ニュージーランド移民法 2017年8月28日からの改訂内容を確認。(2)~Skilled Migrant Category(永住権:技能移民カテゴリー/SMC)への改訂について~

Photo by Nafinia Putra

永住権:技能移民カテゴリー 2017年8月28日からの改訂内容について

ニュージーランドの永住権を取得するためには、投資家、起業家、パートナーシップ部門など複数カテゴリーがあって、そのカテゴリーを選んで永住権の申請を行うのですが、日本人は、永住権を取得するために技能移民カテゴリー部門からの申請をする人が多いと聞きます。
今回は、技能移民カテゴリーから永住権の申請する人にとっては、要チェックの2017年8月28日にあった移民法の改訂内容をご紹介します。
(以前2017年の4月にあった改訂内容からさらに改訂が加わって2017年8月28日に移民法が施行されました。)

永住権取得のために技能移民カテゴリーの部門から申請を考えている方の参考になれば幸いです。



永住権:技能移民カテゴリーの部門の審査方法概要

永住権取得のための技能移民部門は、2段階の審査があります。まず初めに、EOI(Expression Of Interest)とよばれる一次審査で選出されなければなりません。
その後に、移民局から本申請への案内(インヴィテーション)が届くので、それを受け取ってから第二次審査へ進むことが出来ます。

EOI(Expression Of Interest)の審査内容とは?

EOIで審査される内容は以下のようなものです。
・年齢
・学歴
・保有資格
・ニュージーランドでのジョブオファーがある、もしくは、すでに現在雇用されている
・パートナーがいるならそのパートナーの学歴、資格
などなど、多岐に渡る項目があり、そのすべてにポイントがあるので、自分の状況とEOIで必要とされる項目と照らし合わせ、自分のポイントがいくらあるのか計算します。
160点以上のポイントがあれば、EOIで選出されて2次審査に進むことができるとされています。
変更内容が反映されたポイントについて詳しくはこちらから確認できます。



2次審査の内容とは?

2次審査では、本申請への案内(インヴィテーション)が届いてから指定の期日までに、ニュージーランドのジョブオファー、学歴資格証明書、職歴証明書、英語力証明書、健康診断書、警察証明書などの必要な書類を集めて提出します。

必要な書類等、詳しくはこちらから確認するようにしてください。

ここでは、8月28日に施行された、永住権:技能移民カテゴリー(SMC)への改訂内容を見ていきたいと思います。

ざっくりいえば、年収とANZSCOのスキルレベルによる制限が設定されたこと、EOIのポイントを変更、廃止したものがあるということです。
2017年4月にアナウンスのあった時と年収による足切りは、さほど変化はないかと思いますが、よりどういったスキルを持っているのか、ANZSCOレベルで測るようになったり、EOIポイントも職歴があることや経験を積んでいるであろう働き盛りの年齢、高度な関連資格を持っている場合を重視してよりポイントを高くしているようです。

改訂内容ピックアップ

●移民局が定めた技能職種を定義する指標としてANZSCOを用いること、年収/報酬額が設定されるようになった。以下のANZSCOのレベルと2つの年収を基準としそれを満たす場合に永住権の申請ポイントが得られる。

1)自分の職業がANZSCOでいえば、スキルレベル1、2、3のどれかであり、時給が23.49ドル以上である、つまり年収は、48,859ドル以上である。※週40時間労働として換算

2)自分の職業がANZSCOでいえば、スキルレベル4もしくは5であるが、時給が35.24ドル以上である、つまり年収は、73,299ドル以上である。※週40時間労働として換算

3)年収/報酬が高い人にはボーナスポイントが付与される。時給46.98以上つまり年収にすると97,718ドル以上の場合。※週40時間労働として換算

※年収が$41,538 以下の人は、もれなくlower-skilled と見なされるので今のところ永住権の申請はできないことになります。

ANZSCOレベルというのは、Australian and new Zealand Standard Classification of Occupations (ANZSCO)にて確認します。年収/報酬だけでなく、自分の職業がANZSCOのスキルレベルのどれになるのかも必要な指標ですので、確認しておきましょう。

