映画『What we do in the shadows(シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア)』のスピンオフがニュージーランドのテレビシリーズとして登場。

俳優、コメディアン、映画監督などマルチな才能を持ち活躍しているニュージーランド人、タイカ・ワイティティ。
彼の作品の一つでもある、映画『What we do in the shadows(邦題:シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア)』という映画のスピンオフがニュージーランドのテレビシリーズに登場するそうです。

映画『What we do in the shadows(邦題:シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア)』は、ニュージーランドのウェリントンでフラット生活を送っているドラキュラたちをモキュメンタリー手法で描いた作品です。コメディーですけど、ホラーっぽく感じるところもあるので賛否別れるかもしれませんが、ぜひ、ご覧になっていただきたいニュージーランド映画の一つです。

テレビシリーズでは、警察官2人がメインキャラクターになるみたいです。この2人の警察官は、映画の中では、ドラキュラたちのフラットに家宅捜索に来たんですけど、室内の血痕や死体に気づかれてはまずいと思ったドラキュラたちに催眠状態にさせられて、諸々の怪しい事柄に気づかないように仕向けられたのですが、今回はどんな描かれ方をするのでしょうか。2018年から水曜の夜に放映されるそうで個人的にはとても楽しみにしています。具体的な日時なども随時チェックしたいと思います。
映画『What we do in the shadows(シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア)』
ヴァンパイアのヴィアゴ(タイカ・ワイティティ)と警察官が登場するシーン。

▼参照
https://www.stuff.co.nz/entertainment/tv-radio/97299631/taika-waititi-back-on-tv-with-vampire-spinoff-alongside-a-bunch-of-new-reality-shows

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

ピックアップ記事

ニュージーランドを国内長距離バス (インターシティ バス)で1人旅に出かけよう!

ニュージーランドは、長距離バスの交通網が発達しているので全国主な観光地へは、長距離バスでアクセスができ大変便利です。特に気ままにひとり旅をし…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る