スポンサーリンク

ニュージーランド国内の移動手段 まとめ

交通情報

ニュージーランドの国内の移動手段として車、バス、鉄道、飛行機などが挙げられます。それぞれについて過去にご紹介はしているのですが、ここでもう一度まとめておこうと思います。

安くて便利なバス

バスでのニュージーランド国内の移動はもっとも一般的な手段かと思います。費用も抑えられますし、移動中は車内で休むことが出来ます。
ニュージーランドの長距離バスは、国内のほとんどの観光地を網羅しているので、旅行行程もたてやすい点もおすすめです。

最もメジャーな国内長距離バスは、インターシティ・バスです。

また、観光地を巡るバスツアーもグレート・サイツ社から出ているのでそれを利用しながら国内を巡るのもいいですね。

長距離バスを利用する際のデメリットとしては、主要観光地への便数は充実していますが、主要路線以外の本数が少ないということです。

乗車する際、降車する際どちらにしても十分に気を付けなければなりません。
間違ってしまうと、次の便まで数時間待ち、最悪の場合は、一日一便しかでていないので、また、翌日に予約しなおす、なんてことも。

バスの出発時間、乗車地、降車地など間違えないように気を付けましょう。

インターシティー:http://www.intercity.co.nz/

ニュージーランドを国内長距離バス (インターシティ バス)で1人旅に出かけよう!
ニュージーランドは、長距離バスの交通網が発達しているので全国主な観光地へは、長距離バスでアクセスができ大変便利です。特に個人旅行でいろいろ気ままに旅をしたい方にはおすすめです。ここでは、ニュージーランド最大のバスネットワークを持つInter Cityバスについてご紹介したいと思います。

ドライブ好きなら車・レンタカー

車の運転が好きな人には車での移動がおすすめです。車を借りるには、主要都市の街中や空港にレンタカーのオフィスがあるので手続きを行うのも便利になってきています。

日本と同じ右ハンドルで左側通行ですので大きく混乱することもないでしょう。しかも、レンタカーのほとんどは日本車ですので安心して利用できるのではと思います。

車で移動をする際のデメリットといえば、長距離を自分で運転することになるので、疲れがでてしまうことでしょうか。
目的地までにかかる時間は、余裕をもって考えておくことと、休憩をしっかりとりながら安全運転するように心がけてください。

レンタカーの利用について
ニュージーランドダイアリーは、ニュージーランドに渡航を考えている方にとっての情報サイトです。ニュージーランドにある大手レンタカー会社は、Hertz(ハーツ)、Avis(エイビス)、Budget(バジェット)、ACE(エース)、Omega (オメガ)などがあります。大手のレンタカー会社の多くは空港やフェリーターミナル、街中にオフィスがありますのでとても便利です。

移動中も観光気分を味わいたい

ニュージーランドならではの景色を鉄道から味わうというのもまた素敵な経験として思い出に残る移動手段です。

現在は、以下の3つの鉄道があります。

  • Northern Explorer(ノーザン・エクスプローラー) Auckland~Wellington
  • Coastal Pacific(コースタル・パシフィック) Picton~Chiristchurch
  • TranzAlpine(トランツ・アルパイン) Christchurch~Arthur’sPass~Greymouth

どれも鉄道からしか楽しむことが出来ない独特の景色をみることができます。

ニュージーランドを旅客列車で旅しよう
ニュージーランドには、KiwiRail Scenic Journeys(キウイレイル・シーニック・ジャーニー)といって、長距離鉄道を観光客向けに展開しています。鉄道車両の一部を展望車両にしたり、車内の快適さやサービスをグレードアップさせるなど観光客向けにさまざまな取り組みを行っています。 バスや車とは違う、鉄道からしか見ることのできない美しい景色やゆったりとした座席で風景を楽しむ旅はいかがでしょうか。

※2016年に起こったカイコウラ地震の影響でクライストチャーチ/ピクトン間 コースタルパシフィック号は現在は運行していません。

フェリー

北島と南島をつなぐフェリーの利用には、Interislander(インターアイランダー)とBluebridge(ブルーブリッジ)のどちらかの利用になります。

Interislander(インターアイランダー):https://www.interislander.co.nz/
Bluebridge(ブルーブリッジ):http://www.bluebridge.co.nz/

どの交通手段を利用するにしても、学生の夏休みやクリスマス時期などいわゆる繁忙期には、どこも予約ですぐに埋まってしまいます。閑散期に比べて費用も高くなりますので、できるだけ旅行の予定は、ささっと計画を立て、早めに交通機関の予約もしてしまいましょう。

タイトルとURLをコピーしました