ニュージーランドダイアリー

ニュージーランドの現地ニュースや旅行やビザに関する情報まで色々発信しています。

スポンサーリンク

ニュージーランドでドライブするために知っておくこと

交通情報

ニュージーランドをドライブしよう。

日本国内で自動車を運転することはなんともないけれど、国外で自動車を運転するとなると一気にハードルが上がってしまって、運転する気になれない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ニュージーランドはドライブ旅行するにはうってつけの国です。日本と同じ左側通行ですし、大都市を除けば交通量も多くはありません。市内から1時間も運転すれば、その景色は灰色のビルや建造物などから緑の芝生におおわれた牧草地に移り変わり、羊や牛、時には鹿、リャマが放牧されているのを目にするでしょう。雄大な自然が視界に広がり、その風を受けてドライブするのはとても気持ちがいいものです。
ここでは、気になるニュージーランドでの自動車運転について知っておきたい情報をお伝えします。

安全運転のために知っておきたいこと

安全に楽しいドライブ旅行をするには、現地の交通規則を覚えておかなくてはなりません。他にも、運転の際には、目的地まで所要時間にゆとりをもたせておき、余裕をもって運転する必要があります。また、注意力を維持するために、途中で充分な休憩をとりながら進んでください。
ニュージーランドでのドライブをより一層楽しむため最低限の知識を身につけておきましょう。主なポイントは以下の通りです。

NZの独自のルールも要チェック

ニュージーランドの交通ルールはほぼ日本と同じですが、違っていることもあります。
例えば、ニュージーランドでは右折優先です。ロータリー(ランドアバウトと呼ばれ、信号機のない円形の交差点)では、時計回りに走り、右から来る車を優先させなければなりません。よって、ロータリーに入る時に、その中を走っている車は右からくるので、その車を優先させなければなりません。

signRound about(ラウンドバウト)ロータリーとGive way(道をゆずれ)のサイン
round aboutラウンドバウトの様子。

安全な自動車運転のための主なポイント

Motorway

自動車専用道路のこと。乗用車の制限速度は、市街地で50km郊外では100㎞です。大都市周辺にあり、距離は長くはない。自転車、歩行者は入れません。料金はほぼ無料。

State highway

一般国道のこと。乗用車の制限速度は、市街地で50km郊外では100㎞です。

標識で指定された制限速度を超えない範囲で走行すること。

特に指定のない地方の公道では時速100km以内となっています。市街地では通常、時速50km以内です。実際の速度は道路状況に応じて調整してください。左側通行で、もちろん運転中の携帯電話は禁止されています。

飲酒運転は罰せられます。

20歳未満の運転者は飲酒許容量はありません。つまり飲んだら運転してはだめです。(NZでは、18歳から飲酒可能)
20歳以上の運転者に対しては、
血中アルコール濃度が0.5ミリグラム/ml、あるいは、呼気中アルコール濃度が250mcg/l までならオーケーとのことです。
ニュージーランド環境科学研究所(ESR)が定める大きな目安としては、2スタンダードドリンク※を2時間に渡って飲めば許容範囲のようです。もちろん、個人差がありますので、基本的には飲んだら乗るな、ということがよろしいかと思います。

シートベルト

運転者はもちろん、前部・後部座席の同乗者も、乗車中は常にシートベルトを着用することが義務付けられています。乳幼児や子供には規定のチャイルドシートを使用しなければなりません。

こちらの冊子の一読をおすすめします。

安全に事故を起こさないためにも交通ルールは事前に把握しておきましょう。意味の分からない英語の道路標識がでてきたらきちんと確認しておきましょう。
https://www.nzta.govt.nz/assets/resources/driving-in-nz/docs/driving-in-nz.pdf
■参考
https://www.newzealand.com/jp/feature/important-road-rules/

ガソリンの入れ方をについて

ニュージーランドでガソリンのことは、Petrol ペトロルと言うのが一般的です。
ガソリンスタンドのことは、Petrol station となりますが、だいたいのキウィは単にステーション(station) と呼んだりします。
ガソリンスタンドは基本的には、毎日営業しています。ガソリンだけでなくデイリー(コンビニ)の役割も兼ねたお店がほとんどで食べ物や雑誌、ドリンクを販売しもしています。
ニュージーランドをドライブ中、ガソリンスタンドを見つけた際は、早めの給油を心がけてください。人があまり住んでいない街にはガソリンスタンドがなく、次のガソリンスタンドを見つけるまで距離にして数十キロ以上も離れていることは珍しくありません。

ガソリンの入れ方

ニュージーランドではほとんどがセルフサービスになっています。その際のやり方をご紹介します。

1.ガソリンの種類を確認する

petrol

Unleaded 91 …レギュラーガソリンのこと。一般的には、これを選べばよいでしょう。車をレンタルする際は、念のため確認してください。ちなみにこのガソリンスタンドは、緑色(レギュラー)、赤(ハイオク)、黄色(ディーゼル)となっていました。

2、給油する料金を入力する
petrol
30ドル分給油したいなら30ドルと入力。するとその分だけのガソリンが給油できることになります。
満タンにしたい場合は、Fullというボタンを押します。この写真を撮った時は、30ドルで15.8 Liters給油できました。$1.899/per Liter
3.ノズルをあげ給油をします。
petrol
給油が終わると自動的に止まるので、元に戻して、店内へ行き支払いをします。
店内のレジで給油に使ったポンプの番号を伝えれば大丈夫です。写真は分かりづらいですが、支払いを終えて店内から出てくる様子です。

車の保険について

日本には、自動車保険の中に必ず「対人賠償保険」と言うものがありますが、ニュージーランドには、対人賠償保険がありません。
車を運転の際に事故をおこし、誰かに怪我を負わせてしまった時の治療費はいったいどうすればいいのかと不安になりますが、ニュージーランドには、ACC(The Accident Compensation Corporation)というニュージーランド公社があり、そこが保険会社と同じような役割を果たしてくれます。
このACCは国の保険制度で、ニュージーランドの国民だけでなく、ワークビザやワーホリビザ、さらには短期の旅行者の怪我を全額払ってくれたり、事故などで動けなくなった場合の生活保障もしてくれます。

※スタンダードドリンクとは?

飲酒量を純アルコールに換算して分かりやすく表示する方法です。
その基準となるのが、「standard drink(基準飲酒量またはドリンク)」で、各国で定められています。例えば、米国では1ドリンクは14gのアルコールで、これはビール小ビン1本の量です。オーストラリア、ニュージーランドは10g、デンマークは12g、英国は8gです。

■参考
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-02-001.html