オークランドに新しいトンネル。ウォータービュー・トンネル(Waterview Tunnel)が完成!

Photo by Frederic Köberl
オークランドにウォータービュー・トンネル(Waterview Tunnel)が完成し、今月2日に開通しました。

2012年からおよそ5年の歳月と約14億ドル(NZD)の費用をかけてようやく完成。
国内では、最も長いトンネルでかつ最も費用の掛かったプロジェクトだったそうです。
このトンネルによって、オークランドの南西と北西高速道路をつなぐことが出来るため、オークランドの移動がスムースになるとみられています。

実際、オークランド空港へ行くのにオークランドシティ中心から出発して、通常40分程度かかるところが20分くらいで到着できるようになったそうです。
完全開通の前に市民たち向けに一般公開されていて、多くの人がウォーキングや自転車で参加している様子がテレビで流れていたのできっとオークランド市民の期待を一身に背負ったプロジェクトだったのだろうことが伺えました。
オークランドは、人口も多くて、車の渋滞が問題になっている面もあるので少しでも改善するといいですね。

オークランド ウォータービュー・トンネルの行先方面を事前にチェック

ウォーター・ビューのトンネル内にはいろいろなサインがあって、初めての時は戸惑うと思います。
行先に合わせてどのレーンを走ればよいか事前に調べることができるので安全のためにチェックしておくといいと思います。こちらからどうぞ

オークランドにできた新しいトンネル。ウォータービュートンネルは、ニュージーランド最も長いトンネルで最も費用の掛かったトンネルプロジェクト。

オークランド ウォータービュー・トンネルのトリビア的情報をご紹介

さぁ、ここで特に役立つわけではないですが、ウォータービュー・トンネルに関するちょっとした小ネタをご紹介。

◎トンネルは、アリスと名付けられた機材(トンネルボーリングマシン (tunnel boring machines, TBM,全断面トンネル掘進機))によって造られました。トンネルを造るためのボーリング機材の中でも10番目に大きなタイプとされ、南半球では最も大きい機材。

◎機材に名付けられたアリスという名前は、不思議の国のアリスが由来。不思議の国のアリスのように、トンネル作りもある意味、地下の世界でアドベンチャーを繰り広げるようなものですよね。

◎トンネル工事自体は、2013年に始まり、初めのトンネルが出来たのが2014年。(ウォータービュー・トンネルは、2つトンネルがあります。シティセンター/Wellsford方面行きと南方面/エアポート行き)

◎アリスの作業は、2013年11月から初め2015年10月にその作業を完了。

◎アリスは、ドイツ製でウォーター・ビューの地盤を元に設計された特別の機材です。(設計はドイツ、製造は中国。)

◎アリスは、約800,000立方メートルの土壌を掘り起こしてトンネルを作っています。オリンピック用の競泳プール、320個分に相当します。

◎2つ目のトンネルをアリスで掘り始める時、非常に難しい状況だったため綿密な計画とチームワークが必要とされました。
そして、様々なセグメントにおいて、機材を所定のポジションにはめこみやすくするために羊毛から採れるラノリンというオイル(200リットル分!)が使用されました。

◎アリスの最高スピードは、1分間に8センチです。カタツムリの最高速度と同じです。

◎アリスの直径は、14.4メートルです。ニュージーランドの巨木であるカウリの木、タネ・マフタ(Tane Mahuta)よりも大きいです。

◎アリスは長さ87mの機材です。アリスを稼働する際、1シフトにつきおよそ35人のスタッフが働いていました。

◎140,000㎡の塗料がトンネル内部に使われました。屋根部分が黒色、壁面が白色。

◎トンネル周りに使われているケーブルやワイヤーの長さは、およそ400kmに及ぶそう。オークランドからワイオウル(Waiouru/タウポとパームストン・ノースの間くらいにある町)までの距離に該当します。

◎国内最大規模の費用をかけて作られました!
14億ニュージーランド・ドル (日本円だと1300億円くらい。)

◎2つのトンネルをもつウォータービュー・トンネル。それぞれのトンネルの長さは、2.4㎞。オークランドのハーバー・ブリッジ(1020m)の2倍の長さ。
(ウォータービュー・トンネルは、2つトンネルがあります。シティセンター/Wellsford方面行きと南方面/エアポート行き)

◎62個の換気用の扇風機がトンネルの空気を清浄に保つのに使用されていました。

◎トンネルには、4,000個の電球があります。

◎トンネル内の至る所に設置されている排水パイプは、合わせると5kmという距離になります。

以上、だからどうした?という内容をお届けしました。

▼参照
https://www.stuff.co.nz/national/94357532/aucklands-waterview-tunnel-slicing-commute-times
https://www.nzta.govt.nz/projects/the-western-ring-route/waterview-tunnel/

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

ピックアップ記事

2018年ニュージーランド航空、世界の安全な航空会社20に選出。

Photo by Ross Parmly 航空会社や航空機を評価するサイト、エアライン・レーティングス(AirlineRatings.co…

日本からニュージーランドへの直行便まとめ

今のところ、日本からのニュージーランドへの直行便が出ているのは、ニュージーランド航空のみになります。 他国への経由をしたりするのが面倒な方…

ニュージーランドを国内長距離バス (インターシティ バス)で1人旅に出かけよう!

ニュージーランドは、長距離バスの交通網が発達しているので全国主な観光地へは、長距離バスでアクセスができ大変便利です。特に気ままにひとり旅をし…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る