9時間耐久の羊の毛刈りにチャレンジした女性。新記録を打ち立てる。

Photo by Ardiss Hutaff

ニュージーランドといえば羊のイメージが強くある人が多いのではないでしょうか。ニュージーランドの羊の数は、1982年が最盛期でこの頃、7000万頭いたそうですが、現在では、羊よりも牛を家畜としている人が多くなってきており、羊の数は下落し続け、2017年度の調査では、ニュージーランドには、2,700万頭ほどとされています。

それでもニュージーランドの羊産業は、基幹産業としてニュージーランド経済を支えています。

ちなみに、2014年のデータでは、日本の羊は、1万3300頭だそうです。

羊には無駄なところがない。

ニュージーランドの羊産業。ウールから作られる衣服は暖かく特にメリノ種のウールは世界的にも有名。
Photo by Ambitious Creative Co. – Rick Barrett
羊の主な利用対象は羊毛(ウール)ですが、他にも食肉部分はもちろん、羊乳、羊毛、ラノリン、皮、と余すことなく利用が出来ます。※ラノリンは、羊毛からとれる精製を生成したもので、化粧品、クリームの原料に使われます。

その中でもウールから作られる衣服は暖かく特にメリノ種のウールは世界的にも有名です。

どんなにテクノロジーが進んでも毛刈りは手作業。

羊は年に1回~2回程度毛刈りを行うそうで、このウールを羊から刈り取る作業はとても大変な作業です。
どんなにテクノロジーが進んでも、ウールを刈り取る道具がハサミからシェーバーに変わったくらいで相変わらず刈り取る作業は人間による手作業です。
ニュージーランドの牧場でも毛刈り体験ができるところがありますから毛刈りの様子はご覧になった方多いかもしれませんね。

毎年、毛刈りの早さ、正確さなどを競うイベントもあり、そこで繰り広げられる熟練した技をもった作業者によって、あっという間に羊が刈り上げていく様は楽しい光景でもあり、羊がなすがままにされている様子はちょっとおかしくもあります。
が、当の作業者たちはとんでもなく大変な思いをされているそう。
作業場は、暑くて、羊も重く、動き回って反発するのを抑えて作業するのは相当な力が必要なのは想像にたやすいですよね。

ギャングの仕事?!

羊の毛刈りは、必ずしも羊を育てているファーマー達が行っているというわけではなく、毛刈りを職業として行う人たちがいます。ファーマーたち自ら行う作業の一つかと思い込んでいましたが、そうではないんですね。

毛刈りを専門として行うだけでなく、毛刈りの後は、刈り取った羊毛を作業台の上に広げて選別を行い、選別した羊毛をクオリティごとに分けてコンテナに圧縮し、倉庫へと運びます。

この一連の作業を行う、技術者、職人たちがいて、彼らが毛刈りの時期になるとニュージーランドのいろんなところへ出向いていって作業を行っているのだそうです。

このグループのことを”Shearing gang/シェアリング・ギャング”と呼んだりするそうです。もちろん、本当のギャングではないですよ。
羊の毛刈りを行っている人たちに特集を組んだテレビ番組があって、そのタイトルが”シェアリング・ギャング”だったためその呼び方が広がったのではないかと思います。

シェアリング・ギャングの仕事は、ニュージーランドでは、羊が減少していることもあって、海外のオーストラリアやイギリスなどにも出向いているそうです。

ニュージーランドの女性が新記録樹立

先日、ニュージーランドの北島に住む、毛刈り職人、Te Huia(テ・フイア)さんがメスの羊(ewes)を一人で9時間かけて刈り上げるチャレンジに挑戦し、452頭分刈り上げる世界記録を樹立したそうです。

朝5時からスタートして、ランチ休憩をはさむまでには、300頭をかりあげるという、かなりのスピードです…。
メスの羊は、それぞ約70㎏ほどの重さがあり、刈り上げるのも並大抵の作業ではありません。しかも一人で9時間延々と…。気が遠くなりそうな話ですよね…。

実は、1983年に522頭のメス羊を刈り上げた女性の記録があるのですが、毛刈りに関するルールが変更される以前の記録なので新ルールの適用された現在では、Te Huia(テ・フイア)さんが世界記録の保持者ということになっています。Te Huia(テ・フイア)さんは、他にも誰か挑戦者が現れることを待っているそうです。
9時間延々、毛刈り…。挑戦者現れるでしょうか…。

▼参照
https://www.radionz.co.nz/news/country/322746/nz’s-sheep-numbers-shorn
http://www.newshub.co.nz/home/new-zealand/2018/01/kiwi-woman-shears-her-way-to-world-record.html

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

円で入金!海外専用プリペイドカード!


海外で使う現金って、どうしてますか?答えは 「MoneyT Global」入会費・年会費・口座管理手数料、カード発行手数料無料。クレジットカードではないので、入会審査いらずで誰でもカードを作ることが出来ます。

ピックアップ記事

Miramer

ニュージーランドの映画史と代表作品ピックアップ

1990年代以降、急速にニュージーランドの映画産業は、注目を浴びるようになってきました。その火付け役となったのは、ご存知のとおり、ピーター・…

おすすめ記事

こんな記事も読まれています

海外旅行・ワーホリ保険

海外では、医療費の常識が日本と大きく異なります。留学・ワーホリ保険ならAIU保険がおすすめです。AIUの海外旅行保険は、各種保険プランからしっかり比較検討できます。歯科治療費用を保証するタイプもあります。
ページ上部へ戻る