ニュージーランド パウア貝

マオリ文化

Paua(パウア貝)は、ニュージーランドの先住民族のマオリによって名付けられた、3種類のアワビ(英語名:NZ abalone sea snails )のことです。
その身を食べることもできますし、貝殻を研磨し、加工することでアクセサリーなどにも利用されています。

パウア貝の特徴

パウア貝は、一般的なアワビと同様に浅い沿岸域の岩場に生息しています。夏になると、パウア貝を採りに海に来ているキウイをみかけます。
参考までに3種類のパウア貝をご紹介します。

ヘリトリアワビ(Haliotis iris)

Paua、 Blackfoot Paua、 Rainbow abalone等とも呼ばれます。もっとも一般的なパウア貝です。

photo:By H. Zell

サザナミトコブシ(Haliotis australis)

Queen paua、 Silver Paua、Yellow Foot Paua、 Hihiwa & Karariwha、 Austral abaloneなどとも呼ばれます。

photo:By Doooook

キムスメアワビ(Haliotis virginea)

Virgin paua、 Virgin abaloneとも呼ばれます。

お土産として人気

パウア貝は、ニュージーランドの代表的なお土産として人気があります。また、マオリの伝統工芸やアクセサリーなどに利用されているのをよく見かけると思います。

photo:By JShook(Maori_Wood_Carving_paua)

パウア貝の身は、刺身で食べることはほとんどなく、キウイの一般的な調理の仕方は、フリッターです。
そして貝殻は、研磨してアクセサリーなど宝石としてや、工芸作品として利用したりします。

パウアの漁には制限があります。

パウア貝は、浅瀬の沿岸の岩場で割と簡単に見つけることができるのですが、好きなだけ取っていいわけではありません。
一人につき10個までと決められています。パウア貝以外にもきちんと制限数、サイズの指定がありますので気を付けましょう。下記のWEBサイトなどをチェックしておくといいと思います。
http://www.mpi.govt.nz/travel-and-recreation/fishing/fishing-rules/central-area-fishing-rules/

また、魚釣りや貝採りをしてはいけないエリアもありますので、ご自分が釣りなどをしようと思うエリアでは、サインなどをよくチェックして違法なことをしないようにしましょう。

ニュージーランド航空、期間限定セール!エコノミーが8万9000円~。
2019年の12月16日から来年2020年の7月15日出発分が対象の期間限定セールが始まりました。(ニュジーランドの夏~秋~冬の期間に該当します。) ※セールは、2019年12月16日(月)まで!お見逃しなく!
 期間限定セール!
セール価格 エコノミー89,000円*~
セール価格 プレミアム・エコノミー194,000円~
セール価格 ビジネス・プレミア299,000円*~

ニュージーランドには行ってみたいけど、どこに行けばいいのか、決められない方に!

世界各地の旅行プランあり。 ニュージーランドのどこへ行こうか、何をしようか、旅行プランが全くない方!もしくは行く予定だけど、計画立てるのがちょっと面倒…。 おすすめの旅行プランを作ってくれたら楽だな…、なんて思っている方、いらっしゃいませんか?! そんなあなたに、ニュージーランド旅行プランの提案が受け取れるタウンライフ旅さがし「海外旅行プラン一括依頼サイト」というサービスがおすすめです。 必要事項をフォームに入力して、無料で問い合わせることが出来ます。せっかくの旅行をより充実したものにするために海外旅行のプロの意見を参考にしてみてはいかがでしょうか。 利用の流れ海外ハネムーンやリゾート旅行のプランも無料です☆
マオリ文化
スポンサーリンク
ニュージーランド ダイアリー
タイトルとURLをコピーしました