2017年のニュージーランドの夏は暑い。

Photo by Ethan Robertson
ニュージーランドは、12月に入り、夏に突入しています。
12月になって急に夏らしくなったというか、暑い晴天の日が続いており、特にこの数日は、ニュージーランドの夏らしい、強い日差しとカラッとしています。

今年、2017年のニュージーランドの夏は例年より暑いそう。

ニュージーランドは、一日のうちに四季があると言われるように、夏でも、朝晩はひんやりしているんですが、日中は、本当に暑いです。
天気予報によれば、例年に比べて暖かい夏になりそうということで、もっといえば、北島は、蒸し暑いと感じる夏になるかもしれないそうです。

南島のクライストチャーチでは、ここ46日ほど連続して雨が降っておらず、ウェリントンでは、26日間、雨が降っていません。干ばつの心配が出ているくらい、晴天続き。
ホリデー・シーズンに入るのでうれしいのですが、あまり雨が降らないのも心配です。

もしかしたら、ラニーニャ現象も?

ラニーニャ現象というものが時折、発生する可能性があるそうです。ラニーニャ現象について、詳しくはこちら気象庁をご覧になっていただきたいのですが、ざっくりいうと、南米ペルー沖の西から太平洋の中心部の海域で海水温が平年よりも下降する現象のことで、周辺海域だけにとどまらず世界各地の気候変動に影響があるそうです。

ラニーニャ現象が発生すると、気温が上がったり、下がったり降雨量が増減するなどの影響がみられるそうです。このラニーニャ現象がこの夏起こった場合、ニュージーランド国内で、大雨に繋がる可能性やサイクロンが上陸する可能性が考えられるそう。
日本では、冬の寒さがかなり厳しくなるかもしれないそうですよ。

(ちなみに、ラニーニャ現象と似た言葉に、エルニーニョ現象というのもありますが、これは、南米ペルー沖の海水温が平年よりも上昇する現象だそうです。海水温が低いか高いかの違いで名前が分けられているようです。)

雨のない干ばつもつらいですが、雨が降りすぎるとまた被害が予想されるので悩ましい…。

2017年4月には、エッジカム(Edgecumbe)というところの大きな洪水、浸水被害があり、ほぼ町全部が浸水して、空撮で撮られた写真では、茶色の泥水の中に町が家が浮かんでいるかのような惨状でした。他にも7月には、ダニーデン(Dunedin)とクライストチャーチ(Christchurch)でも大きな洪水、浸水被害がありました。
オアマル(Oamaru)でも大きなストームが突撃して、最高雨量も過去最高を更新するなどひどいものでした。

2017年は、ニュージーランドだけでなく、世界的にも見て、大きな自然災害が起こっていたように思います。天候は人間が操作できるものではないので、自然の猛威の前には、どうすることもできない無力なところはありますが、根本的な部分、自然災害を招く原因を作っているのは、人間による環境破壊が原因ですよね。それを考えると複雑な気分になります。自業自得と言われればそれまでのような…。
少しでも災害を減らすためには、自然環境保護に対する、一人一人の意識改革を行うしかないですよね。

小さなことでも、面倒でもやるとやらないでは大違い、ということで、我が家では節水のためにシャワーの時間を短くし、シャワーの水は溜めて、家庭菜園用の水やりに使ってます。個人的にはシャワー自体が、水の垂れ流しをしているので好きではなく、浴槽にお湯を溜めて使いたいのですが、ニュージーランドでは、浴槽にお湯を溜めること自体が難しいんですよね。
大概の家庭では、電気で沸かしたお湯をタンクに用意しており、お湯はそのタンクから少しずつ使うという家庭がほとんどです。
そのため、浴槽にお湯を入れてしまうと、タンクに溜めたお湯がほとんどなくなって、またお湯がタンクに溜まるまで数時間は待たなければいけないという、なんともやっかいな事が起こります。
余談ですが、大体の家庭で、ドラム缶1つかそこらの大きさのタンクですので、初めに使う人はいいけど、3人目になるとお湯が出てこなくて、水でシャワーを浴びることになるという、悲劇もたまに起こります。筆者もフラット生活で体験済。(数人でフラット生活する場合は、誰よりも早くシャワーを浴びることをお勧めします。)
とまぁ、水に関する節水の仕方は、日本と同じようにはできないけれど、自分なりにできることをしていきます。他にも地域のごみ拾いや植林プロジェクトに参加したり、始めていきたいと思っています。

▼参照
https://www.nzherald.co.nz/national-video/news/video.cfm?c_id=1503075&gal_cid=1503075&gallery_id=185645
www.newshub.co.nz/home/new-zealand/2017/12/early-summer-weather-to-continue-for-much-of-new-zealand.html

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

ピックアップ記事

偽物のマヌカハニーをつかまされないように気を付けること

Photo by Massimiliano Latella ニュージーランドならではのお土産として必ずと言っていいほど選ばれるニュージーラ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る