ニュージーランドダイアリー

ニュージーランドの現地ニュースや旅行やビザに関する情報まで色々発信しています。

スポンサーリンク

ニュージーランドの歯医者事情

生活情報

ニュージーランドに渡航する前に、歯医者で治療を済ませてきた人、または、済ませておこうと思っている人は多くいらっしゃると思います。ですが、現地で虫歯になったり、詰め物がとれたり、なんてこともやはりあるわけで、今回は、そんな時のために、ニュージーランドの歯医者さんについてご紹介したいと思います。

基本的には保険の適用なし、実費です。

日本では歯科治療も保険が適用されるので自己負担額はそれほど大きくはありませんが、ニュージーランドでは、保険が適用されないためすべて実費となり、治療費も高額です。

受診方法

受診方法は日本と同じでまず、自宅や勤務先の近くの病院を探して予約を取ります。ニュージーランドと日本で違うといえば、費用については、聞けば大体の目安を教えてくれるという点です。
おそらく治療を受けたけれど、費用が高くて支払いできない、といったことを極力避けるためなのだと思いますが、予約の際にどういった状況で治療を受けたいのかを伝えれば、大体の費用を教えてくれます。
ですが、歯科医にとって診てみなければ分からないのも事実ですので、まず始めは、検診で見てもらって、治療にかかる費用を教えてもらい、納得すれば治療を受ける、といった流れが多いようです。

最寄りの歯医者を探す

dentist-researchreseach
Lumino The Dentistsはニュージーランド中でチェーン展開している歯医者です。お住いの地域から通院の目的を選択してから病院を検索することができます。画像の赤枠内にある、location(お住いの場所を選択)/I am looking for…(希望する治療・目的を選択)、チェックボックスに該当するものがあればチェックを入れましょう。検索結果が絞り込まれます。
https://lumino.co.nz/Home

▼主な治療サービスと費用の目安を分かる範囲で記載しました。治療内容には個人差がありますので、実際の費用はこの限りではありません。参考程度にとどめていただければと思います。

英語名メモ
Exam&X-rays検査とX線写真/目安60ドル~。X線写真にもその種類によって費用も変わってくるようです。例えば、歯根尖部(Periapical)X線写真や咬翼法(set of bitewing)X線など。
Fillings詰め物
Hygiene Services歯のクリーニング
Dental hygienist appointment歯科衛生士によるクリーニング。目安~165ドルで収まる程度。
Teeth Whitening歯のホワイトニング
Invisalignマウスピース矯正(インビザライン矯正)
Bridgesブリッジ、抜歯した歯の代わりに人工歯で補い、その人工歯を支える治療。
Veneersベニア、審美歯科治療の一つ
Crowns歯冠、目安200ドル~。
Dental Implants人工歯根(デンタルインプラント)
Dentures義歯、入れ歯
Cerecセレックシステムによる治療
Root Canals歯の根管治療、目安1000ドル~。
Wisdom Teeth親知らず
Orthodontists歯科(列)矯正、13歳くらいの年齢で2年間矯正器具を付けて約8000ドルかかった知り合いがいます。
Kid’s Dentistry子供用歯科医
dental assistant歯科助手
sedation麻酔、鎮静剤の投与。治療中の痛みを麻酔で抑えるやり方。主にマスクをしてガスを吸うタイプかタブレットや液体を飲むタイプを指す。
IV Sedation静脈への麻酔、鎮静剤の投与。治療中の痛みを麻酔で抑えるやり方。主に腕に注射をするタイプを指す。

ニュージーランドの子供は歯科治療は無料?!

基本的な歯科治療(歯科矯正や歯列矯正は除く)については、18歳以下の子供は無料です。プレスクールや小学校などに通う年齢の子供たちが対象で家の近くにある歯医者に直接行くか、学校内にある場合はそこにくか、または、定期的に移動式の歯医者が学校に訪れるところもあります。(写真)
Kids-Dentistry

歯科治療補償特約のある海外旅行保険

歯の治療中に海外旅行の予定がある方や不安な方は以下の保険会社で取り扱いがあるようです。

三井住友海上 海外旅行保険

海外旅行保険のAIU
http://aienu.jp/study/dentalcare.html

海外療養費制度

この制度は、海外旅行中や海外滞在中に病気やけがなどによりやむを得ず現地の医療機関で診療等を受けた場合、日本に帰国した際に申請を行うことでにより一部医療費の払い戻しを受けられる制度です。申請をしたい方は、診察を受けた時の領収書や診断書は帰国するまで大事に保管をしておきましょう。
詳しくは下記WEBサイトをご覧ください。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3120/r138