12月のニュージーランドはクリスマス モード。個人宅のクリスマス・ライト・アップも賑やか。

Photo by Marina Khrapova
2017年、早くも12月に入りましたね。日本は、だいぶ寒くなってきているのではないでしょうか?
打って変わってニュージーランドは、すっかり真夏の天候が続いています。
どうやら2017年のニュージーランドの夏は、蒸し暑い夏となるような予報が出ています。また渇水の恐れがあるので水を無駄遣いしないよう、特にスプリンクラーを使って庭の水やりをすることは、カウンシルから制限するよう発表されたりしています。

それはさておき、12月のニュージーランドといえば、クリスマスモード全開です。

クリスマスといえばイルミネーション

クリスマスが近づくと街の各所に大きなクリスマスツリーが出現しますよね。
そして、夜になるとライトアップされたりしてとてもきれいです。
日本のクリスマスのイルミネーションといえば、個人的には神戸のルミナリエが浮かびます。一度だけ見に行ったことがあるのですが、圧巻だったのを思い出します。
ちなみに2017年も開催されるそうですよ。

ニュージーランドで著名なイルミネーションは?

…残念ながら、神戸のルミナリエのような規模も大きく、クオリティの高いクリスマスのイルミネーションを見られるようなところは、筆者はまだ知りません。
ただ、ルミナリエほどでは、ないけれど、クリスマスのライトアップをしているところは、いろいろあります。市や町が主体となって行う、クリスマス・ライト・アップはもちろん、自分の家をきらびやかにライトアップする家庭も少なくありません。むしろ、個人宅での力の入れようの方がすごいんじゃないか、と思われるところもあります。

昨年、実際に公開している家庭のクリスマス・ライト・アップを見てきましたが、ご近所の人がぞろぞろと家の中や庭、壁一面にライトアップされているのを見学していました。(訪問客に家の中も外も公開しているところがあります。)

下記のマップは、ウェリントンのクリスマス時期にライトアップされる家庭をマッピングしているものです。

ニュージーランド全体でクリスマスのライトアップをしている場所を探すには、こちらのLight Up Christmasがいいかもしれません。

ニュージーランド全国を対象にクリスマス・ライト・アップの場所が記されています。近所にあれば、散歩がてら見に行ってみるのもいいですね。

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

円で入金!海外専用プリペイドカード!


海外で使う現金って、どうしてますか?答えは 「MoneyT Global」入会費・年会費・口座管理手数料、カード発行手数料無料。クレジットカードではないので、入会審査いらずで誰でもカードを作ることが出来ます。

ピックアップ記事

ニュージーランドを国内長距離バス (インターシティ バス)で1人旅に出かけよう!

ニュージーランドは、長距離バスの交通網が発達しているので全国主な観光地へは、長距離バスでアクセスができ大変便利です。特に気ままにひとり旅をし…

おすすめ記事

海外旅行・ワーホリ保険

海外では、医療費の常識が日本と大きく異なります。留学・ワーホリ保険ならAIU保険がおすすめです。AIUの海外旅行保険は、各種保険プランからしっかり比較検討できます。歯科治療費用を保証するタイプもあります。
ページ上部へ戻る