ニュージーランドで増えている、フレキシテリアン。

Photo by Natalie Walters
フレキシテリアン(flexitarian)ってご存知ですか?
フレキシタリアンとは、flexible (柔軟、しなやか、融通が利く)という単語と vegetarian (菜食主義)を混ぜ合わせた語なんですが、どうやらニュージーランドでは、このフレキシテリアンが増えてきているらしいです。

フレキシテリアン(flexitarian)とは?

フレキシテリアン(flexitarian)とは、緩やかな菜食主義、つまり、普段は、肉を食べない菜食主義でありながら、たまには、肉類を食べることもあるという人たちをそう呼ぶのだそうです。

近年、ベジタリアン、ビーガンという言葉が一般的に聞かれるようになったり、実際にそれを実践している人がいるとはいえ、やはりまだまだ、主流ではなく、レストランやフードトラックで販売されるものは、肉類を主に使ったメニューが多いのが現状です。
そんな中でフレキシテリアンの人はどうしているかというと、基本的には、ベジタリアンだけど、外食の機会があった時やパーティーなんかで、仕方なく”妥協”して肉類を食べたりすることやちょっとした”ご褒美”と捉えるやり方でベジタリアンでありながら肉食採ることもありと考えています。まさに、”フレキシブル/柔軟”な考え方で、時と場合によって対応している感じです。

ベジタリアンやビーガンの考え方に共感したとしても、生活スタイルをすぐにその考え方に合わせられるかというと、難しいと考えてしまうことも多いと思いますが、フレキシテリアンの考え方ならとっつきやすいかもしれませんね。
週7でとっていた肉食を週5日に変えてみるなど、とにかく、肉食の回数を減らし、菜食の機会を増やせば、それは、立派なフレキシテリアンと呼ぶことが出来ます。
(ビーガン/veganは、完全にベジタリアンの人。動物性食品を避け、卵や乳製品、動物由来の調味料といった食品の摂取もしない主義の人。)

おすすめベジタリアン・ファストフード店

オークランドにある、 Lord Of The Fries (ロード・オブ・ザ・フライズ) は、ベジタリアン・ファストフードのフライドポテトやバーガー等を提供するお店です。
オークランドにある、 Lord Of The Fries (ロード・オブ・ザ・フライズ) は、ベジタリアン・ファストフードのフライドポテトとバーガーを提供するお店です。見た目は、普通のバーガーに見えるんですが、食材は、ベジタリアン、ビーガン用に作られており、メニューがとても充実しています。

肉類の代替食材で作られたベジタリアン向け、ビーガン向けの料理は、味が劣るものと思われがちですが、特にベジタリアンというわけではないけれど、訪れたお客の中には、実際にベジタリアン・バーガーを食べてみたら、予想以上に美味しくて驚いている人も多いと言います。
オークランドに2店舗ありますのでぜひ、訪れてみてはいかがでしょうか。
WEBサイト:http://www.lordofthefries.co.nz

【Queen Street】
1 Queen St, Auckland, 1010,
New Zealand
+64 22 390 9662

【Uptown】
1 Shop 2, St Kevins Arcade,
183 Karangahape Road, Auckland
+64 22 390 9668

UKでもフレキシテリアンは増えている。

UKでもフレキシテリアンは増えているそうで、ビーガン・フードフェスティバルといったイベントがあれば、多くの人が関心をもって訪れているそうです。
UKの老舗スーパー、マークス&スペンサー(Marks & Spencer)の商品開発担当者は、明らかに人々の食への意識が変わっているといい、特に消費者の購買傾向に合わせて、今年のクリスマス向けには、これまでで最もベジタリアン向けの商品を多く扱っているそうです。

UKのトレンドは確実にニュージーランドに入ってきますので、今後、ニュージーランドのスーパーマーケットでも多くのベジタリアン、ビーガン向けの食品が増えそうです。
そうなれば、普段家庭では、基本的に、ベジタリアンだけど外食などシチュエーションによって肉類も摂取する、というスタイルは、今後さらにニュージーランドに広がっていくことは不思議ではないですね。

▼参照
https://www.newshub.co.nz/home/new-zealand/2017/12/flexitarians-on-the-rise-in-new-zealand.html

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

円で入金!海外専用プリペイドカード!


海外で使う現金って、どうしてますか?答えは 「MoneyT Global」入会費・年会費・口座管理手数料、カード発行手数料無料。クレジットカードではないので、入会審査いらずで誰でもカードを作ることが出来ます。

ピックアップ記事

レンタカーの利用について

ニュージーランドで車のレンタルの仕方についてご紹介したいと思います。 海外で車の運転をするには、海外運転免許証はもちろん、日本の運転免許証…

おすすめ記事

海外旅行・ワーホリ保険

海外では、医療費の常識が日本と大きく異なります。留学・ワーホリ保険ならAIU保険がおすすめです。AIUの海外旅行保険は、各種保険プランからしっかり比較検討できます。歯科治療費用を保証するタイプもあります。
ページ上部へ戻る