Whittaker’s (ウィッタカーズ )チョコレートについて

ニュージーランドには大手チョコレートメーカーが2社あります。一つはCadbury社(カドバリー)、そしてもう一つがWhittaker’s社(ウィッタカーズ)です。カドバリー社はダニーデン、ウィッタカーズ社はウェリントンの近くのポリルアというところにあります。
ニュージーランドの板チョコレートといえば、その大きさ、分厚さにカルチャーショックをうけること間違いありません。日本のメーカーで、一般的な板チョコは、60グラム程度ですが、ウィッタカーズやカドバリー社の板チョコレート(Blocks)は、何と250グラム!チョコレート好きにはたまらない重量です!今回は、ニュージーランドで人気のチョコレートウィッタカーズ(Whittaker’s)をご紹介したいと思います。

Whittaker’sの歴史

創業者は、James Henry Whittaker(ジョン・ヘンリー・ウィッタカー)、彼は、14歳のころイングランドの菓子製造業で働いていたことをきっかけに、ニュージーランドのクライストチャーチに移り住んでから、彼のオリジナルのチョコレートを作り出し、自分で馬やVan(トラック)を使っては販売を始めました。1896年にウェリントンに移り、やがて彼の2人の息子のロナルドとジェームスが経営に参加するようになり、J.H. Whittaker and Sons.という社名になりました。現在でも3代に渡って家族経営が続いています。
“血は水よりも濃く、そしてチョコレートは血よりも濃い”とは、ウィッタカーズ家で言われている言葉だそうです。チョコレートにかける情熱を感じますね。
1896年の設立後、長い期間をかけて様々な製品を作り出し、彼らがキウィの生活には切っても切り離せない食文化の一端を担っていることは間違いありません。

Whittaker’sの代表的商品の一部をご紹介

Whittaker’sからは、定番のブロックチョコレートからミルクドリンク、アイスクリームなど多岐にわたる商品が販売されています。中でも代表的なものを少しですがピックアップしました。

ブロックチョコレート

blocks
代表的なミルクチョコレートからダークチョコ、ホーキーポーキー、L&P(エル&ピー)とのコラボチョコなどさまざまなフレイバーチョコがあります。

キウィチョコレート

kiwi-chocolate
Whittaker’sから出ているイースター用のチョコレートです。Easterの時期になるとウサギや卵の形をしたチョコレートが一斉にスーパーに並びますが、Whittaker’sからは、キウイの姿をしたチョコレートなんですね。

Lewis Road Chocolate Milk

milk-chocolate
Lewis Road Creamery とWhittaker’sとのコラボ商品。このチョコレートミルクが発売された当初は、すさまじい人気ですぐに売れ切れ続出でめったに手に入れることができない希少なミルクチョコレートでした。今では、その人気も落ち着き、やっとスーパーでも手に入れることができるようになりました。

K-BARS

K-BARS
ケイ・バーと呼ばれるまさに”キウイクラシック”のうちの一つです。キウイクラシックとは、簡単に言えば、キウイたちにとって”懐かしのもの”といえばいいでしょうか。昔誰もが一度は食べたことがある、懐かしの食べ物、それがWhittaker’sのK-BAR。
toffeeという、キャラメルのような触感のキャンディーバーです。6つのフレーバーがあります。ブラックベリー、ラズベリー、レモン、ライム、オレンジ、パイナップルです。余談ではありますが、昔は、1本20セントくらいだったのが、今では、70セントする・・・、と筆者のパートナーは嘆いておりました。

そして、キウイクラシックのK-BARがチョコレートブロックに!

K-BARS
Whittaker’s K Bar Block (ウィッタカーズ ケイ バー ブロック)!懐かしのK-BARからチョコレートブロックがつい先日8月18日登場しました。ラズベリー、パイナップル、ライムの3つのフレイバーが出ています。筆者はライムを試してみましたが、とろーりライムのtoffeeとチョコレートのバランスが絶妙でとってもおいしかったです。ただ、すごく甘いので一度にたくさん食べるのは厳しいかも・・・。

そして、そして、Whittaker’sの初めての期間限定のショップがオープン!

Whittaker’sはお店を持ったことがなかったのですが、今回、K-BARSをテーマにしたお店がウェリントンのキューバストリートに期間限定(10日間のみ)で登場しました。1950年代にK-BARSが販売開始された雰囲気をそのままにしたどこか懐かしい雰囲気のお店で、ミルクシェイクやカップケーキなどを楽しめます。

期間限定ショップ: 268 Cuba Street,wellington
WEBサイトhttp://www.whittakers.co.nz/html/home/
all images from Whittaker’s


ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

円で入金!海外専用プリペイドカード!


海外で使う現金って、どうしてますか?答えは 「MoneyT Global」入会費・年会費・口座管理手数料、カード発行手数料無料。クレジットカードではないので、入会審査いらずで誰でもカードを作ることが出来ます。

ピックアップ記事

レンタカーの利用について

ニュージーランドで車のレンタルの仕方についてご紹介したいと思います。 海外で車の運転をするには、海外運転免許証はもちろん、日本の運転免許証…

おすすめ記事

海外旅行・ワーホリ保険

海外では、医療費の常識が日本と大きく異なります。留学・ワーホリ保険ならAIU保険がおすすめです。AIUの海外旅行保険は、各種保険プランからしっかり比較検討できます。歯科治療費用を保証するタイプもあります。
ページ上部へ戻る