Toast Martinborough/トースト マーティンボロ― ワイン&フード&ミュージック フェスティバル!

Photo:Scott Venning
今年もニュージーランドの北島、マーティンボロ―でワインと食べ物と音楽のフェスティバルが開催されます。
毎年、11月にあるこのイベントには、多くの人が訪れます。マーティンボロ―自体は、小さな町(人口2000人もないくらい)なのですが、このフェスティバルになると特にウェリントンから多くのワイン好き、お祭り好きの人たちでにぎわいます。

トースト マーティンボロー概要

マーティンボローは、特にピノ・ノワールの良産地として全国的にも有名で、家族経営くらいの小さめのワイナリーが多く集まっています。
小さな町ですからワイナリー巡りには、うってつけで、各ワイナリーへは、歩いて回れますし、少し離れたワイナリーへは、自転車を使ってアクセスできます。
当日は、各ワイナリーでいろんなアーティストたちのライブ演奏が開催されますので、興味のある演奏を聞きにワイナリー巡りをするのもいいですし、もちろん、ワイン目当てにワイナリー巡りをする中でライブ演奏をBGMに楽しむのもいいですね。タイムスケジュールは、こちらで確認できます。
トースト・マーティンボローのフェスティバル中なら、シャトルバスがありますので、お酒を飲んでいても移動の心配は無用です。

また、ワインだけでなく、このフェスティバルに出されるフードのオリティーも高いのが特徴です。オイスターやマッスル(ムール貝)といったシーフードも充実していますし、焼きたてのピザやカフェメニューもあります。
お酒が飲めない方や子供たちも十分に楽しめます。
Toast Martinborough/トースト マーティンボロ― ワイン&フード&ミュージック フェスティバル!
Photo:Scott Venning

トースト・マーティンボローの楽しみ方

イベント当日、マーティンボロ―に到着すると、マーティンボロ―・スクエアにてチケット確認があります。
確認後、グラス、リストバンド、当日のイベントプログラムが配布されます。
※アルコールやピクニック用の食べ物などは、持参しないでください。鞄の中身チェックがあります。

イベント会場でワインや食べ物を購入、支払い時には、チケット確認の時に受け取った、リストバンドが電子マネーの媒体となっているので、これを使って支払いをします。このリストバンドには、このイベント会場だけで利用できる、電子マネーの通貨、フェスティバル・フラン(Festival Francs)を前もってチャージしておく必要があります。
ですので、チケットと交換に、リストバンドと他一式(グラスやプログラム)を受け取った後は、バンク・テント(Bank tent)に行きましょう。そこに行って、フェスティバル・フランを現金かクレジットカード、エフトポスで購入します。(アメックスのカードは使えません。)

1 フェスティバル・フラン= 1ニュージーランド・ドル、となっています。

だいたいの価格帯ですが、ワインが5F~14F、ソフトドリンクが2F~5F、食べ物は、スコーンのような軽食が5F~、ちょっとおしゃれなメニューで地元特産の素材を使ったディッシュが15F~25Fくらいの価格帯となっているようです。

各ワイナリーでワインのメニュー、食事メニューとその価格も出ているので事前に当日に使いそうな予算を考えておくとよいと思います。
たくさんフェスティバル・フランを購入しすぎて、使わなかった場合、そのあまった分は、元のニュージーランド・ドルに変換できるのでご心配なく。

フェスティバル・フランの用意が完了したらワイナリー巡りにいざ出発です!ワイン、音楽、食べ物、全部まとめて楽しみましょう。
当日は、歩きやすい靴と帽子、サングラス、日焼け止めはしっかり持っておいた方がいいですよ。ニュージーランドの11月は、春と言えど、晴れた日の日差しは強いですし、昼間は夏のように暖かですから。日焼けに気を付けましょう。

アクセス

できるだけ、公共交通機関の利用をおすすめします。車で来る場合は、アルコールを飲まない人を運転手とするようにしてください。
ウェリントンからなら、電車で1時間くらいのフェザーストン駅(Featherston)まで行き、フェザーストン駅からバスに乗り換えて約15分くらいでマーティンボローにつきます。
当日は、多くの人がフェザーストン駅にいるので特に迷うこともなく、バスの乗り換えもできると思います。

期間:2017年11月19日(日)
時間/場所:9:30am~7:00pm(メイン会場のスクエア広場)
時間/場所:10:30am~5:00pm(ヴィンヤード、ワイナリー)

チケット:こちらから
WEBサイト:http://toastmartinborough.co.nz

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

ピックアップ記事

2018年ニュージーランド航空、世界の安全な航空会社20に選出。

Photo by Ross Parmly 航空会社や航空機を評価するサイト、エアライン・レーティングス(AirlineRatings.co…

日本からニュージーランドへの直行便まとめ

今のところ、日本からのニュージーランドへの直行便が出ているのは、ニュージーランド航空のみになります。 他国への経由をしたりするのが面倒な方…

Miramer

ニュージーランドの映画史と代表作品ピックアップ

1990年代以降、急速にニュージーランドの映画産業は、注目を浴びるようになってきました。その火付け役となったのは、ご存知のとおり、ピーター・…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る