せっかく育った果物、野菜を無駄にしない!フード・シェア・マップで旬の果物、野菜を手に入れよう。

Photo by Correen
ニュージーランドの全国で、無料でフルーツや野菜を貰えるところが一目でわかるマップが公開されました。公共エリアにあるガーデンや歩道などで採れる、ブラックベリー、グレープ、ピーチといった夏に実を付ける果物やハーブ、や野菜など、無料で貰えるところがマップに載っています。その名も、『The New Zealand Fruit and Food Share Map』です。


ニュージーランド滞在中、もし、食べ物に困ったら…とまでは言い過ぎかもしれませんが、タダでもらえるなら是非もらっておこうではないか、という方は、ぜひ、このマップを片手にフリー・フード巡りはいかがでしょうか。

このマップには、ニュージーランド全国の情報が載っています。地図上にある、ピンをクリックすると、いつ頃がシーズンで、獲れる場所はどこかといった、説明が表示されます。

ニュージーランドの家庭でレモンやグレープフルーツを自分の家の庭で育てているのは珍しくありません。ご近所同士で分け合ったり、ファーマーズ・マーケットに出したりするのはごく普通にあることですが、中には、毎年、こんなにたくさん、さばききれない、食べきれないという人もいます。
やがて、食べきれない果実、野菜は、グリーン・ウェイスト(緑のごみ)として廃棄されることになります。

昨今、特に先進国では、スーパーやレストランはもちろん、一般家庭から食品廃棄の削減が声高に言われるようになっていますよね。
そういった食の廃棄問題に関する思いの一つとして、この『The New Zealand Fruit and Food Share Map』という誰でも書き込めるインタラクティブなツールとなり、これを通して、ともすれば、グリーン・ウェイストになるかもしれない、野菜や果物を持っている側とそれらを必要とする人とを繋ぐことで、無駄をなくます。

お住いの近くにフリー・フードのシェアスポットがあるならぜひ、訪れてみてはいかがでしょうか。

▼参照
www.newshub.co.nz/home/new-zealand/2017/11/new-map-shows-new-zealand-s-secret-free-food.html

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

円で入金!海外専用プリペイドカード!


海外で使う現金って、どうしてますか?答えは 「MoneyT Global」入会費・年会費・口座管理手数料、カード発行手数料無料。クレジットカードではないので、入会審査いらずで誰でもカードを作ることが出来ます。

ピックアップ記事

レンタカーの利用について

ニュージーランドで車のレンタルの仕方についてご紹介したいと思います。 海外で車の運転をするには、海外運転免許証はもちろん、日本の運転免許証…

おすすめ記事

こんな記事も読まれています

海外旅行・ワーホリ保険

海外では、医療費の常識が日本と大きく異なります。留学・ワーホリ保険ならAIU保険がおすすめです。AIUの海外旅行保険は、各種保険プランからしっかり比較検討できます。歯科治療費用を保証するタイプもあります。
ページ上部へ戻る