ニュージーランド北島、サウス・ワイララパ地方が星空保護区へ申請か?!

Photo:Daniel Rood
みなさんは、夜空に広がる天の川を見たことはありますか?
筆者が日本に住んでいた頃、天の川なんて、見たこともなく、流れ星を見るくらいに、特別で、貴重なもので、簡単に見られるようなものではないだろうと思っていました。
それもそのはず、人類の約3分の1にあたる人々は、「天の川が見えない明るい夜の地域」に居住しており、ご多分に漏れず、日本人のほとんどが明るすぎる照明環境に身を置いているため天の川を見ることができないのだそうです。
夜間の人工の光が明るすぎて夜空に広がる星を見えにくくしている弊害のことを「光害」と呼ぶのですが、日本はこの光害が深刻な状況にあるようです。

ところが、ニュージーランドは、日本に比べて、夜は格段と暗く、光害の弊害が少ないため、星が夜空にくっきり、たくさん見えます。ニュージーランドの夜の暗さは夜の外出時は、怖くもありますが、星をたくさん見られるのは思いがけないことで、うれしいことでした。
ちなみに、この記事の上部にある星空の写真は、ワイララパ地方のキャッスルポイント(Castlepoint)で撮られた写真です。数えきれないほどの満点の星空とはこのことではないでしょうか。

テカポとグレートバリア島に続こう!

ニュージーランドで星空といえば、星空保護区のテカポが有名ですよね。他にもオークランドからアクセスできる、グレートバリア島が星空サンクチュアリにも認定されています。とくに都会から離れたエリアは、光害が少ないことや地理的優位性から『暗い』自然環境を活かして、観光資源として星空をアピールしています。
そういった、星空保護区として有名なテカポやグレートバリア島に追随して、光害の少ない、美しい星空を守り続けることで観光客を誘致し、経済的な恩恵にあやかろうと、新たにニュージーランドの北島のサウス・ワイララパ地方が星空保護区への申請を検討しだしたことがニュースになっていました。

ニュージーランドの北島、サウス・ワイララパ地方

ニュージーランドの北島、サウス・ワイララパ地方は、ニュージーランドの北島の中でも暗い星空が広がっているとされ、裸眼で天の川やいくつもの星座をはっきりと目にすることが出来るくらいの星空が拡がるエリアですから、星空保護区への申請を検討しだしたとしても不思議ではありません。むしろ、この星空を見られる好環境を将来にわたって維持するために、環境を保護、維持しながら観光資源として育てていくという考え方は、理にかなっているように思います。
テカポやグレートバリア島に追随して、サウス・ワイララパ地方も星空保護区に登録ができれば、地域の活性化へと期待されています。
もともと、サウス・ワイララパ地方は、ウェリントンから電車や車で1時間程度でアクセスでき、日帰り旅行に最適な距離です。
実際に週末になると、このエリアにあるワインで有名なマーティンボロー(Martinborough)やブティック・ショップやおしゃれなレストランのあるグレイタウン(Greytown)へショッピング目的でウェリントンからやって来る人が多いのですが、星空をさらにアピールすることで、子供たちや家族で楽しめるアクティビティの幅が広がり、日帰りから宿泊客が増え、地域での消費活動が増えていくことが予想できます。

星空保護区申請には、官民一丸となった取り組みが必要

そういった期待が膨らむ中、保護区への申請には多くのハードルがあることも確かです。星空保護区への申請の話がでている中、サウス・ワイララパ地方のメインの3つの町の外灯をLEDに付け替え用とする話が上がっていたそうですが、夜間の外灯を現行のランプからLEDに変えると、寿命も長くコストも抑えられますが、光害の観点からするとより弊害があることが分かっています。そのため、夜空の星空への影響を最低限に抑えたライトの選定を専門家とともに行うことになったそうです。
将来にわたってこの星空を見られる好環境を維持し、観光資源として育てていくには、この他にも色んなハードルがあるため、官民力を合わせた取り組みが必要で、今後、星空保護区の認定に向けて、パブリック・ミーティングや議会でのミーテイングを重ねていくようです。

終わりに

ウェリントンをベースに活動する星空をメインとした写真家のマーク・ギー(Mark Gee)による、素晴らしい星空の動画があるのでご紹介しておきます。こちらは、ケープ・パリサーという、サウス・ワイララパ地方では有名な灯台の一つでここで撮られた、日の出から日の入りまでを記録した動画です。
オークランドやウェリントンといった大都市を除けば、背の高い建物も少ないので、テカポやグレートバリア島やサウス・ワイララパ地方に限らずとも、きれいな星がたくさん見える場所はたくさんあります。
ニュージーランドへ旅行に訪れた際は、是非とも夜空を見上げてみてくださいね。

Sunset To Sunrise – Cape Palliser, New Zealand from Mark Gee on Vimeo.

▼参照
https://www.stuff.co.nz/travel/97525796/dark-sky-reserve-proposed-for-south-wairarapa
http://idatokyo.org/

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

円で入金!海外専用プリペイドカード!


海外で使う現金って、どうしてますか?答えは 「MoneyT Global」入会費・年会費・口座管理手数料、カード発行手数料無料。クレジットカードではないので、入会審査いらずで誰でもカードを作ることが出来ます。

ピックアップ記事

ニュージーランドを国内長距離バス (インターシティ バス)で1人旅に出かけよう!

ニュージーランドは、長距離バスの交通網が発達しているので全国主な観光地へは、長距離バスでアクセスができ大変便利です。特に気ままにひとり旅をし…

おすすめ記事

海外旅行・ワーホリ保険

海外では、医療費の常識が日本と大きく異なります。留学・ワーホリ保険ならAIU保険がおすすめです。AIUの海外旅行保険は、各種保険プランからしっかり比較検討できます。歯科治療費用を保証するタイプもあります。
ページ上部へ戻る