ニュージーランドの概要

new-zealand-flag

ニュージーランドの概要

ここでは、ニュージーランドの概要をご紹介します。

正式名称 New Zealand ニュージーランド
首都 Wellington ウェリントン
最大都市 Auckland オークランド
人口 約465万人 だいたい日本の人口の4分の1くらい
面積 約27万km2 だいたい日本の面積の4分の3くらい
人種・民族 多民族国家、ヨーロッパ系白人、先住民マオリ、アジア系移民、その他
宗教 キリスト教、その他
公用語 英語、マオリ語
通貨 ニュージーランド ドル
時差 【夏期/サマータイム +4時間】
日本が午前6:00AMの場合、ニュージーランドは午前10時AM となる。
【冬期(3月第三日曜日から10月第一日曜日まで) +3時間】
日本が午前6時AMの場合、ニュージーランドは午前3時AM となる。ニュージーランドの方が日本より時間は先に進んでいます。

ニュージーランド政府

イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国であるため、ニュージーランド国王は、連合国国王の英国国王と同一のエリザベス2世です。ただし、国王の職務は、ジェリー・マテパラエが総督として代行しています。行政府の長は首相であるジャシンダ・アーデューンです。(2017年10月19日~。)

ニュージーランドの歴史

もともとは無人島だった島に最初に定住した民族はマオリ人でした。その後、オランダのアベル・タスマンによって1642年にこの島が「発見」され、1769年、イギリス人探検家ジェームズ・クックがヨーロッパ人として初めてニュージーランドに上陸を果たしました。
その結果、イギリスを始めヨーロッパ各地からの移民流入が始まり、ヨーロッパからの入植者とマオリ族との間では、紛争が絶えず、幾度かの戦争も勃発するもいずれもイギリスによって鎮圧されています。
1840年には、イギリスは先住民族マオリとの間にワイタンギ条約を締結し、イギリス直轄植民地とし、1907年にはイギリス連邦内の自治領となり、事実上独立しました。

地理

ニュージーランド列島は、北島と南島の二つの主要な島と多くの小さな島々で構成されています。
北島(ノースアイランド)には、首都ウェリントンがあり、政府機関が集中しています。この国最大の都市であるオークランドは、商業および経済の中心地となっており、ニュージーランドの人口の約4分の一が住んでいるそうです。北島は、南島ほど険しい山脈はありませんが、火山活動が活発です。
南島(サウスアイランド)は、この国で最も陸地面積の大きな島で、中心都市はクライストチャーチ。島の中央には「南半球のアルプス山脈」と呼ばれる南アルプス山脈がそびえ、最高峰は、3,754m のクック山(マオリ語ではアオラキ、「雲を貫く」という意味)で、その他に3,000m 以上の峰が18あります。

気候

ほぼ全土が西岸海洋性気候に含まれ、夏はさほど暑くならず、冬も大きく気温がさがることもなく温和で過ごしやすく、1年を通して温暖な気候といえます。日本ほど明確な四季の変化はありません。ただし、一日のうちに四季があるといわれるように、気温差が大きく、朝=春、昼=夏、夕=秋、夜=冬に例えられます。

文化

多くのハリウッド映画がニュージーランドで製作されています。「ロードオブザリング」3部作や「ホビット」、「ナルニア国物語」や「ラストサムライ」、「戦場のメリークリスマス」さらに「クジラの島の少女」や「世界最速のインディアン」、「アバター」、「キング・コング」「どろろ」「ウィロー」「バーティカル・リミット」などもこの国で撮影された作品です。
さまざまな名作が生み出されるこの国で、特にウェリントンが映画制作では世界の最先端を行く都市として有名です。ウェリウッドなんて、自称しているくらい。ウェリントン市内には、小さいながらも魅力的な劇場があり、さまざまな映画祭が開催されています。また映画の撮影地を巡るツアーもあります。

スポーツ

歴史的にイギリス直轄だったことからスポーツにおいてもイギリスから渡ったものが広く根付います。ラグビー、クリケット、ネットボール、ヨットレースはとても人気のスポーツです。特にラグビーに関する情熱は子供から大人まで相当なものです。ニュージーランド代表のオールブラックスは、世界でも強豪チームであり、試合前にダンスのハカを踊ることで有名です。

国鳥 Kiwi(キウィ)と ニュージーランド人(Kiwi)

ニュージーランドに生息する鳥キウィは、ニュージーランドの国鳥とされています。飛べない鳥の代表格として知られています。この鳥から名をとり、Kiwi(キウィ)は、ニュージーランド、ニュージーランド人を指して使う場合がよくあります。有名な言葉に「キウィ ハズバンド」というものがあります。国鳥のキウィは、メスが産んだ子どもをオスが育てる習慣があるのですが、それにちなんだ言葉です。どんなものかというと、ニュージーランドでは、男性が育児・家事をするのは珍しくなく、むしろ積極的です。つまり、キウイハズバンドは家事や子育てなどに協力するニュージーランド男性の姿勢が国鳥キウイと似ていることからきているわけです。
ちなみに「ニュージーランド人」をさす言葉は、「キウィ」(kiwi)以外にも、Newzealander(ニュージーランダー)もよく使われます。

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

ピックアップ記事

ニュージーランドのマヌカハニーについて

マヌカハニーについていろいろ調べていたのですが、そもそもはちみつとは?というところから気になったのでご紹介しています。それにより、マヌカハニ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る