ニュージーランドダイアリー

ニュージーランドの現地ニュースや旅行やビザに関する情報まで色々発信しています。

スポンサーリンク

2017年ニュージーランドの国政選挙近づく。

現地情報

Photo by Atlas Green
今年は3年に一回のニュージーランドの国政選挙(General Election)が行われます。
投票期間は、2017年9月11日~23日です。
ニュージーランドでは、18歳以上から選挙権があり、外国籍の人でも条件を満たせば投票ができます。

エンロールから投票まで

18歳以上でニュージーランド人である、または、ニュージーランドの永住権を持っている、なおかつ、一年以上は継続してニュージーランドに居住していることを満たせば、投票権が与えられます。詳しくはここから。

投票できる資格がある人は、エンロールをしなければならず、居住地に書類が送られてきます。エンロールというのは、投票資格者の個人情報を申請、登録することです。名前、住所、職業といった項目のある書類に記入するだけです。
後日登録完了すれば、登録内容確認書類が郵送されてきます。登録内容に間違いがあったら訂正して、書類を返送しますが、間違いがなければそのまま何もしなくて大丈夫。無事にエンロールが出来ていることになります。

そして、選挙の2週間前くらいになるとインフォメーション・パックなるものが郵送されてきます。投票カード(Easy Vote Card)、いつ、どこで投票するのか、選択できる政党のリスト、候補者のリストなどがセットになったものです。

2017年の国政選挙まであと1か月を切る

9月の選挙まで1か月をきった今、ニュージーランドのテレビやラジオ、新聞等のメディアは、各政党のポリシーや選挙活動の様子であふれています。

どの政党、候補者に投票していいか、分からない人には、こちらのVote Compassというサイトが参考になるかもしれません。
いくつもの質問に答えていくことによって、あなたの考えに近いポリシーをもった政党、または逆の政党はどの政党なのか俯瞰して見ることのできる結果が出てきます。
けっこうたくさんの質問があるのでそれをいちいち考えるのが面倒といえば面倒なのですが、個人的には面白かったので、おすすめします。

ニュージーランドの政党がどんなかよくわからないから選挙行くつもりない、という方は、ぜひ、やってみてはいかがでしょうか。そして国政に対して、自分の意思を表明できるいい機会ですので、できるだけ、選挙には行くようにしましょう。