女子ラグビーワールドカップ アイルランド大会まで50日を切る!

Photo by Quino Al
男子のラグビーワールドカップが2019年に日本で開催されるのはご存知の方多いと思いますが、女子のラグビーワールドカップもあるんです。
しかも、今年、2017年の8月9日からアイルランドであります。

1991年から始まった大会で、4年に一回おこなわれており、 前回大会が2014年だったので、当初なら2018年開催ですが、今年の大会から、男子のワールドカップの中間年に行われるように変更がありました。

日本女子チームは参加するの?

はい、日本の女子 ナショナルチーム、出場権ばっちり獲得しております。ちなみにチームの愛称は、”サクラフィフティーン”です。2017年アイルランド大会では、12か国のチームが参加しますがサクラフィフティーンは、フランス、アイルランド、オーストラリアと同じ予選プールC組です。
またニュージーランドの女子ナショナルチームの愛称は、 ブラック・ファーン(Black Ferns)です。ブラック・ファーンは、予選プールA組:カナダ、香港、ウェールズと同じです。その他チームの予選組み合わせはこちらへ

これまで1991年以降、7回開かれた大会の中で、ニュージーランドのブラック・ファーンが4回と最多優勝しているんですね。さすがニュージーランド、とでもいいましょうか。

海外のチームの選手には、さながら男性選手と変わらないような方もちらほら、見受けられますが、体格差を跳ね返すようなサクラフィフティーンの活躍を期待したいですね。応援しております。
下記は女子ラグビーの動画がアップされていたのでご紹介です。男子ラグビーと変わらない熱戦が繰り広げられるでしょうね。楽しみです。

【参照】
https://www.rwcwomens.com/

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

円で入金!海外専用プリペイドカード!


海外で使う現金って、どうしてますか?答えは 「MoneyT Global」入会費・年会費・口座管理手数料、カード発行手数料無料。クレジットカードではないので、入会審査いらずで誰でもカードを作ることが出来ます。

ピックアップ記事

ニュージーランドを国内長距離バス (インターシティ バス)で1人旅に出かけよう!

ニュージーランドは、長距離バスの交通網が発達しているので全国主な観光地へは、長距離バスでアクセスができ大変便利です。特に気ままにひとり旅をし…

おすすめ記事

海外旅行・ワーホリ保険

海外では、医療費の常識が日本と大きく異なります。留学・ワーホリ保険ならAIU保険がおすすめです。AIUの海外旅行保険は、各種保険プランからしっかり比較検討できます。歯科治療費用を保証するタイプもあります。
ページ上部へ戻る