはほとんどなく、キウイの一般的な調理の仕方は、フリッターです。
そして貝殻は、研磨してアクセサリーなど宝石としてや、工芸作品として利用したりします。

パウアの漁には制限があります。

パウア貝は、浅瀬の沿岸の岩場で割と簡単に見つけることができるのですが、好きなだけ取っていいわけではありません。
一人につき10個までと決められています。パウア貝以外にもきちんと制限数、サイズの指定がありますので気を付けましょう。下記のWEBサイトなどをチェックしておくといいと思います。
http://www.mpi.govt.nz/travel-and-recreation/fishing/fishing-rules/central-area-fishing-rules/

また、魚釣りや貝採りをしてはいけないエリアもありますので、ご自分が釣りなどをしようと思うエリアでは、サインなどをよくチェックして違法なことをしないようにしましょう。

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

円で入金!海外専用プリペイドカード!


海外で使う現金って、どうしてますか?答えは 「MoneyT Global」入会費・年会費・口座管理手数料、カード発行手数料無料。クレジットカードではないので、入会審査いらずで誰でもカードを作ることが出来ます。

ピックアップ記事

Miramer

ニュージーランドの映画史と代表作品ピックアップ

1990年代以降、急速にニュージーランドの映画産業は、注目を浴びるようになってきました。その火付け役となったのは、ご存知のとおり、ピーター・…

おすすめ記事

海外旅行・ワーホリ保険

海外では、医療費の常識が日本と大きく異なります。留学・ワーホリ保険ならAIU保険がおすすめです。AIUの海外旅行保険は、各種保険プランからしっかり比較検討できます。歯科治療費用を保証するタイプもあります。
ページ上部へ戻る