あかちゃんとお父さんのハウツー動画

YOUTUBEで面白い動画があったのでご紹介します。

舞台は、ニュージーランド。キウイのお父さんが赤ちゃんと一緒にスーパーで買い物をするときの、よくあること、そういうのあるある、ってことを動画(HOW TO GO GROCERY SHOPPING WITH A BABY)にしている模様です。

この動画の投稿者であるお父さんは、まさに典型的なニュージーランド人の話し方、アクセントをしている人です。こういうキウイいるわーってうなずく方も多いのではないでしょうか。

また、この動画が撮影されているスーパーマーケットは、ニューワールド(New World)といって、国内ではメジャーなスーパーマーケットの一つです。

動画を初めから見ていくと、”いろんなお父さん”を紹介しています。あー、こういう、お父さん、いるな、ってうなずけますよね。



・The fast dad
なぜか、すっごく急いでいるお父さん。

・The trolley dad
カートに乗って、って赤ちゃんに促しても、どっかに行かれてしまう…。

・That “Car dad” 赤ちゃんにカートに、ご機嫌よくのっていてもらうために、車に乗っているかのように演出したり、

・The She’ll be right dad
こどもを心配しつつも、まぁ、だいじょうぶとポジティブに見守るお父さん。

・The lazy dad
めんどくさくなって、赤ちゃんにかごを預けてもたせる。

・The panic dad
店内のマイク放送を奪って、迷子の赤ちゃんを探そうとしたり、

・The chasing dad
あかちゃんを全力で追いかけるお父さん。

・The forgot the shopping list dad
買い物リストを忘れたお父さん。

・The embarrassed dad
恥ずかしい思いをさせられるお父さん。

・The tired dad
疲れちゃったお父さん。

・The clean up on aisle three
通路を片付けないといけないお父さん。(赤ちゃんは、目を離したすきに何をするか、分かりませんよね…。)

この動画の他にもたくさんのパターンがあるので、とても楽しめると思います。それらを見ていると、キウイの英語の発音がどんな感じかも分かります。彼らがよく使う、英語の”Seet as”や”She’ll be right”、文末の語尾に”aye” (エイ)を付けて話すところなど特徴がすぐに見つけられると思います。動画の投稿者の彼は、たびたび、 “Good day”を”G’day, aye”みたいに発音しています。

個人的に好きな動画をアップします。

HOW TO TEACH A BABY TO CLIMB A FENCE





ニュージーランドには、羊や牛を放牧しているのですが、牧場の周りは、きちんとフェンスが建てられています。そのフェンスのこえ方についての動画です。
時々フェンスに電流を走らせている場合があるので、それを表現しているのが、The scared dad(0:58あたり) のところです。キウイだな~。

HOW TO BE A KIWI DAD

長靴(ファーマーの必需品)の投げ方、魚の釣り方、狩りの仕方、Brow on the pie(これを読めば意味が分かります。https://newzealand-diary.com/archives/1884#_Police_Ten_7)、組み立て方、ラグビー、Sand duneジャンピング、Seet as bro の読み方、 Quad bikesの乘り方、Loard(歌手)、車のこと、Loard of the lings(ロードオブザリング)、ジャンダルを履いて走ること、飛び込みの仕方(cannonball dive)などなど。キウイのお父さん子供が2歳になるまでに教えることらしいですが…。それはさておき、キウイらしさ満載です。




ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

ピックアップ記事

2018年ニュージーランド航空、世界の安全な航空会社20に選出。

Photo by Ross Parmly 航空会社や航空機を評価するサイト、エアライン・レーティングス(AirlineRatings.co…

日本からニュージーランドへの直行便まとめ

今のところ、日本からのニュージーランドへの直行便が出ているのは、ニュージーランド航空のみになります。 他国への経由をしたりするのが面倒な方…

偽物のマヌカハニーをつかまされないように気を付けること

Photo by Massimiliano Latella ニュージーランドならではのお土産として必ずと言っていいほど選ばれるニュージーラ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る