2017年夏:シーズン3『POP UP GLOBE』(ポップアップグローブ)

By The Globe Theatre, Panorama Innenraum, London

2016年の2月にオークランドに初登場した『POP UP GLOBE』(ポップアップグローブ)。
ウィリアム・シェイクスピアの戯曲が数多く初演された劇場として有名なロンドンにあったGlobe Theatre(グローブ座)をオークランドに復元、シェイクスピアの戯曲を上演したもので、100,000枚のチケットを完売したスマッシュヒットとなったイベントです。
3回目となる、ポップアップ・グローブの2017年サマー・バージョンでは、『真夏の夜の夢』 (A Midsummer Night’s Dream)、『ヴェニスの商人』(The Merchant of Venice)、『マクベス』(Macbeth)、『間違いの喜劇』(The Comedy of Errors)、『ジュリアス・シーザー』(Julius Caesar)らが新しく上演されます。
ショーがスタートした初日、12月7日に公演された『真夏の夜の夢』では、新しい試みとして、マオリ族の要素(ダンス、衣装、マオリ語)が織り込まれていました。これまでとは違ったニュージーランドならではといえる、趣向を凝らされた演劇に仕上がっていました。
2017年夏バージョンは、ポップアップ・グローブがニュージーランドで始まって、3回目ということですがマンネリ感もなく、新しい公演内容にもなっていますので、前回、前々回と足を運んだ方でも新たに楽しめそうです。

期間:2017年12月7日~2018年3月
場所:Pop-up Globe Theatre, The Shakespeare Gardens, Ellerslie Racecourse, 80 Ascot Avenue, Ellerslie, Auckland
チケット詳細はEventfindaをご覧ください。
WEBサイト:https://popupglobe.co.nz/

▼参照
https://www.tvnz.co.nz/one-news/new-zealand/adds-something-new-shakespeare-comedy-gets-maori-face-lift-aucklands-pop-up-globe-v1

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

ピックアップ記事

Miramer

ニュージーランドの映画史と代表作品ピックアップ

1990年代以降、急速にニュージーランドの映画産業は、注目を浴びるようになってきました。その火付け役となったのは、ご存知のとおり、ピーター・…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る