ニュージーランドダイアリー

ニュージーランドの現地ニュースや旅行やビザに関する情報まで色々発信しています。

スポンサーリンク

2016年発生 7.5マグニチュード ニュージーランド地震

現地情報

2011年のニュージーランド南島カンタベリー地方で起きたあの地震からまだ完全に立ち直ってもいないところに、また忌まわしい地震がニュージーランドを襲いました。
2016年11月14日(日)から15日(月)に日付が変わってすぐ、12時02分AM(現地時間)に発生した今回の地震の震源地は、ハンマースプリング( Hanmer Springs )に近いところだといいます。これもまた5年前と同じカンタベリー地方です。

【特記事項】

・火曜の朝までに900回に近い余震が観測されています。

・今のところ確定した死者は2名とのことです。1名は、カイコウラ(Kaikoura)で崩壊した家で、もう1名は、Mt Lyford(ライフォード山)で亡くなられたようです。また、カイコウラでは、6名ほど重傷をおったケガ人などが飛行機で運ばれ病院で手当てを受けており、他18名も軽傷を負い治療を受けているそうです。

・特にカイコウラは、震源地のハンマースプリングから近いためか、被害が大きく、地滑りも起こったため国道1号線(SH1)が封鎖されています。

・ウェリントンにも被害が見られ、※CBDエリアは、14日(月)は基本的に立ち入りしないように勧告されていました。本日15日(火)からは、一部 Featherston stにあるビジネスビルディングを除いて通常通り立ち入り可能になっています。
※CBDエリアとは、Central Buisiness Districtといって、ウェリントンシティの中心街で特にビジネスビルディングが多く立ち並ぶ場所を指しています。

・海岸沿いに住む人には、津波を警戒して避難勧告が出ていましたが、火曜現在は、出ていません。ですが、海岸沿いには近寄らないように注意がなされています。

今のところ大きな死傷者が出ていませんが、停電やインターネットがつながらない、道路が封鎖されていたり、火曜現在雨が降り続いており、洪水の被害がでていたりとよくない状況が続いています。
ニュージーランド在住の方は、テレビ、ラジオ、SNSからの情報を適切に見極めてパニックにならないよう対処していきましょうね。
また、ニュージーランド在住の友人、家族がいらっしゃるという方で日本でやきもきしている方も多いかと思います。現在は被害の大きかったカイコウラでもインターネットも回復してきているようですので、少しでも早く連絡が取れるようお祈りしております。
※下記ラジオニュージーランドのWEBサイトでは随時情報がアップデートされていますので、よろしければご参考になさってください。
https://www.radionz.co.nz/news/national/318002/live-the-wet-and-shaky-quake-aftermath

リッチー・マコウ 元ラグビー選手引退後の活躍
先日、結婚されたリッチー・マコウ 元ラグビー選手ですが、選手引退後の活動について少しご紹介したいと思います。 彼は、選手時代は、ニュージーランドのオールブラックス(All Blacks)史上、最高の主将と称され、“ボールのあるところマ...