ANZSCOについて詳しくはこちら





【EOIのポイント変更】
●移民局がSkilled Employmentと定める技能職としての雇用状況が12か月かそれ以上の場合10ポイントが付与される。

●移民局がSkilled Employmentと定める技能職として2年以上の職歴がある場合のポイントが変更。

2年 10ポイント
4年 20ポイント
6年 30ポイント
8年 40ポイント
10年 50ポイント
※例)3年の場合は、10ポイントとして計算する。

●関連する学歴資格がレベル9もしくは10ある場合(日本の大学の修士と博士)のポイントが70ポイントに増えた。

●申請者の年齢が30歳~39歳の場合ポイントが30ポイントに増えた。

●パートナーのポイントが付与できるのは、パートナーの資格が大学の学士もしくはそれ以上(レベル9、10)、の場合とする。





【EOIのポイント付与がなくなる。】
●発展が期待される分野と非常に技術者が不足している分野における、職歴、資格についてのポイント

●ニュージーランドに親族がいる場合のポイント

変更内容が反映されたポイントについて詳しくはこちらから確認できます。

【その他】
●すべての申請者は、健康であること、ふさわしい人格を持っていること、英語力、EOIのポイント数を満たさなければならい。しかし、職歴もしくは関連する資格・学歴がない場合は、”Job search visa”に申請することが出来る。

Job search visa/ジョブ・サーチ・ビザというのは、9ヶ月のオープンワークビザで、これに申請し認可されると、その9ヶ月の間に申請者の職歴または、学歴資格といったスキルレベルが合い、ANZSCOの条件にも見合った技能職種を見つけ、3ヶ月以上就労した後に改めてSMC(技能部門)で永住権が申請出来るというもの。
ちなみにこの期間に技能職を見つけられなかった場合は、SMC部門での永住権の申請が却下されます。

●”Job search visa”の要件を満たした上でニュージーランド国外で生活している申請者は、有効期限が12か月分認められ、その間ニュージーランドを自由に行き来できる。

終わりに

今までは、ニュージーランドで職を得て、その職場で長く働いてたら技能移民部門から永住権の申請ができ、許可も下りていたところが、今後はそうはいかなくなり、職歴を積んでスキルを持っていることを年収面とANZSCOレベルで証明する必要がでてきました。
だんだん難しくなっていくようではありますが、つまりは、ニュージーランド経済の向上のための技術と経験がある人と認められれば永住権は許可されるということなので、そうなれるように前向きな姿勢で計画的に事をなしていくことが大事だと思います。


本記事において、正確であるように心がけていますが、その正確性を保証するものではありません。当サイトにある情報により何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を負えませんので、あらかじめご承知おきください。
▼参照
About this visa Skilled Migrant Category Resident Visa
https://www.immigration.govt.nz/new-zealand-visas/apply-for-a-visa/about-visa/skilled-migrant-category-resident-visa

詳細について
https://www.immigration.govt.nz/about-us/media-centre/news-notifications/smc-and-essential-skills-policy-details/skilled-migrant-details

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

円で入金!海外専用プリペイドカード!


海外で使う現金って、どうしてますか?答えは 「MoneyT Global」入会費・年会費・口座管理手数料、カード発行手数料無料。クレジットカードではないので、入会審査いらずで誰でもカードを作ることが出来ます。

ピックアップ記事

ニュージーランドを国内長距離バス (インターシティ バス)で1人旅に出かけよう!

ニュージーランドは、長距離バスの交通網が発達しているので全国主な観光地へは、長距離バスでアクセスができ大変便利です。特に気ままにひとり旅をし…

おすすめ記事

こんな記事も読まれています

海外旅行・ワーホリ保険

海外では、医療費の常識が日本と大きく異なります。留学・ワーホリ保険ならAIU保険がおすすめです。AIUの海外旅行保険は、各種保険プランからしっかり比較検討できます。歯科治療費用を保証するタイプもあります。
ページ上部へ戻る