オールブラックスからレッドカードが。これって珍しいことらしい。

Photo:By Glutnix
現在、ニュージーランドには、「ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ」が遠征中です。
4年に一度、イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドの代表選手から選抜された、いわば4か国のスターが一つのチームに結成されている特別なチーム。
そんなドリームチームが今年、ニュージーランドに遠征ということで、ニュージーランドはとても盛り上がっています。
といっても残り試合は、 8日を残すのみとなっています。

ここでちょっと話題となったことをご紹介します。

「ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ」、通称、ライオンズは、ニュージーランドのマオリ・オールブラックスやスーパーラグビーチームなどと期間中合計10試合をこなします。
そんな中でも、やはり、注目を浴びているのは、オールブラックスとのテストマッチです。今回の遠征では、3回のテストマッチがあります。

1回目は、6月24日のオークランドで行われたテストマッチ。ニュージーランドのオールブラックスが30-15で勝利。

2回目は、7月1日のウェリントンでのテストマッチ。オールブラックスが21-24で負けてしまいました。(ドローで終わるかな、と思いきや、後半残り時間わずかなところでオールブラックスは失点し、負けてしまいました。)

そして、最後となる3回目は、7月8日にオークランドで開催予定です。

ここで、話題になったのは、7月1日に行われた、2回目のテストマッチ。

なぜかというと、オールブラックスのソニー・ビル・ウィリアムズ(Sonny Bill Williams)選手がライオンズチームのアンソニー・ワトソン(Anthony Watson)選手に対して肩から思いっきり、ぶつかっていったから(shoulder charge)なんです。

ビデオにはっきりその様子が映っていて、見たら、「あー、これは、危ない、レッド・カードだな」といった感じです。
もちろん、即退場し、以降4週間、試合出場禁止となりました。
一応、動画はこちらに・・・。





このレッド・カードにオールブラックスファンはもちろん、メディアたちが筆者の考える以上に騒いでいました。もちろん危険な行為に対しての非難はありつつも、どちらかといえば、レッド・カードをニュージーランドのナショナルチームである、オールブラックスの一員が出してしまったことの方に動揺しているような感じでした。
というのも、これまでニュージーランドのオールブラックス史上、レッド・カードを出した人が2人しかいなかったから。1903年にオールブラックスの初の公式テストマッチが開催されて以降の100年を超える歴史を考えるとすごいことではないでしょうか。
それと同時にラグビー強豪のニュージーランドにおいて、レッド・カードが少ないということは、とても名誉なことですよね。フェアプレーの精神が徹底しているということではないかと。
(ただ、一方で単に審判に見つかってないだけだ、なんて話も聞いたことはありますが…。)

とにかく、そんな中で先日の試合でソニー・ビル・ウィリアムズ選手は、なんとも、残念な、不名誉な3人目のレッドカードを出したことなってしまいました…。

ちなみにオールブラックス史上、2度目のレッドカードを出した、コリン・ミーズ(Sir Colin Meads)選手が出場していた1957年のスコットランドとのテストマッチからおよそ50年ぶりのレッドカードになるのだそうです。

フェアプレーの精神

ラグビーは、タックルなんかで激しくぶつかり合うスポーツです。予想外のアクシデントでぶつかって、脳震盪で倒れたり、血を流す選手も見かけますし、そういったスポーツでフェアプレーの精神をもって戦う「規律・原則/discipline」が失われてしまえば、とんでもない危険なことになってしまいます。
それゆえにレッドカードの少なさというのは、選手たちの一人ひとりのフェアプレー精神があってこそなのだろうと思えます。
今回は、レッドカードでソニー・ビル・ウィリアムズ選手が退場し、オールブラックスは、一人少ない人数で14人対15人で最後まで必死に戦ったのですが、後半結局、ライオンズにポイントを許してしまいました。

負けてしまったのは残念ですが、8日のテストマッチにはライオンズに負けないように頑張ってほしいなと思います。

参照
http://www.smh.com.au/rugby-union/union-news/lions-tour-2017-sonny-bill-williams-to-miss-decider-after-red-card-20170702-gx38w1.html

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

円で入金!海外専用プリペイドカード!


海外で使う現金って、どうしてますか?答えは 「MoneyT Global」入会費・年会費・口座管理手数料、カード発行手数料無料。クレジットカードではないので、入会審査いらずで誰でもカードを作ることが出来ます。

ピックアップ記事

レンタカーの利用について

ニュージーランドで車のレンタルの仕方についてご紹介したいと思います。 海外で車の運転をするには、海外運転免許証はもちろん、日本の運転免許証…

おすすめ記事

海外旅行・ワーホリ保険

海外では、医療費の常識が日本と大きく異なります。留学・ワーホリ保険ならAIU保険がおすすめです。AIUの海外旅行保険は、各種保険プランからしっかり比較検討できます。歯科治療費用を保証するタイプもあります。
ページ上部へ戻る