オークランドのニューリンにある注目のケーキ屋さん。カラフルで独創的なデコレーションが魅力。

食べ物情報

Photo:Niu Cakery
ニュージーランドのカフェやスーパーのデリカテッセンのショーケースで見かけるケーキやカップケーキは、そのほとんどの見た目がとってもカラフルで驚くような色遣いをしたものを見かけます。
そしてアイシング・シュガーもたっぷりケーキにのっていて、甘党の人でもない限り、たくさん食べられるようなものではない!と思わされるほど。

個人的にはあまり甘いものに興味がないので、余計にそう思うのかもしれませんが、ニュージーランドのケーキは、食べ物というよりは見て楽しむくらいが気に入っています。

今回は、 Niuafe Junior Malupo(ニウアフェ・ジュニア・マルポ)というトンガ出身の男性が作るケーキがソーシャルメディアで話題になっていたのでご紹介します。

見て楽しむケーキならNiu Cakery(ニウ・ケイカリー)のケーキ!

ニウ・ケイカリーは、オークランドのベスト・ケーキの中の一つに選ばれくらい注目されているお店なんですが、このお店は、2016年の3月にオークランドのニューリン(New Lynn)にオープンしたばかりなんです。
それが今では、ソーシャルメディアの影響も手伝い予約でいっぱいです。彼のケーキのオーダーは、数か月前から予約しないといけません。

ケーキ作りは母親から

彼は、ケーキ作りは全くの独学ですが大部分は母親から教わったということです。彼の作るケーキの何に驚かされるかといえば、そのデコレーション、美しい色使い、全体のデザインもポップなものからエレガントなものまでお客さんの要望を受けて様々なケーキを作っているところです。

その色とりどりで見るに楽しい彼のカラフルなケーキはインスタグラムでみることが出来ます。
オークランドのケーキ屋さん。

彼のシグナチャー的なデコレーションは、ケーキのトップからチョコレートソースが滴るように見せたデザインです。様々な色を用いて、鮮やかにそして、彼のルーツであるトンガの文化的な部分もデコレーションのデザインに取り入れているのが彼の特徴ともいえます。

お店はあるけど常にはオープンしていないそうです。

ニューリン(New Lynn)にあるお店を見かけたことがあるという方もいらしゃるでしょうね。
ただ、現在では、予約を受けたケーキ作りが忙しいため、お店を開けるのは、ベイク・セールをする時だけなんだそうです。

そのベイク・セールはFacebookで告知があるそうですので、興味を持った方は、Facebookをチェックして、ベイク・セールの日にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
セール当日は、オープン後1時間半、2時間程度で売り切れてしまうそうなので、早めにお店に行くのがベストです。

お店情報

最新の情報などは、Facebookでチェックできます。

【アドレス】
9 Sheridan drive
New Lynn
Auckland

【営業時間】
MON – CLOSED
TUE – 11am – 5pm
WED – 11am – 5pm
THU – 11am – 5pm
FRI – 11am – 5pm
SAT – 10am – 1pm
SUN – CLOSED

▼参照
https://www.radionz.co.nz/national/programmes/sunday/audio/201847932/niuafe-malupo-cake-maker-extraordinaire
https://www.theurbanlist.com/auckland/a-list/who-makes-the-best-cake-in-auckland

ニュージーランドには行ってみたいけど、どこに行けばいいのか、決められない方に!

世界各地の旅行プランあり。 ニュージーランドのどこへ行こうか、何をしようか、旅行プランが全くない方!もしくは行く予定だけど、計画立てるのがちょっと面倒…。 おすすめの旅行プランを作ってくれたら楽だな…、なんて思っている方、いらっしゃいませんか?! そんなあなたに、ニュージーランド旅行プランの提案が受け取れるタウンライフ旅さがし「海外旅行プラン一括依頼サイト」というサービスがおすすめです。 必要事項をフォームに入力して、無料で問い合わせることが出来ます。せっかくの旅行をより充実したものにするために海外旅行のプロの意見を参考にしてみてはいかがでしょうか。 利用の流れ海外ハネムーンやリゾート旅行のプランも無料です☆
食べ物情報
スポンサーリンク
ニュージーランド ダイアリー
タイトルとURLをコピーしました