羊を表す英単語

羊は、英語でSheepですが、もっと具体的に固有種を表現する単語があります。ニュージーランドの各社新聞紙には、Farmingというカテゴリが必ずあって、記事を読んでいくと、ネイティヴたちは、オス、メス、子羊、肉の種類などそれぞれ使い分けて表現しています。よく記事に出てくる単語を参考までにご紹介します。

おなじ羊/Sheepといえど、いろんなタイプがあります。

Sheep(単数形でも複数形でもSheep)
羊の群れ flock of sheep
オスの羊 ram (去勢していないオス羊)
オスの羊 wether (去勢したオス羊)
メスの羊 ewe、メスの羊は一度の出産で1~3匹を産み落とします。ちなみに、gestationとは、羊が妊娠すること(=Pregnancy)と同じです。
出産間近のメスの羊 springer
ラム lamb、子羊、生後12か月未満
ホゲット hogget、生後12~24ヵ月
マトン mutton、生後24か月~

その他

lambing 出産・分娩
shearing 羊の毛刈り
livestock (牛・馬・羊などの)家畜
herding dogs 羊の飼育で管理、コントロールする際に使われる犬
guardian dogs 羊を外敵から守るために使われる犬。
docking 断尾、子羊のしっぽを切ること
castration 去勢
lanolin ラノリン…(化粧品原料、精製羊毛脂)
shepherd 羊飼い
sheepfold 羊小屋

ちなみに、羊の鳴き声は、Baa(バァァー)という感じに鳴きます。英語では、「羊が鳴いている」は、「A sheep is bleating.」と表現します。

羊が鳴く動画はたくさんあるのですが、その中でも面白い羊の動画(2013年のもの)を見つけたのでご紹介します。

聞き取りにくい部分もあるのですが、だいたい、下記のような言葉を羊に投げかけています。会話が成立しているかどうかはさておき、sheep には”他人に盲従する人”という意味もあるそうですが、なんだかその意味が分かる気がしますね。

羊のオーナー:What do you want? (何が欲しい?)
羊:Baaaa (バァァァ~)

オーナー:Who’s your Daddy? (誰が君らのお父さんだい?)
羊:Baaaa (バァァァ~)

オーナー:What about your Mum? (お母さんは?)
羊:Baaaa (バァァァ~)

オーナー:Silence. (静かに。)
羊:Baaaa (バァァァ~)

オーナー:One speak at a time(一人だけしゃべって。(端折って話されているのですが、たぶん、Only one sheep speak at a time.を意味していると思います。))
羊:Baaaa (バァァァ~)
オーナー:No one. (そうじゃない、一人だよ。)
オーナー:It’s not gonna work guys. (そうじゃないよ、君たち~)
羊:Baaaa (バァァァ~)

オーナー:Who you voting for? (誰に投票するの?)
羊:Baaaa (バァァァ~)

オーナー:Not John Key. (ジョン・キーには投票しない)
羊:Baaaa (バァァァ~)

オーナー:Vote for me. (おれに投票しろ)
羊:Baaaa (バァァァ~)

オーナー:Bob Parker.(ボブ・パーカーか?(動画が撮影された当時クライストチャーチの市長でした)
羊:Baaaa (バァァァ~)

オーナー:John Key.(ジョン・キーか?)
羊:Baaaa (バァァァ~)

オーナー:Me(おれか?)
羊:Baaaa (バァァァ~)

聞き取りにくい部分もあったのですが、だいたいはこういった感じの会話?!が羊のオーナーと羊たちでやりとりされています。ニュージーランドらしい、なんだかほっこりするような面白い動画ではないでしょうか。よければ、もう一度。(笑)

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

ピックアップ記事

ニュージーランドを国内長距離バス (インターシティ バス)で1人旅に出かけよう!

ニュージーランドは、長距離バスの交通網が発達しているので全国主な観光地へは、長距離バスでアクセスができ大変便利です。特に気ままにひとり旅をし…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る