eftpos (エフトポス)の使い方について

ニュージーランドでは、キャッシュよりエフトポスでの支払いが主流です。

ニュージーランドで買い物をした際の支払い方法は、キャッシュ(現金支払い)よりも断然エフトポスでの支払いが主流で、現地の人はほとんどエフトポスで支払いをします。
logo

エフトポスとは、日本でいうデビットカードのようなものです。
クレジットカードではないので自分の銀行口座にお金がないと使用できません。お店で支払いをすると即座に口座からお金が引き落とされます。
銀行口座を開く際にキャッシュカードも発行すると思いますので、そのカードでエフトポスが利用できるか念のため確認しておいてください。

エフトポスの利用の仕方

お店でお会計をするときに、カードを店員にみせます。特に何も告げなくてもお財布からカードを取り出そうとしているのをみると、エフトポスで支払うのだな、と理解してくれます。

1、店員さんがまず、エフトポスでの支払いということをレジに入力し、支払い金額が表示されたエフトポスの端末機器をお客に対して差し出します。

2、金額に間違いがないか確認して、端末機器にカードをスライドさせるか挿入するかどちらかして、読み取らせます。(カードによって異なります。)

3、端末画面が口座種類の選択画面に切り替わるので(CHEQUE か SAVINGS)のいずれかを選択した後、自分のPINナンバー(暗証番号)を入力し、最後にEnterキーを押して取引は完了です。

3、レシートがいるかどうか聞かれるので必要であれば受け取ってください。

キャッシュ(現金)も一緒に引き出せます。

ニュージーランドはエフトポスの利用が一般的になっていますが、エフトポスに対応していないお店もあります。ファーマーズマーケットやイベント会場で露店がたくさん集まったりすることがありますが、そういった簡易的なイベントにはエフトポスが使えないことが多いです。その際に事前にキャッシュを用意しないといけません。お金の引き落としはATMだけではなく、エフトポスが使えるお店なら現金も引き落としが可能なところもあります。※現金の引き落としだけ、というお店はありませんので、何かを購入したついでにキャッシュを引き出したい旨を告げるとよいでしょう。

残高確認は忘れずに

自分の口座にお金がないと支払いできませんので気をつけてください。残高の確認はインターネットやATMでこまめにするようにこころがけましょう。

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

ピックアップ記事

2018年ニュージーランド航空、世界の安全な航空会社20に選出。

Photo by Ross Parmly 航空会社や航空機を評価するサイト、エアライン・レーティングス(AirlineRatings.co…

日本からニュージーランドへの直行便まとめ

今のところ、日本からのニュージーランドへの直行便が出ているのは、ニュージーランド航空のみになります。 他国への経由をしたりするのが面倒な方…

ニュージーランドで使えるWIFIレンタル会社

海外でインターネットをする方が増えると同時に設定ミスなどにより旅行から帰ってきて契約携帯会社から莫大な請求がくる、いわゆる"パケ死"問題が後…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る