ニュージーランドのオールブラックスの監督 ビスケットのCMに起用される。

Photo by Dmytro Ostapenko
2019年に日本で開かれるワールドラグビーですが、各試合の開催会場も決まり、どの試合を見に行こうかとわくわくしだしている人もいるのではないでしょうか。


ニュージーランドは、基本的に年中、ラグビーの話題で盛り上がっていますが、特にテストマッチ、海外のチームとの国際試合は熱が入るゲームの一つです。

国際大会で戦うためにニュージーランド代表として選出された選手たちで構成されるチームは、オールブラックスという愛称で親しまれており、ニュージーランドでプレイするラグビー選手にとって、このオールブラックスのメンバーに選ばれることは非常に名誉なこととされています。
今回は、そのニュージーランド ラグビーの最高峰に位置する選手たちを率いるヘッド・コーチ(H・C/監督)についてご紹介をしたいと思います。

90%の勝率を誇る、名将:スティーブ・ハンセン監督

ラグビー好きの方ならニュージーランドのH・Cがだれかなんて、既にご存知でしょうね。
オールブラックスのH・Cは、南島ダニーデン出身のスティーブ・ハンセン氏です。2011年末頃から、ニュージーランドのオールブラックスのH・Cを務めています。
このスティーブ・ハンセン監督は、ワールドラグビー年間最優秀監督賞などを獲るなど名将としても知られています。
ただ、意外なことに現役時代にオールブラックスに選出されたことはなく、競技生活よりも指導者としてのキャリアが長いそうです。
(それに監督業をメインにする前は、警察官として働いていた経歴もお持ちです。)

かつて、ラグビーワールドカップ2011で24年ぶりにニュージーランド代表が優勝したときは、アシスタント・コーチでしたが、2015年のワールドラグビーで2連覇を果たした時には、H・Cとしてオールブラックスを率いています。リッチー・マコウ選手と一緒に写っている下の写真は、2015年ワールドカップ優勝時の凱旋パレードのものと思われます。
untitled-25.jpg
彼のすごいところは、H・Cとして就任してからテストマッチでの勝率は、90%超えというもので、その成果が評価され、当初は、H・Cとして2017年までの契約でしたが2年延ばされ、2019年までとなっています。
日本で開催されるワールドラグビーの3連覇を見越してのことに違いありません。

お菓子のCMに出演。ニュージーランド人も驚きの内容。

この名将と言われる、スティーブ・ハンセンH・Cは、常に沈着冷静です。試合に勝ったインタビューでも喜びをあらわにした表情はめったに見せません。むしろ、常に仏頂面、むすっとしたような、機嫌が悪そうに見えてしまうような人です。

何とも堅物なイメージが付きまとう監督ですが、それを覆すようなユニークなテレビCMに出たことで一時、話題になっていました。

そのCMは、オーストラリアの有名な製菓会社『Arnott’s Biscuits』のものです。
アーノッツ・ビスケットは、ニュージーランドでも人気でスーパーでよく見かける、誰もが知る製菓会社です。Tim Tam(ティム・タム)のチョコ菓子を作っている会社といえば分かりやすいかもしれませんね。

しかも、CMだけでなく、ショート・ムービーにまでも起用されており、ちょうど11月にそれがリリースされました。






なんのこっちゃ、というストーリーですが、あの堅物の監督が真面目に演じているというのも面白いですし、ところどころにニュージーランドの観光地やアイコニックなものが登場していたり、出演キャストも豪華で見ていて面白いのは間違いありません。
ニュージーランドのラグビーのH・C、スティーブ・ハンセン氏の意外な面を見てみたい方、時間のある方はご覧になってはいかがでしょうか。ショート・ムービーについて、詳しくはアーノッツのWEBサイトをどうぞ。

▼参照
http://www.nzherald.co.nz/entertainment/news/article.cfm?c_id=1501119&objectid=11903437

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

円で入金!海外専用プリペイドカード!


海外で使う現金って、どうしてますか?答えは 「MoneyT Global」入会費・年会費・口座管理手数料、カード発行手数料無料。クレジットカードではないので、入会審査いらずで誰でもカードを作ることが出来ます。

ピックアップ記事

Miramer

ニュージーランドの映画史と代表作品ピックアップ

1990年代以降、急速にニュージーランドの映画産業は、注目を浴びるようになってきました。その火付け役となったのは、ご存知のとおり、ピーター・…

おすすめ記事

こんな記事も読まれています

海外旅行・ワーホリ保険

海外では、医療費の常識が日本と大きく異なります。留学・ワーホリ保険ならAIU保険がおすすめです。AIUの海外旅行保険は、各種保険プランからしっかり比較検討できます。歯科治療費用を保証するタイプもあります。
ページ上部へ戻る