ニュージーランドでの携帯電話購入について

spark shop生活情報
spark shop

ニュージーランドでの携帯購入方法について

日本で使っていた携帯電話をそのままニュージーランドでも使用できたら一番いいですよね。ですが、日本の携帯会社の契約内容で、そのまま海外で使用を続けると費用がとんでもないことになりますので、特にニュージーランドで長期滞在を予定の方は、日本で使用していた携帯を解約されてから渡航される方がほとんどだと思います。
短期の滞在や1年のワーホリと期間を決めてお越しの際は、電話番号だけ保管できるサービスが月額数百円で扱っている携帯会社もありますのでそのまま番号は維持したい方はそういった方法をとられるとよいでしょう。ここでは、ニュージーランドでの携帯電話の購入についてご紹介したいと思います。

携帯会社はほぼ寡占状態!!?

日本でもほぼドコモ、au、ソフトバンクの大手3社で寡占状態ですが、ニュージーランドも似たような状況です。Vodafone, Sparkの2社がメインになっています。そのほかにも2degrees、Skinnyモバイルなどの比較的参入してまだ浅い会社があります。通信網がVodafone, Sparkほど発達していないところが見受けられますが、各社いろんなプランをそろえているのでご自身にあったプランが見つけられるでしょう。

以下では携帯購入までの大まかな流れをご紹介します。

1、携帯電話本体を買う

携帯電話の本体はいろんなお店で売っています。携帯電話の各社店舗だけでなく、the warehouseやHarvey Norman、JB Hi-Fi、Noel Leeming などの電化製品売り場でも各携帯会社の機種本体が売られています。

2、気に入った携帯会社のSIMカードを購入する。

Vodafone、Spark、2degrees、Skinnyモバイルなど自分にあったプランのある会社をじっくり検討し、その会社のSIMカードを購入します。気になることは店員さんに聞いたり、地元の人から評判を聞いたりして判断してください。

3、携帯にSIMカードを入れ、アクティベートする。

この工程は戸惑う方が多いと思いますので、お店の人に聞くとよいです。
アクティベートさえ完了できれば携帯電話が自由に使える状態です。

携帯料金について

プリペイド式

ニュージーランドでは、先にcreditを購入してその購入分の範囲で使用するプリペイド式が一般的です。
自分で携帯電話に配分できる費用を決めてその範囲内で毎回トップアップして使えばいいので安く済ませたいのであれば8ドル~からと経済的です。

月額制

日本の料金プランと同じようなものです。2年ほどの契約で機種代金が無料か格安で購入できます。もちろん2年未満の契約でも月額契約はできますが、いろいろ条件は変わってくるようです。

携帯メール(テキストメッセージ)で安全確認

Vodafone、Telecom、2degreesの3社では、海外旅行者向けにテキストメッセージのサービスを提供しています。
今現在いる場所や旅行予定をテキストメッセージとして7233(SAFE)へ送信しておくと、データベースに保存され、警察が必要なときにアクセスすることができるようになっています。
7233へ送信すると受信確認として、「危険な場合は111へダイヤルし警察に通報してください」という自動応答が返ってきます。
もし、事故や事件に巻き込まれた際など必要な場合に、家族や友人に、今どこで何をしているのかを知らせる有効な手段となりますので覚えておくとよいでしょう。

ニュージーランド航空、期間限定セール!エコノミーが7万9000円~。
2020年1月28日~9月30日出発分が対象の期間限定セールが始まりました。(ニュジーランドの夏~秋~冬の期間に該当します。) ※セールは、2020年1月27日(月)まで!お見逃しなく!
2020年初セール☆期間限定!1月27日まで
セール価格 エコノミー79,000円*~
セール価格 プレミアム・エコノミー194,000円*~
セール価格 ビジネス・プレミア299,000円*~

ニュージーランドには行ってみたいけど、どこに行けばいいのか、決められない方に!

世界各地の旅行プランあり。 ニュージーランドのどこへ行こうか、何をしようか、旅行プランが全くない方!もしくは行く予定だけど、計画立てるのがちょっと面倒…。 おすすめの旅行プランを作ってくれたら楽だな…、なんて思っている方、いらっしゃいませんか?! そんなあなたに、ニュージーランド旅行プランの提案が受け取れるタウンライフ旅さがし「海外旅行プラン一括依頼サイト」というサービスがおすすめです。 必要事項をフォームに入力して、無料で問い合わせることが出来ます。せっかくの旅行をより充実したものにするために海外旅行のプロの意見を参考にしてみてはいかがでしょうか。 利用の流れ海外ハネムーンやリゾート旅行のプランも無料です☆
生活情報
スポンサーリンク
ニュージーランド ダイアリー
タイトルとURLをコピーしました