ニュージーランドの電圧とプラグ

light

ニュージーランドの電圧は230 / 240 Vで周波数は50Hz。日本(100V)とは違うので、日本から電化製品を持ってきてもそのままでは使えないものが多く、対応していない電化製品を持ってきて、変圧器を通さずに誤って差し込んでしまうと壊れてしまいます。

日本の電化製品を使用する場合は、その製品の電圧範囲を調べて100v~240vまで対応しているようであれば使用できますが、それに対応していなければ変圧器を用意する必要があります。コンセントプラグの形は違うのでO型変換プラグは常に必要です。 >>O型コンセントプラグをみる

コンセントプラグ

plug
ニュージーランドのコンセントプラグはハの字型で、O型タイプになります。日本で販売されている変換プラグはハの字2つ穴用のものが一般的ですが現地では3 つ穴が開いています。下の穴はアース用なので2つ穴のものを購入しても問題はありません。写真右側の赤いランプがついている方がスイッチを入れた状態です。

変圧器は必要?

基本的な生活を送る分には、必要ないでしょう。(O型変換プラグは、必要)。ですが、ニュージーランドにはない電化製品を持ち込んで使用したいと考えているならば、変圧器は持って行った方がよいかもしれません。ただ、 変圧器は使用する電化製品に合ったワット数のものが必要ですので事前によく調べておきましょう。

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

円で入金!海外専用プリペイドカード!


海外で使う現金って、どうしてますか?答えは 「MoneyT Global」入会費・年会費・口座管理手数料、カード発行手数料無料。クレジットカードではないので、入会審査いらずで誰でもカードを作ることが出来ます。

ピックアップ記事

レンタカーの利用について

ニュージーランドで車のレンタルの仕方についてご紹介したいと思います。 海外で車の運転をするには、海外運転免許証はもちろん、日本の運転免許証…

おすすめ記事

こんな記事も読まれています

海外旅行・ワーホリ保険

海外では、医療費の常識が日本と大きく異なります。留学・ワーホリ保険ならAIU保険がおすすめです。AIUの海外旅行保険は、各種保険プランからしっかり比較検討できます。歯科治療費用を保証するタイプもあります。
ページ上部へ戻る