ニュージー風刺絵速報 ‐うわさ‐ 5月5日(金)

昨日、5月4日の午前10時から英国のバッキンガム宮殿にて緊急の会議が開催されている、というのをニュースでされているのを知りました。

その時、ニュージーランドは、4日夜、21時でした。何についてなのか分からず、ニュージーランドでは、もしや、高齢のクイーンや夫である、フィリップ殿下が亡くなったのでは?
みたいなうわさでFacebookやテレビの報道関連などがそわそわしていました。

まぁ、そんなことがあった、翌日のカートゥーンがこちらです。




ニュージーランド

英語の説明文には、こうあります。
Global rumours say the Queen or Prince Philip is dead. Illustration / Rod Emmerson
(世界中でクイーンかフィリップ殿下が亡くなった、なんてうわさされてる。)

【(英国王室付きの)医者にコメントを求めるメディアたち。】
医者が王室に聴診器をあてて、一言。
…噂されてますけど、まだ、脈ありますから…。

今回は、本当にみたまんまです。ニュージーランドは、英国連邦の一員ですから、英国の政治経済といった情勢は、重要なことです。それと同じくらいクイーンや英国王室に対しての国民感情も敏感で好意的なものがあります。

なので、今回のバッキンガム宮殿で緊急の会議が開かれると聞いた、ニュージーランドメディアとニュージーランド人たちは、そりゃもう、ちょっとした騒ぎになりました。
『クイーンの健康が悪化?もしかして、クイーンかフィリップ殿下のどちらかが亡くなったとか?』
みたいなことで、テレビのレポーターも一般人の間でのFacebookも騒がしかったのですが、ふたを開ければ、フィリップ殿下が高齢のため、今後の公務を引退する、ということでした。

フィリップ殿下は、現在95歳ですからね。クイーンも91歳…。お体大事にしてほしいですよね…。

とにかく、誰も死んでなくてよかったです。

終わり。

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

ピックアップ記事

レンタカーの利用について

ニュージーランドで車のレンタルの仕方についてご紹介したいと思います。 海外で車の運転をするには、海外運転免許証はもちろん、日本の運転免許証…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る