ウェリントンのトロリーバス。10月末でお役目終了し、フル電動バスへ移行。

ウェリントンには、トロリーバスが走っています。トロリーバスとは、道路の上空に電線が張られていて、その架線から電気を得て走っているバスです。
下の動画みたいな感じです。

そのトロリーバスの走行のためにウェリントンには、約82㎞におよぶトロリーバス用のワイヤーが張り巡らされているのですが、それらを取り除く作業が始まり、順調に進めば今月10月末には、作業が完了し、ウェリントンから過去90年間運行してきたトロリーバスを見ることはなくなります。

架線を取り除く作業は、10月10日から始まるそうです。ウェリントンで運行してきたトロリーバスは、60台あるのですが、それらトロリーバスとディーゼルバス(218台)に代わって、電気式ハイブリットバスが使用されるようです。ゆくゆくは、フル電動のバスを導入に向けて着々と準備をしています。

導入に向けて検討しているフル電動バスは、ダブルデッカー・バス(二階建てバス)のタイプのようでこのバスが問題なく運行できるようになれば、まず、乗車人数が45人程度から80人くらいを一度に乗せることが出来ますので、特に朝の通勤時などに車両の数を増やして対応することもなく道路の混雑を減らすことができます。
いくつかの車両は、USBチャージャーもあって、フリーWifiのあるのだとか。

ウェリントンでは、来年の7月あたりに10台の電動のダブルデッカーが導入され、続いて、2020年には、さらに10台、2021年には、さらに12台と段階的に増やしていくのだとか。

今後、フル電動のダブルデッカーバスの導入に向けていろいろな整備が行われていくでしょうが、ウェリントンは、坂道もそれなりにありますし、何といっても風がとても強い環境ですので、ダブルデッカーのバスが安全に走行できるのか不安ですけどね…。

▼参照
・http://www.scoop.co.nz/stories/AK1706/S00380/electric-buses-confirmed-for-wellington-fleet.htm
・https://www.stuff.co.nz/national/95374235/countrys-first-fullyelectric-battery-bus-fleet-to-be-rolled-out-in-wellington
・https://www.stuff.co.nz/national/10202967/Wellingtons-trolley-buses-to-go

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

ピックアップ記事

2018年ニュージーランド航空、世界の安全な航空会社20に選出。

Photo by Ross Parmly 航空会社や航空機を評価するサイト、エアライン・レーティングス(AirlineRatings.co…

日本からニュージーランドへの直行便まとめ

今のところ、日本からのニュージーランドへの直行便が出ているのは、ニュージーランド航空のみになります。 他国への経由をしたりするのが面倒な方…

ニュージーランドのマヌカハニーについて

マヌカハニーについていろいろ調べていたのですが、そもそもはちみつとは?というところから気になったのでご紹介しています。それにより、マヌカハニ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る