ニュージーランドダイアリー

ニュージーランドの現地ニュースや旅行やビザに関する情報まで色々発信しています。

スポンサーリンク

ニュージーランドの国内の主要国道の制限速度が110キロへ

交通情報

Photo by Jakob Owens
ニュージーランドの国内の主要道路で最高速度が時速110キロになります。
まず始まったのは、北島にある2つの道路。タウランガ・イースタン・リンク(Tauranga Eastern Link toll road/ 国道2号線:SH2 )とワイカト・エクスプレスウェイ(Waikato Expressway/ 国道一号線:SH1 )の一部です。
2017年の11月には発表されていて、試験期間を終え、先日、12月11日(月)から正式に始まっています。

タウランガ・イースタン・リンク

ニュージーランドの国内の主要道路で最高速度が時速110キロになります。タウランガ・イースタン・リンク。
Papamoa(パパモア)近くのインターチェンジとPaengaroa(パエンガロア)の間

ワイカト・エクスプレスウェイ

ニュージーランドの国内の主要道路で最高速度が時速110キロになります。ワイカト・エクスプレスウェイ。
南ケンブリッジとタマヘレ インターチェンジの間
(Cambridge Southern and Tamahere interchanges)

両方向とも2車線以上あり、中央分離帯を有し、交差点などもなく、急なカーブもないといった、極めて安全とされる道路を対象にしています。

最高速度の変更によって、移動時間は短縮されるでしょうが、事故が起こった時か気がかりです。
制限速度が上がったことで事故が増えると関連付けはまだできないとは思いますが、単純にスピードが上がると事故が起こった時の衝撃も大きくなるので心配です…。
車の運転者の方々には、天候や道路状況に合わせて制限速度はぜひ、調整してほしいと思います。

▼参照
https://www.nzta.govt.nz/media-releases/new-speed-limits-for-tauranga-eastern-link-and-cambridge-section-of-waikato-expressway/