ニュージーランドのスポーツチームのニックネームの由来。~ブラックとシルバーファーン~。

Photo by Mike Erskine
ニュージーランド代表のスポーツチームの名前でとても有名なのは、ラグビーの『オール・ブラックス/All Blacks』ではないでしょうか。

一方で、ラグビー以外の他のスポーツのニュージーランド代表チームの名前はというと、パッと出てこないのではないでしょうか。聞いたことがあっても、どのスポーツの代表名なのか、分からないという人もいるかもしれませんね。

かく言う私もパッと口に出せるものといえば、オールブラックスだけ。クリケットのブラックキャップス や ネットボールのシルバーファーンズは、聞いたことはあるなぁ、くらいなので、その他にどんなチーム名があるのかまとめてみることにしました。

スポーツチーム名の由来はどこから?

オールブラックスというニックネームで、ラグビー・男子ナショナルチームがそう呼ばれるようになった由来は諸説あるのですが、1905年ころの英国への遠征の際、ニュージーランド・チームの戦いぶりが全員、バックスのような戦いぶりだったことから、転じて『オール・ブラックス』と呼ばれるようになった、とか、チームのユニフォームの色に頻繁に黒色が使われていたから『オール・ブラックス』と呼ばれるようになったという説があります。

1925年ころからは、ラグビー男子代表のユニフォームは黒一色になり、ニュージーランド固有種のシダ、”シルバー・ファーン”がアクセントとして用いられるようになっています。
今では、ニュージーランドの男子ラグビーといえば、世界でも常にトップを走る強豪チーム。黒色のユニフォームとシルバーファーンをあしらったユニフォームは、強さの象徴でもあり、それをを着ることは、ラグビー界ならずニュージーランドのスポーツ界では、大変な名誉と考えられるようになっています。

そのため、ニュージーランドの国を代表するスポーツチーム名には、黒色とシルバーファーン(シダ)を表現するものが多くなっているのではないかと思います。黒色もシルバーファーンもどちらもニュージーランドのアイコニックなシンボルとして国民に広く認知されています。

各スポーツ代表チーム

オールブラックス (All Blacks) – ラグビー代表チーム

言わずと知れた、ラグビー男子のチーム名です。

ブラックファーンズ (Black Ferns)- ラグビー女子代表チーム

ラグビー女子のチーム名です。男子に劣らず、ニュージーランドの女子ラグビーも女子ラグビーワールドカップ史上最多優勝を誇るなど強豪チームです。

オールホワイツ (All Whites) – サッカー男子代表チーム

ラグビーのオールブラックスにちなんで、公募により付けられた名前。上下ともに白のユニフォーム。アウェーでは、黒のユニフォーム。
ニュージーランドでは、サッカーの人気は日本ほどにはありません。(やはり、ラグビーやクリケットの人気には敵わないです。)

フットボール・ファーンズ(Football Ferns) – サッカー女子代表チーム

ニュージーランドサッカー女子代表チーム名です。かつては、スワンズ(Swanz)という愛称でしたが、改称しています。

シルバーファーンズ (Silver Ferns) – ネットボール代表チーム

ネットボールは、特に女子に人気のスポーツです。世界的にもニュージーランドチームは、強豪として知られています。チーム名は、ニュージーランド固有種のシダ植物、シルバー・ファーンにちなんでいます。

トールブラックス (Tall Blacks) – バスケットボール代表チーム

バスケットボールの代表チーム名です。バスケットボールの選手は、皆さん背が高いですからね、”Tall”と名付けるのも納得ですね。

ブラックスティックス (Black Sticks) – ホッケー代表チーム

ホッケー(フィールドホッケー)のニュージーランド代表チーム名です。

ブラックキャップス (Black Caps) – クリケット代表チーム

クリケットのニュージーランド代表チーム名です。

ブラックソックス (Black Socks)- ソフトボール代表チーム

ソフトボールのニュージーランド代表チーム名です。

ダイヤモンドブラックス (Diamond Blacks)- 野球代表チーム

野球のニュージーランド代表チーム名です。ニュージーランド国内には、プロ野球チームはありません。代表チームはアマチュアとマイナーリーガーとで構成されています。

ブラックマジック (Black Magic)

例外ではありますが、1995年、世界最高峰のヨットレースのアメリカズカップで優勝した時の舟艇(NZL 32)がブラックマジックと呼ばれています。驚異のスピードとその舟艇の黒色のデザインから”黒い魔術師”という畏怖と称賛を込めた意味合いで呼ばれていたそう。

おわりに

どれもこれも似た名前で、個人的には結局、どれがどれだか、って感じです。(すみません。)
そういえば、ニュージーランドの国旗のデザインを変更するという国民投票が実施されたことがあるのですが、やはりそのデザインにもシルバー・ファーンが用いられていました。黒地に白抜きのシルバー・ファーンがあしらわれたデザイン案があったんですけど、その旗のデザインは、見ようによっては、ISIS(イスラム過激派組織)が用いている旗のデザインに見えてしまうと、アメリカのコメディ番組で揶揄されているのを思い出しました。結局、国旗デザインの変更はしないことになったのですが。
…あれ、何の話だっけ…。

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

円で入金!海外専用プリペイドカード!


海外で使う現金って、どうしてますか?答えは 「MoneyT Global」入会費・年会費・口座管理手数料、カード発行手数料無料。クレジットカードではないので、入会審査いらずで誰でもカードを作ることが出来ます。

ピックアップ記事

Miramer

ニュージーランドの映画史と代表作品ピックアップ

1990年代以降、急速にニュージーランドの映画産業は、注目を浴びるようになってきました。その火付け役となったのは、ご存知のとおり、ピーター・…

おすすめ記事

こんな記事も読まれています

海外旅行・ワーホリ保険

海外では、医療費の常識が日本と大きく異なります。留学・ワーホリ保険ならAIU保険がおすすめです。AIUの海外旅行保険は、各種保険プランからしっかり比較検討できます。歯科治療費用を保証するタイプもあります。
ページ上部へ戻る