ニュージーランドダイアリー

ニュージーランドの現地ニュースや旅行やビザに関する情報まで色々発信しています。

スポンサーリンク

リッチー・マコウ 元ラグビー選手引退後の活躍

現地情報

先日、結婚されたリッチー・マコウ 元ラグビー選手ですが、選手引退後の活動について少しご紹介したいと思います。

彼は、選手時代は、ニュージーランドのオールブラックス(All Blacks)史上、最高の主将と称され、“ボールのあるところマコウあり”と言われるほど、攻守すべての局面で貢献し、オープンサイドフランカーとして活躍しました。

今では、商用のヘリコプターパイロットに転進しています。

彼の祖父が第二次世界大戦に従軍した元戦闘機パイロットだったことや彼の親戚の多くが自家用飛行機免許を取得しているなど航空と関わりの深い一家で育ったため、彼自身、豊富な航空知識と経験を持っていたようです。

そして彼の父や叔父、マコウ元選手自身も自家用飛行機免許を取得しています。

2016年の11月に起こった、カイコウラ地震において、彼は、ヘリコプターでの救助活動また偵察活動などで従事していたようです。

その時のインタビュー動画があったのでご紹介します。

初めのフライトでは、カイコウラで一人が亡くなった崩壊した家へと2つの救助チームを飛ばし、空からは、道路に大きな裂け目が見え、土砂崩れもあった、などと語っています。

また、2009年から名誉職として、ニュージーランド空軍の少佐(squadron leader )だったのですが、昇進して、中佐(wing commander)にもなっています。(2016年9月)

ラグビーのフィールドから空へとフィールドを移して、なお活躍されている彼の姿は、ニュージーランド人にとって、とても誇りに思われています。今後の彼の活動についても目が離せません。