ニュージーランドダイアリー

ニュージーランドの現地ニュースや旅行やビザに関する情報まで色々発信しています。

スポンサーリンク

Whittaker’s (ウィッタカーズ )から新しく‘Brooklyn Block’が登場!

食べ物情報

ウィッタカーズ といえば、ニュージーランドでは、お馴染みのチョコレート。そのウィッタカーズ から新しく‘Brooklyn Block’というチョコレートが登場しました。

これは、ウィッタカーズ と電力会社のMeridian Energyが新しくパートナーとなったことを記念して作られたものです。

どちらも原材料にこだわっています。

Meridian Energyは、100パーセント再生利用可能なエネルギー(水力、風力)を利用している発電所です。ウィッタカーズ社としては、Meridian Energyがピュアな原料をもとに電力を作っている点を評価しパートナーシップを結んだということです。
(ニュージーランドは、電力自由化となっているので、電力会社を消費者(ウィッタカーズ)が自分で選ぶことができます。)

ものを作り、販売するという行為は、チョコレートも、電力も同じことです。そして、それを作るための原材料や製造過程、どういう経緯を経てものが作られているか、消費者の見る目は厳しくなっています。

そういった意味でウィッタカーズがチョコレートを作る原材料にこだわると同様に工場などで使う電力に再生利用可能なエネルギーで作られている電力を選ぶということもウィッタカーズのものづくりに対する理念を考えればもっともなことだなぁと思います。

ウィッタカーズとMeridian Energyのどちらの企業もウェリントンにベースを置く企業ですから消費者と地域コミュニティにとって良いメッセージとなっていると思います。ちなみに、このパッケージデザインになっているタービン(風車)は、Meridian Energyがウェリントンのブルックリンに建てたものです。

来週あたりに、ウィッタカーズとMeridian Energyから何かキャンペーンが発表されるみたいです。チョコレートのプレゼントと電力無料サービスとか??何でしょうか、楽しみです。

今のところこのチョコレートは、ウェリントンのブルックリンの限定されたお店でしか手に入れることはできないみたいです。

Whittaker's (ウィッタカーズ )チョコレートについて
ニュージーランドには大手チョコレートメーカーが2社あります。一つはCadbury社(カドバリー)、そしてもう一つがWhittaker's社(ウィッタカーズ)です。カドバリー社はダニーデン、ウィッタカーズ社はウェリントンの近くのポリルアという...
ニュージーランドの電気について
ニュージーランドでは、電力の小売りの全面自由化が1993年からはじまり、1年後の1994年には家庭向け部門も含めて全面的に自由化されています。 電力の小売り激戦区のニュージーランド この国では、電力の小売り自由化が始まり、多くの電力会社...