ニュージーランドダイアリー

ニュージーランドの現地ニュースや旅行やビザに関する情報まで色々発信しています。

スポンサーリンク

NZの首都ウェリントンにあるヴィクトリア大学、ただいま卒業シーズン。あのリアム・マローンも卒業!

教育

Photo:Ian Trafford
今週の火曜から木曜の間でウェリントンにあるヴィクトリア大学では、卒業セレモニーが開催されています。

そして昨日、5月16日は、2016年のリオのパラリンピックで金メダル2つと銀メダルを獲得したニュージーランドのリアム・マローン(Liam Malone)さんも卒業パレードに参加されていました。日本でいう経営・商学部の経営・国際ビジネス専攻だったようです。
その卒業パレードで彼のインタビューがあったのでご紹介します。

ヴィクトリア大学の卒業パレードの様子

この動画では、卒業生たちおよそ1000人がウェリントンのラムトン・キーストリート~ウィル・ストリートを歩いている様子が収められています。
今週のすべての卒業セレモニーで全学部合わせると2,200名の学生が卒業するのだそうです。





リアムさんへのインタビューをざっくり紹介すると
2016年リオパラリンピックに向けたトレーニングなどもある中で、学問の両立は、本当に大変で、長い3年間だったと、単位を取得するのに苦労したことが語られています。

遅れ気味でついていくのが必至だったけど、なんとか乗り越えたと。
彼の母の死を通して特に思わされることだそうですが、人生は短いのだから出来るだけ多くのことをやりたいと、学ぶことも好きだしこれからも続けたいと。

そして、卒業後は、ウサイン・ボルト氏打倒で頑張っていくようです。できるだけ早くこれを達成して次のことに取り組みたいということです。

インタビューを聞いているととても地に足の着いた方なのだなぁという印象を受けました。
2020年の東京パラリンピックで彼の活躍がみられるといいですね。

ちょっと気になるニュージーランドの大学事情




ニュージーランドの大学は日本とは違っている部分もありますので少しご紹介をしたいと思います。

ニュージーランドには、国立の総合大学が8つあります。大学が少ない分、教育の質は高いものになっており、世界的にも評価が高い大学が揃っています。
(国立大学が8つしかない、という驚きもありますが、今後も特に増やす予定はないそうです。それは、大学の教育の質を保つためなのだそうです。)

学士課程は通常3年制で、日本の4年間より短いですが、日本の大学一回生であるような一般教養課程はなく、入学するとすぐに専門課程が始まります。
ですので、日本の高校を卒業後、ニュージーランドの大学に進学する場合は、ファウンデーション・コースといって、入学準備コースを受講することが一般的です。

ニュージーランドの大学は3学期制を採用していてそれぞれの学期は、2月、7月、11月から始まります。
ざっくり以下の感じで分かれています。

セメスター1:2月末~7月初旬
セメスター2:7月初旬~11月中旬
セメスター3:11月中旬~2月中旬

新学期は、2月下旬から始まり11月が学年末という感じです。入学の時期は、2月が一般的ですが、7月に入学を受け入れているところもあるので、年間2回入学するチャンスがあります。

そして、卒業時期は、各大学によってばらつきがみられますが、ヴィクトリア大学でいえば、12月と5月になっています。

ニュージーランドの大学に関する詳しい情報は、留学専門のWEBサイトなど色々ありますので調べてみてください。

卒業生が街を練り歩く

ウェリントンでは、大学の卒業シーズンになるとヴィクトリア大学とマッセイ大学(Massey University)の卒業パレードをみることが出来ます。

ご紹介した動画を観ると、卒業生の多くがみんな帽子やガウンなどを身に着けていますよね。
その格好で街のメインストリートを練り歩くというのもなかなか日本では見ない光景ではないでしょうか。
卒業生のマーチの先頭は、楽器演奏者たちです。彼らの演奏により、街の通りはかなりにぎやかになりますし、沿道からは、卒業生の家族や友人らがお祝いのために花束を持っていたり、カメラを持って撮影しているのを見かけます。

アカデミック・ドレス着たことありますか?




ちなみに卒業生が身に着けている帽子やガウンなどは、アカデミック・ドレスといわれるものです。
アカデミック・ドレスは、フード、ガウン、角帽の着用から成っています。

アカデミック・ドレスは、かつては、学術的な環境では、毎日着用されていた伝統的な服装だそうですが近年では卒業式だけ着用となっているところがほとんどになっています。

ウェリントンのヴィクトリア大学では、アカデミック・ドレスを着用しないとパレードに参加できないのだそうです。

筆者の大学では、アカデミック・ドレスの着用はなかったので、とても新鮮な光景に映りました。日本では、キリスト教系の大学で導入されているそうですが、皆さんの大学ではいかがでしたか?

おまけ:あの特徴的な帽子は、角帽といって英語では、Trencher(大学の角帽)というそうですよ。

■参考
▼vicのセメスター/カレンダー
http://www.universitiesnz.ac.nz/studying-in-nz/semesters
http://www.universitiesnz.ac.nz/files/New%20Zealand%20Universities%20-%20Semester%20Dates%202018.pdf

▼stuff記事
https://www.stuff.co.nz/sport/other-sports/92636143/liam-malone-graduates-from-university-after-juggling-study-with-paralympic-training

ニュージーランドの教育については、こちらの記事もどうぞ。

ニュージーランドの教育制度 (Primary and Secondary schools)について
ニュージーランドの学校教育は、就学前教育(ECE)、初等教育及び中等教育そして高等教育(義務教育後の進学)の大きく3つに分けて見ることができます。 就学前教育(ECE)は、0~5歳を対象とし、教育省のカリキュラムに沿った政府援助による幼稚...