DOC(Department of Conservation/NZ自然保護局)が発表するカイコウラ地震の影響範囲について

12月になりましたね。ニュージーランドはこれから夏に突入です!

ニュージーランドの夏は、カラッとした爽やかな暑さですから日本の蒸し暑い夏とは大違いです。日本と比べるとニュージーランドの夏の方が好きだという人が多いのではないでしょうか。

ニュージーランドの夏は、一年で一番観光客が多く訪れます。
旅行客の多くは、ニュージーランドの自然を楽しみにトランピングや野外アクティビティに参加し、もちろん、キウイたちもグレイト・ウォークや国立公園などに出かけるので、ニュージーランドのメジャーな観光地は大忙しです。

が、ちょっと心配なのが先日あったカイコウラ地震の影響です。DOCのWEBサイトでは、カイコウラ地震による影響が考えられるエリアなどの情報が更新されています。トランピングなど野外でのアクティビティを検討中の方は念のため、目的地付近の安全をしっかり確認しておくことをお勧めします。
http://www.doc.govt.nz/kaikouraearthquake

一部WEBサイトより抜粋です。

2016年11月29日最新情報

地震の影響のため南マールボロー(southern Marlborough)地方、カイコウラにある、DOCキャンプ場、トラック、他のアトラクションは閉鎖。

マールボロサウンド/Marlborough Sounds、ネルソン/ Nelson、ゴールデンベイ/Golden Bay、ウェストコースト/West Coastにある、DOCキャンプ場、トラック、他アトラクションなどは、通常通りオープンです。

天候によって状況は変わりますので、訪問予定の方は、DOCのWEBサイトを必ずチェックするようにしてください。

カイコウラ/Kaikoura と 南マールボロー/South Marlborough

DOC管轄のすべてのトラック環境保護エリアには、近づかないようにしてください。

以下の道路は、閉鎖されています。
Molesworth Rd、 Mt Fyffe Rd、 Blind Saddle Rd、 Clarence River Rd、Rainow Rd.

・南マールボローのハンティングエリアも安全が確認できるまで閉鎖。

・Okiwi Bayと Half Moon Bay Areaのキャンプ場、トラックも閉鎖。

※以下のキャンプ場はオープンしています。
Whites Bay、 Robin Hood Bay、 Onamalutu、 Pine Valley/Mill Flat、 Marfels Beach、Kowhai Point.

ネルソン/Nelsonとタスマンベイ/Tasman Bay

アベルタスマン国立公園のコースとトラックでは、地震と強い雨が引き起こした地滑りがありますがオープンしています。注意と警戒が必要です。

カフランギ国立公園(Kahurangi National Park)のCobb Valleyトラックでは、大きな地滑りがあります。通過することはできますが、経験のあるトランパーだけに限られます。

ウェストコースト/West coast

注意が必要です。
・ Fox River Tourist CaveとPunakaikiの北は、落石の危険のため閉鎖されています。
・使用頻度の高い用地の初期チェックは済んでおり、大きな問題は確認されていません。
・Heaphy Trackにいくつかの地滑りがあります。注意が必要です。

・Wangapeka Trackを含め、まだ確認の済んでいないトラックがあります。

北島下の方/Lower North Island

・すべてのキャンプ場、他の施設は現在オープンしていますが、気を付けるよう
にしてください。
・地震による影響でOld Government Buildingsは閉鎖しています。

北島真ん中あたり/Central North Island

地震とTongariro国立公園での火山噴火の関連性はみられません。

その他、カイコウラ震災については、こちらのサイトで情報が掲載されています。

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

ピックアップ記事

ニュージーランドで使えるWIFIレンタル会社

海外でインターネットをする方が増えると同時に設定ミスなどにより旅行から帰ってきて契約携帯会社から莫大な請求がくる、いわゆる"パケ死"問題が後…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る